ルーン テラ デッキ。 【LoR】均衡イルーシブの最新デッキレシピ【ルーンテラ】

【ルーンテラ】フィオラ、シェンを採用したデッキの紹介【LoR】

ブロックされたアタッカーとブロックされてないアタッカーを入れることで、ブロックされた方のダメージを敵のネクサスに通すこともできる。 Tier 2 - Tier 1に比べ一段劣るがポテンシャルのあるデッキ。 例えば相手がスペルで自分のユニットを破壊しようとしてきたところにチェーンしてこのスペルを発動する、などです。 果し合いでは対応しきれない後半の敵に使用する。 特にアグロデッキに強く、ヴァイのタフとチャレンジャーで相手の小型ユニットを簡単に倒す事ができます。

>

レジェンド・オブ・ルーンテラ

イルーシブユニットがブロックできない相手の場合、除去ができなければRound3に出た に をつけて3回アタックするだけで勝利します。 環境にはアグロが増えていますが、大量の回復カードで十分耐える事ができます。 蜘蛛アグロ• 最後に LoRはまだプレイ可能になってから日が浅く、マッチングもノーマルしか存在しない。 後半の逆転能力は目をみはるものがあり、その時点で相手のネクサスが20点あったとしてもレベル2スウェインと軍艦リヴァイアサンだけで15点与えるため瀕死の状況にできます。 mobalyticsのメタティアリスト mobalyticsという海外の大手情報サイトに環境トップのデッキを集めたが公開されています。

>

【ルーンテラ】フィオラ、シェンを採用したデッキの紹介【LoR】

ちなみに僕がこのゲームの一番好きな部分はここです。 また、チャンピオンに使用する事で や も対象にできなくなり、実質対応可能な行動がリコール、除外、拘束の3種類になります。 単純にバリアを2つつけるだけでも強い。 Sランクのデッキに採用されているカードは3ポイント、Aランクなら2ポイント、Bランクは1ポイントを分配し、合計ポイントの多い順にランキングしました。 アグロデッキが増えている事は向かい風ではありますが、 や でバフされた はそれまで失った体力を一気に取り戻す逆転の一手になります。

>

『レジェンド・オブ・ルーンテラ』は面白いと思います

スタッツの上昇はないものの、プレッシャーが飛躍的に増加して行く事を考えると、こちらも成長するカードといえるだろう。 。 しかし、相手に警戒されることも多い。 早めにプレイしてデッキ圧縮 均衡の先導者は、プレイすることでそれ以降1コストを引く確率が落ちてドローの価値が上がるというのも大きな強みである。 どちらも低コストながら相手に莫大なプレッシャーをかけることができる。 このデッキに有利を取れるデッキでない場合、それ以外のデッキに大幅に有利が取れないとどうしても評価は伸び悩んでしまいます。

>

【LoR】最強デッキ(Tier)ランキング【ルーンテラ】

ハイマーがタレットを作り出すためにスペルカードを使い、それによりヴァイの攻撃力がどんどん上昇していくため、チャンピオン同士のシナジーがあります。 このデッキはとにかくわかりやすいデッキです。 相手が から生み出すリソースに対してこちらのデッキでは先に息切れを起こしてしまいます。 基本的には、自分がアタックできるラウンドにプレイすることが望ましい。 【ルーンテラ攻略】チュートリアルの後にやるべきことは? チュートリアルが終わると、デッキ編成や対人戦、ストアなどが解放され、自由にゲームを進められるようになります。

>

『レジェンド・オブ・ルーンテラ』は面白いと思います

ボーナスチャレンジ以外のバトルとは、具体的には「VSプレイヤー」または「VS AI」です。 クリアすると経験値が手に入ります。 今回数多くのデッキが上がった中でここに挙げられたデッキ達はどれも十分環境で戦っていけるものばかりでTier2以上の強さがあると感じています。 Tier 2 火薬樽コントロール• これまでの地域に新カードが追加されただけでなく、新地域「ビルジウォーター」が加入した事で組み合わされる地域のバリエーションも多彩になりました。 前環境でも強力だったコリーナコントロールはさらに強化を受けました。

>

【ルーンテラ】最強チャンピオンランキング!当たりはどれ?【レジェンド・オブ・ルーンテラ】

つまり何もわかりません。 その分対策されてしまうことや、デッキ内容が割れてしまうことも多いが、基本的には対策しづらいものが残る傾向にある。 しかし、対策の取れていないデッキにはとにかく強いデッキです。 その他のフォロワーの紹介 【リバーシェイパー】 コアとなるチャンピオンやフォロワーをスペルでサポートしていくデッキの性質上、手札の消費は頭を悩ませる問題のひとつだ。 デッキ例:• 特にRound6の を1枚で対処できるカードがありません。

>