触れる 類語。 琴線に触れるの読み方や意味は?類語や英語・使い方の例文や誤用も

「琴線に触れる」の意味と語源は?誤用に注意し使い方をマスター

この「怒りに触れる」も、逆鱗に触れると同じように、感動を表す「琴線」とは真逆の意味になります。 この琴の音が、弦 線 に触れることで綺麗に出るように、心の弦に感動 共鳴 できるものが触れることで、感動や共鳴を呼び起こすことを表す言葉になります。 人主亦有逆鱗。 あの人はちょっとしたことで怒るから、腫れ物に触るように接しないと機嫌を損ねる。 「琴線に触れる」の読み方・意味は? 「琴線に触れる」の読み方は「キンセンに触れる」 「琴線に触れる」を読むときには、「キンセンに触れる」と読むのが正しい読み方になります。 「琴線に触れる」の誤用に注意 「琴線に触れる」は本来の言葉の意味とは裏腹に、「逆鱗に触れる」「怒りに触れる」などと誤解されることが多いようです。

>

「琴線に触れる」の意味を誤用してませんか?正しい言葉の使い方や類語についてもまとめたよ!

だからこそ、「琴線に触れる」という言葉を使った時に「どれほど素晴らしい感動や共鳴を与えることができたか」を伝えることができるのでしょう。 無用な反論をしたことで、上司の逆鱗に触れてしまった• そんな伯牙の友人である鐘子期 しょうしき は、伯牙が琴を奏でるとその音楽の趣意だけではなく、奏でている伯牙の心情までを読み取ってくれ感動してくれました。 そしてどの類語も、心を大きく揺すぶられるような感動や、感銘を受けたことを表す言葉になっています。 繋ぎあわす• そのため対義語は、感銘 共感 を「受けない」ということになります。 この言葉は「逆鱗に触れる」という言葉とほぼ同じ意味をもちますが、逆鱗が「目上の人の怒り」と限定されるのに対して、この怒りに触れるは特に相手の人は特定されません。 16~19歳で正しい意味で使っている人は、なんと28. 「逆鱗」の意味と出典とは? まずはじめに「逆鱗」の読み方と意味、および出典を解説します。

>

触れるとは

「ある物事を問題として話題にする」という意味• 触散らかす 正式に宣言する; 誰かを何かであると宣言する; タイトルの の意• 2 「触れる」も、「展示品に手を触れる」のように、意志動詞としての使い方と、「肩が触れた」「手と手が触れる」のように、無意志動詞としての使い方がある。 私が飼っている猫は背中や顔を触ったり、撫でると喜ぶので常にそうしている。 「法や決まりに背いた行いをする」という意味• 言い散す• 「琴線に触れる」の意味と語源は? 最初に「琴線に触れる」の正しい意味と語源を、読み方とあわせて説明しましょう。 次に「逆鱗に触れる」の出典・由来を確認しておきましょう。 ちょっとさわる。 「触」は、音読みで「しょく」訓読みで「ふれる・さわる」と読みます。 SNSにコメントを残したら、相手の心の琴線に触れてブロックされてしまった。

>

「触れる」と「触る」の意味の違いと使い分け

留学したことで、今まで知らなかった外国の文化に直に触れることができたので楽しかった。 「逆」を使った二字熟語は「逆襲(ぎゃくしゅう)」「逆上(ぎゃくじょう)」「逆説(ぎゃくせつ)」など、「ぎゃく」と読むことが多く、「げき」の読み方は珍しいといえます 「逆鱗」の意味は「目上の人を激しく怒らせること」 「逆鱗」とは、目上の人を激しく怒らせることという意味です。 そのため、間違って誤用すると恥をかいてしまうため誤用しないように気をつけましょう。 若人有嬰之者、則必殺人。 その一節によれば、想像上の動物である竜のあごには一枚だけ 逆向きに生えた鱗があるそうです。 繋合す• そのため言葉の意味は、「心の奥底まで届き、そのことに深く感動 共鳴 したりすること」となります。

>

触れる(ふれる)の類語・言い換え

人主にも亦逆鱗有り。 そんなすてきな音を奏でる琴の弦(線)に触れ、音を鳴らす。 [動ラ下一][文]ふ・る [ラ下二]• 「抵触日」とは、「 派遣スタッフの雇用期間が過ぎた最初の日」のことをいいます。 同じ触れるのでも「琴線」と「逆鱗」ではえらい違いです。 接したことが分かるぐらい、少しだけ接触することです。 いかにプライスレスな経験をすることができるかに注意してみるのも楽しいものです。

>

触れるとは

そんな「Touch the heartstrings of~」を使った例文は、「That music touched the heartstrings of me. 「矛盾」の意味で「抵触」を使用しても誤用ということにはなりませんが、ストレートに「矛盾」という言葉を使用して伝えたほうが伝わると言えるでしょう。 「逆鱗」の読み方は「げきりん」 「逆鱗」の読み方は「げきりん」です。 琴線を触れる経験が数多くできる。 説く者能く人主の逆鱗に嬰るること無くんば、則ち幾からん 現代語訳:そもそも龍という生き物は、おとなしい性格で、飼いならして乗ることもできます。 全体でも正しい意味で使っている人はなんと38. 機嫌を損(そこ)ねる• そのためこの場合の「怒り」とは、年齢性別などに関係なく人から怒られたときに使われます。

>