スマイル カナ。 JRAオークス(G1)エイシンヒカリ「大暴走伝説」再び!? 「狂気の血」スマイルカナの東京“圧逃劇”に期待!

スマイルカナ

芝2400m(0-0-0-1) 1600mは安定。 「逃げ」たレースの成績は(3-1-1-1)。 5秒もかかっていることから厳しいペースだったことがわかるだろう。 10月24日のではシーズンズギフトとの激しい先行争いの末失速して10着。 続く5月24日のは逃げて直線失速し16着に大敗するも、初の古馬混合戦となった6月21日のでは3コーナーで先頭に立ち後続を振り切って優勝、4勝目を挙げた。

>

JRAスマイルカナVS昨年レコード圧勝トロワゼトワルの“逃げ馬対決”が実現! 開幕週の中山で快速馬同士のスピード勝負に注目【京成杯AH(G3)展望】

(SPI)を2連覇するなど 、地方重賞を8勝している。 持ち時計は断トツだが、人気ほどの信頼度はない。 スマイルカナの連対体重• 2差) 騎手:柴田大知(50キロ) 外枠15番から、主張したモズダディーにハナを譲って3番手から。 2戦目(1-0-0-0)• 競走馬成績と情報 、、. スマイルカナの鉄砲実績(休み明け) スマイルカナの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;• 過去に折り合いの不安がある馬で横山典騎手の逃げ馬に絡んでしまった別の騎手は、謝罪に行った際『お前のせいでめちゃくちゃだよ』と言われたとか……今回の件についても同情していたそうですよ。 2018年の1歳市場に上場され、6048万円でが落札した。 良馬場なら逃げ切っていたかも。

>

スマイルカナの分析

初の1400m戦となる11月15日のオーロカップは2番手に控える競馬となり、直線で抜け出したところを外からプールヴィルに差し切られ2着となった。 飛躍のきっかけを掴んだここで、昨年同様の走りを見せたい。 芝1600m:1. 競走成績 [編集 ] 以下の内容は、JBISサーチ および に基づく。 9月13日のでは大外枠の発走から2コーナーで一気に先頭に立ち、直線でも後続の追走を振り切りながら逃げ粘ったものの、2番手に位置を取っていたにゴール直前でハナ差交わされ2着となった。 しかし、『netkeiba. (SPI)を2連覇するなど 、地方重賞を8勝している。

>

スマイルカナが丸わかり!競走馬データベース

2秒というハイペースについてくる馬はおらず、そのまま独走で最後の直線に入った際は楽勝かと思われた。 「どうも当牧場は逃げ馬と縁があるようですね」 そう語ったのは『競走馬のふるさと案内所』にて『重賞ウイナーレポート』の取材を受けた木田牧場の木田圭介さんである。 競走日 競馬場 競走名 格 距離(馬場) 頭 数 枠 番 馬 番 オッズ (人気) 着順 タイム (上がり3F) 着差 騎手 斤量 [kg] 1着馬(2着馬) 馬体重 [kg] 芝1600m(良) 18 3 5 005. 今年の桜花賞で9番人気ながら3着に逃げ粘ったスマイルカナだが、今回も決して大きな期待は掛けられていないようだ。 今年の桜花賞(G1)では9番人気だったものの、逃げて主導権を奪い3着と好走。 前走2着の舞台とはいえ、乾いた馬場が濃厚な今回は条件が悪化する。 重馬場だが、過去の良馬場平均を凌ぐハイラップで飛ばして直線へ。

>

スマイルカナの分析

5差)。 ) 幼駒時代 [ ] 3月22日に、の木田牧場にて誕生。 ) 幼駒時代 [編集 ] 3月22日に、の木田牧場にて誕生。 com』の事前オッズでは単勝29倍前後の8番人気と人気薄が予想されている。 楽に行き切れる保証はなく、再び大敗のシーンは十分に考えられる。 10月24日のではシーズンズギフトとの激しい先行争いの末失速して10着。

>

【危険な人気馬】東京11R スマイルカナ/競馬・レース/デイリースポーツ online

逃げれば強い。 競走成績は2020年11月15日現在 血統表 [編集 ] スマイルカナの (血統表の出典) 2020年9月14日閲覧。 しかし斤量は52キロ、言い訳にはできないが、古馬のOPクラスとすでに力は互角だということは証明できた。 時計の少しかかる馬場だったにも関わらず、1000m通過は57. 「事情を知る記者は『レース後の柴田大騎手は、憮然とした表情で引き揚げてきましたね。 直線は少し前が塞がった感じだが、大きくは負けていない。 残り200mでユークレースは遅れはじめるが、スマイルカナはまだまだ粘る。 3~5月(春):(0-0-1-2)• 主戦を務める柴田大知騎手も『競馬ラボ』に連載している自身のコラムで、『なかなか反応が良くて、夏場のリフレッシュ放牧が成長に結びついたという印象』と手応えを感じていました」(競馬誌ライター) 中山競馬場では2戦2勝とコース適性も十分。

>

スマイルカナの血統表

馬場差なども含め、競られたことが大きな要因となっている可能性は高く、松若騎手も「最後は競られた分、脚が上がってしまいました」と、競りかけられたことが敗因であったと示唆している。 競走成績 [ ] 以下の内容は、JBISサーチ および に基づく。 新潟(1-0-0-0)• 枠も良かったが、スマイルカナが刻んだラップも走破時計も優秀。 Contents• 当時デビューから4連勝してアイルランドTに挑んだエイシンヒカリは、ここまでの勝ちっぷりが評価され、初のオープン挑戦だったにもかかわらず、単勝1. 1~4番(2-0-1-0)• 競走馬時代 [編集 ]• ハンデには恵まれていたものの、それを抜きにしても評価できる内容でした。 競走馬時代 [ ]• 3番手追走から勝負どころであがって先頭に立つと、2着に1馬身半差をつけて勝利を飾っている。 芝1600m(4-2-0-2)• (なお2018年は栄進牧場産 、2019年は木田牧場産である。 「前々走のオークスはさっぱりでしたが、これは適性距離ではなかったためでしょう。

>