2060 未来 創造 の 白地図。 2060未来創造の白地図 人類史上最高にエキサイティングな冒険が始まる : 川口伸明

ヨドバシ.com

薬学博士(分子生物学・発生細胞化学)。 一例を少し引用させていただきます。 一般的によく知られている従来のビジネス知識の提示にとどまっている。 あと10年でどこまで実現するかはわからないが、新たな技術が日々誕生し、思い描いた未来へと近づいていくことは間違いなさそうだ。 内容説明 環境に応じて色や形が変化する服、砂漠でも宇宙でも作れる寿司やステーキ、空飛ぶ車椅子が飛び交う都市…。 博士号取得直後に起業、国際会議プロデューサーなどを経て、2001年より、株式会社アイ・ピー・ビー(Intellectual Property Bank)に参画。

>

2060年に向け、人類史上最高にエキサイティングな冒険が始まる 『2060 未来創造の白地図』

実現可能性の高い未来予測 著者はアスタミューゼ株式会社テクノロジーインテリジェンス部部長の川口伸明さん。 。 40年前、私たちはどのような生活をしていただろうか。 テーマを理解するのに役立つ用語説明、概念の図解を含み、論理構成は良く推敲されている。 やはりホモ・サピエンスは社会性のある生き物であり、個の繁栄ではなく、社会の繁栄を目指したい、という本能が遺伝子に組み込まれているのかという期待を抱きたくなります。 「普段は1~2人用マッサージ機能付きインテリジェンスソファなのですが、緊急時や外から呼び出された時は、車輪を繰り出して、そのままあるいは天蓋カバーを張り出して、ラグジュアリーな車椅子のように外に走り出すということも考えられます」 さらに2050年代から2060年代になると、クルマは人格を持った指令AIロボットとしての性格を強めるかもしれないという。 。

>

2060 未来創造の白地図 ~人類史上最高にエキサイティングな冒険が始まる

そのような希望を感じさせる、とてもいい本でした。 博士号取得直後に起業、国際会議プロデューサーなどを経て、2001年より、株式会社アイ・ピー・ビー(Intellectual Property Bank)に参画。 理論的な洞察が大部分であるものの、いくつかの事例やチェックリストなどを含み、一定の応用性を有する。 魚の形や動きを模倣した「バイオミメティック」なロボットを完成させることで、海を泳ぐ自然の魚群に近づき、その生態や行動パターンを解析・把握しようという目論見だ。 それに対して本書の著者はこのように語ります。 未来の部品(すでに研究が始まっている分野) 未来の部品には、筆者が展示会やアトラクションで体験された事、 当事者からのインタビュー内容も多く盛り込まれています。

>

川口 伸明先生の授業・プロフィール

立ち乗り型パーソナルモビリティの技術も取り入れている。 全く新しい洞察や視点、または独自のビジネスイノベーションのアイデアが提示されている。 ビジネスシーンに関連性の高い多くの事例やケーススタディ、実践的なツールを含み、応用性が極めて高い。 2.プリンター 3Dプリンターがすでに使われ始めていますが、 今後はより巨大なものに使用されるではないかと されています。 常時センシングで、体の変化をリアルタイムにとらえることが できれば、救える命が増えることが予測されますし、 その体調や個人特性に応じたAIによる食事メニューの提供など より、元気に過ごすことができるでしょう。 それを考えれば、本書で語られるワクワクするような未来予想図は、決してただの夢物語ではない。

>

2060 未来創造の白地図 ~人類史上最高にエキサイティングな冒険が始まる

広範な産業分野の技術・事業コンサルティング、約180の有望成長領域の策定、世界の研究・技術・グローバル市場(ベンチャー、上場)の定量評価手法の開発、医学会などでの招待講演、各種執筆などに奮闘中。 例えば、、、 「日本は資源大国になる」です。 薬学博士 分子生物学・発生細胞化学。 多くのフレームワーク、チェックシート等のツール、およびケーススタディを伴う応用性の高いコンテンツを有する。 難解な専門用語、長く複雑な文章、不明瞭な言い回しが多く、脆弱な論理構成となっている。

>

2060年に向け、人類史上最高にエキサイティングな冒険が始まる 『2060 未来創造の白地図』

空飛ぶドローンタクシーやドローンそのものが ソーラーパネルになるなどの未来もありそうです。 街に高層ビルはないものの、アーティスティックな現代建築や、自然に溶け込んだ環境建築がたくさん存在する。 この授業では、著者の先生方、が自分の書籍タイトルのキーワードに込めた意味や未来、意図について熱く語ります。 ぜひ想像力をフルに働かせて、2030年の世界を思い浮かべてほしい。 1959年4月、大阪生まれ。

>