パソナ 本社 移転。 パソナが淡路島へ本社移転!場所はどこ?理由は実質リストラ?

【コロナが変えた会社のカタチ】パソナグループ(下) 環境で変わる仕事の意欲 「淡路島の地域活性化の一助になれば」

つぉぉ。 娯楽の少ない環境に若者は耐えられるか? また家族のいない若い人が、娯楽の多い東京を捨て、自然はあるが刺激の少ない淡路島に暮らすことをよしとするかどうか。 退職金を払うことなく人件費カット リモートワークではだめなのか また、テレワークを活用していくのであれば、人の移動は必要ないではないか、 という意見もあるようです。 しかし、仮に淡路島で働く社員がもっと少なかったらどうか。 「地方創生」を推進するパソナの成否は、今後の地方活性化の試金石となる。 空き家では解決しない すでに移住した筆者はどうやって住居を見つけたのか。

>

パソナ代表が明かす淡路島本社移転「ずっと島暮らし?」「次の東京拠点は?」

ただ、地方でもいいという人が東京にいなければならないという、選択肢のない社会はつくるべきじゃない」 9月28日に淡路島でリモートインタビューに応じた南部代表は、画面の向こうで断言する。 「もう東京にいる必要はないですよね? こういう環境で仕事をしたほうが、職住近接で、満員電車に乗らなくてもいい。 パソナには、「社会の問題点を解決する」という素晴らしい理念に基づいた「英断」を期待したい。 人材派遣業最大手のパソナ。 同じく2014年の日刊ゲンダイさんの現地ルポです。 また2020年6月の週刊新潮にはパソナと西村康稔経済再生担当大臣の関係についてこのような記事がありました。

>

パソナ「淡路島への本社移転」は英断か?蛮行か?

世界を動かすGAFA4社の本社は、いずれもワシントンやニューヨークから遠く離れた西海岸にある。 そもそも人材派遣業をメーンに据えていることからもわかる通り、重要なのは『必要な時と場所に、必要な人材をあと腐れなく配置する』ということです。 筆者も沖縄のある離島の移住トラブルを現地で取材したことがあるが、家の建て方、ライフスタイル、地域の開発についてなどさまざまな面で、感情のすれ違いから訴訟に発展するようなケースもあった。 今日気になったのはこのニュースですた。 わが社は工場を持たないため、業務の8割が東京に集中している。

>

パソナ本社が淡路島に移転 淡路島がパソナ島化してた

2023年度末までに、グループ全体の本部機能社員 約1800名のうち、約1200名が淡路島で活躍してまいります。 しかも年配者より若い世代のほうが関心を持っている」 小さい頃からパソコンやスマホ、タブレットに自然に触れて育ってきたデジタル世代は、エンターテインメントがテレビを除けば現実世界にしかなかった世代とは違う意識を持っていてもおかしくない。 再就職支援・人材紹介事業を核とするパソナキャリア(現パソナ)代表取締役社長などを経て、2018年から現職。 そこにはパソナとの協働事業が最初から盛り込まれていたのです。 8%が地方暮らしに興味を持っていることが明らかになりました。 実際、淡路市の不動産業者の取り扱い物件を集約する賃貸情報サイト「アレイン」に登録された淡路市内の賃貸物件は28件、売買物件は18件に過ぎない(9月13日時点)。

>

パソナ本社移転で注目の淡路島にコロナ移住…釣り三昧、体重5キロ減。大変なことは…

社員に声をかけて、日々のざっくばらんな会話を楽しむ。 撮影:澤田晃宏 家賃相場も期待するほど安くない。 まとめ 「パソナ淡路島なぜ本社移転で理由は?乗っ取りや島流しの評判がヤバイ!」という内容でお伝えしました。 営業、人事部門などの社員約千人を来年春までに淡路島に異動させる。 知りませんですた。 近所のお年寄りはこう言った。 どんなに腹の中で「淡路島なんか行きたくねーよ」と思っていても、今後のキャリアパス、人間関係などを踏まえると、不満をグッと押し殺して「喜んで!」と言ってしまうのが、日本のサラリーマンなのだ。

>

【コロナが変えた会社のカタチ】パソナグループ(下) 環境で変わる仕事の意欲 「淡路島の地域活性化の一助になれば」

もっと地元の産業を一緒にすくい上げてほしいし、淡路島の人も雇ってもらい、若い人が働ける場を作ってもらいたい」(NHK 兵庫NEWS WEB、9月1日) こういう不満をさらに膨らませる恐れがあるのが、日本中で問題になっている移住者と住民の対立、いわゆる「移住トラブル」だ。 9月に、「本社機能を淡路島の拠点に分散」というニュースが報道されて以来、各企業からのオフィスの見学依頼もグンと増え、渡辺氏を中心に対応。 淡路市内などに3、4か所のオフィスを新設し、社宅も整備する見通しだ。 その一環として、取り組んできたのが地方創生事業であり、モデルケースともいえるのが淡路島での事業だった。 南部代表は、島に骨を埋める思いなのだろうか。 コロナ禍で地方への人の流れが強まるなか、淡路島で農地付き住宅の販売を画策するが、話は簡単には進まない。

>

淡路島がパソナの建物だらけ…本社移転&社員千人移住、“パソナ”ランド化に地元で不安も

築古の家買っとくかな。 「寮や借り上げ社宅を250室用意したが、異動希望者が多く住宅の手配が間に合っていない。 それにしても、淡路島移転って最近かと思ったら、 もうずっと前から淡路島=パソナ島になってたんですね。 駐車場付き・2DK一軒家が月4万円 新型コロナ感染拡大の影響で海外からの出入国に大きな制限がかかり、予定していた特定技能で働く外国人の取材がかなわなくなった。 来られない人は無理して来なくて大丈夫。 日本経済新聞が「本社の地方移転 BCPに配慮、重要性増す」(9月1日付)と報じているように、新型コロナでリモートワークや在宅勤務が浸透したことを受けて、首都圏の企業の中でも「密」を避けて、本社を地方へ移転しようという動きが広がっている。 そういうリスクの高い「遷都」より、やはり「地方分権」のほうが現実的だ。

>