第 3 次 補正 予算 案。 首相、11月上旬にも3次補正予算案編成と追加経済対策指示へ 「10兆円規模」の声も

肥大化する第3次補正予算案 問われる費用対効果

その上、コロナ不況が響き税収は、当初見積もりより数兆円規模で下振れすると見込まれている。 新型コロナウイルスの感染が広がる中で、事業者や雇用を守るための対策は引き続き重要である。 また、デジタルトランスフォーメーション(DX)を進める企業の投資を税制優遇措置で後押しする考えがあることを、10月14日のは報じています(これは補正予算ではなく当初予算かもしれませんが)。 そこで民間議員が、2020年度第3次補正予算案に対して、次のことを提言するそうです。 与党からは「10兆円規模」の予算額を求める声が出ている。

>

首相、11月上旬にも3次補正予算案編成と追加経済対策指示へ 「10兆円規模」の声も

もしくは税制優遇措置かもしれません。 1%と、歴史的な落ち込みとなりました。 これでは来年秋までに見込まれる衆院解散・総選挙を意識して規模を優先し、中身をなおざりにしていると言われても仕方あるまい。 政府は、この第3次補正予算案に加えて、今月中に閣議決定する予定の来年度・令和3年度予算案についても編成作業を加速させることにしています。 令和元年度補正予算で3,600億円確保され、基金形式で最大3年間の事業として、ものづくり補助金・小規模事業者持続化補助金・IT導入補助金に充てられています。 関係者によりますと、こうした政策を盛り込むことによって、政府は経済対策の事業規模を総額73兆円程度とする方向です。 そのうえで、今年度の第3次補正予算案について「10兆円から15兆円必要だという報道もあったが、最低限そのぐらいの規模は必要ではないか。

>

第3次補正予算

政府、与党からは早くも「10兆円、15兆円どころか30兆円ぐらいあってもいい」(世耕弘成自民党参院幹事長)と規模を巡る発言まで出ている。 もし第3次補正予算で地方創生臨時交付金の増額・継続が決まれば、今年に各自治体が実施した中小企業支援策が、来年度も継続または新設されるかもしれません。 提言では、コロナ対応の拡充や、首相が重視する行政のデジタル化、温室効果ガス排出削減に寄与する研究開発支援などコロナ後を見据えた施策を要望した。 当初見込んだ10兆円超を大きく上回る見通しで、新型コロナウイルス再拡大で「二番底」への落ち込みを回避するため巨額補正となった。 これに関連し、自民党の下村政務調査会長は、10月30日夜、記者団に対し、菅総理大臣が11月10日ごろに予算編成を指示するという見通しを示しました。

>

第3次補正予算で検討される(と思われる)中小企業施策まとめ

11月6日より ちなみに令和2年度補正予算は、第1次補正が約25兆円、第2次補正が約32兆円(いずれも真水の規模)でした。 具体的には「Go Toトラベル」を来年6月末までを基本に延長することや、「雇用調整助成金」の特例措置を来年2月末まで延長すること、それに業態転換に取り組む、中堅・中小企業を支援する補助金などを盛り込むことにしています。 3次補正は12月中旬までに閣議決定し、21年1月に召集される通常国会の冒頭で審議、成立させるとみられる。 首相が所信表明演説で打ち出した50年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにする「脱炭素社会」実現に向け、再生可能エネルギーや省エネ関連投資の促進も盛り込む。 経済財政諮問会議の民間議員試算によると、1、2次補正は2年度の国内総生産(GDP)を35兆円押し上げたが、3年度は4兆円の効果しか残らない。 例えばでは、業態転換(テイクアウトや宅配、移動販売)を支援する「地域企業感染症対策等支援事業費補助金」を創設しています。 政府は本年度、新型コロナ対策として既に2度の補正予算を編成。

>

第3次補正予算で検討される(と思われる)中小企業施策まとめ

政府は8日、臨時閣議を開き、新型コロナウイルス対策やGoToトラベルの期限延長、脱炭素社会に向けた技術開発支援の基金などを盛り込んだ新たな経済対策を決定します。 また、新型コロナウイルスの感染者が急増していることを踏まえ、「病床がひっ迫しているので医療支援が必要だし、ワクチン接種に必要な予算もある」と述べ、コロナ対策として必要な予算を確保したいとの考えを示しました。 当初予算で要求されているものとは異なる事業承継の支援施策が設けられるのかもしれません。 30兆円という声も 補正予算の規模はどのくらいになるでしょうか。 財源には現在約7兆円残る新型コロナ対策予備費の一部を活用。

>

第3次補正予算案 経済再生相 GDP減少額補う規模で組む必要

新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた新たな経済対策を踏まえ、政府は、今年度の第3次補正予算案について、一般会計の総額で19兆2000億円程度とする方向で最終調整しています。 この極めて厳しい財政状況を考えても、3次補正に「冗費」と受け取られる支出を入れる余裕はないはずだ。 ただ、2年度はコロナ対応で当初予算と1、2次補正を加えた新規国債発行額が過去最大の90兆2千億円に上り、歳出の過半を借金で賄う。 Copyright C Japan News Network. この「中小企業生産性革命促進事業」のコロナ対応特別枠の予算は令和2年度補正予算として1,000億円+700億円確保されていますが、これの募集が年内に終わる見通しです(ものづくり補助金・小規模事業者持続化補助金・IT導入補助金)。 公明党の竹内政務調査会長は記者会見で、現在の経済情勢について「新型コロナウイルスの収束が見通せない状況で、景気の浮揚を図り、国民に安心してもらうには、もう一段の本格的な経済対策が必要だ」と指摘しました。 3次補正は新型コロナ対策など必要最小限の予算に絞り込むべきだ。

>

第3次補正予算案 「最低10~15兆円規模を」 公明 竹内政調会長

事業規模はおよそ73兆6000億円で、今年度の第3次補正予算案と来年度予算案にあわせておよそ30兆6000億円を計上するということです。 政府は、最終調整を行った上で、臨時閣議で決定する方針で、この経済対策をもとに第3次補正予算案と来年度予算案の編成作業を急ぐことにしています。 4月成立の1次補正は約26兆円、6月成立の2次補正は約32兆円で、3回連続で10兆円台の大型補正となる可能性がある。 今年度の第3次補正予算案の編成をめぐっては、菅総理大臣が10月29日の参議院本会議で、新型コロナウイルスによる影響をはじめ、国内外の経済動向を注視しながら、予算上の措置も含めて対策を講じる考えを示しました。 これらの自治体レベルの中小企業支援策の原資は地方創生臨時交付金でしたが、この地方創生臨時交付金の増額が第3次補正予算で行われる可能性もあります。

>

菅首相 第3次補正予算案 11月10日ごろに編成指示へ

政府は8日、臨時閣議を開き、新型コロナウイルスの感染拡大防止と、ポストコロナに向けた経済構造の転換、それに国土強じん化の3つを柱とした新たな経済対策を決定します。 そのうえで西村大臣は、今年度の第3次補正予算案の編成にあたって、「需要不足が34兆円あることを頭に置いて対応しないといけない。 こうした状況を踏まえて、政府は景気の下支えには切れ目のない支援策が欠かせないとして、今年度の第3次補正予算案と来年度予算案を合わせて「15か月予算」の考え方で編成にあたります。 事業規模はおよそ73兆6000億円で、今年度の第3次補正予算案と来年度予算案にあわせておよそ30兆6000億円を計上するということです。 経済財政諮問会議の民間議員試算によると、1、2次補正は2年度の国内総生産(GDP)を35兆円押し上げたが、3年度は4兆円の効果しか残らない。

>