弁 える と は。 飛騨弁一覧

岡山弁

あるきっかけで全国ネットの番組に出演する事になるが、その時には山形弁しか喋れない身になっていた。 「沢山ある」の意味の「詰む」。 (例)「風呂、 埋めやな熱て入れやん。 …ま:「…様」の意。 - 言語学者、『阿波言葉の辞典』などの本を出している。 讃岐弁と同じ。 姫路でも「俊敏、考えが早い、賢い」の意で通じる。

>

阿波弁を一覧にまとめてみたんじょ!

徳島弁のイントネーション 徳島弁のイントネーションは、隣接する県に近い影響を受けるようです。 用例:「子供のざっぺえに」• 「すいい」…。 古語の「むず」に由来する。 食べ過ぎて苦しい時にも使う。 「かな?」の意。 こ(ん)まい …小さい。 最も、中信方言の南信方言と接する地域では「…ん」と「…ない」を併用する。

>

伊予弁

めんどい …難しい。 (例)「 ほたえよすな。 形容動詞が形容詞化したもの。 例、だいじょう? 大丈夫なの?• い じむさい:「意地汚い」の意。 い っせき:「常に」「一切」の意。 「もう、いぬわ」(もう、帰るわ) 定番の徳島弁11:こんまい 「こんまい」はなんとなく予想できる人もいるのではないでしょうか。 「今日(きょう)」に主語を表す係助詞「は」がついて、一語化したもの。

>

弁とは

なお、近畿方言では「や」、近畿方言の外側、周縁部の地域では「で」、「じぇ」が用いられる傾向がある。 京言葉「脂(やに)濃い」より。 (例)「こえ、 すえちゃあ。 ぶ んに:「特別に」の意。 お うちゃくい:「図々しいの意。 例えば「山田君が『来い』って言っていたぞ」は「山田君が『来い』っち言いよったぞ」となる。

>

弁とは

て えくれえ:「誠意が無いこと」の意。 (例)「 おもしゃい本見ちゃーるの。 ふ んがしげる:「踏み違える」「足をくじく」の意。 上伊那南部以南では「…ら」は「…ずら」や「…だら」よりも確実性が高いという。 「っと」が省略されたもの。 (例)「ちょー、箪笥 さげてくれよ。

>

遠州弁

あ ったら:(北信、東信)「惜しい」の意。 か わばる:(北信、中信)「(表面が乾いて)固くなる」の意。 「我意」か。 す こやか:「立派なこと」の意。 詠嘆を表す。

>