改訂 改定 違い。 改訂の意味と使い方「改定・改正」などの類義語との使い分け方

「改訂」と「改定」の違いと使い分け方法|規定/改正/規程

読書などをしていると、「改訂」という言葉を目にすることもあるでしょう。 「改訂」と「改定」は、読みが同じで字も一部重なっているため、意味を混同しやすくなっています。 しかし、改訂と改定で意味が異なるように、以下の類義語はそれぞれに意味があり、改訂と改定はもちろん、改正とも違う言葉ですので、今回はあくまで「こういう言葉がある」という程度に抑え、どんな意味の違いがあるのかは割愛します。 利用者の多い電車などの本数を増やし、さらに使われやすくするための『ダイヤ改正』などが当てはまります。 「改訂」との違いで言うと、「改定」の「定」の部分にポイントがあります。 まずは「改訂」と「改定」、それぞれの意味を見ていきましょう。

>

「改訂」と「改定」と「修正」の使い分け

「改定」の意味については、後程お伝えしましょう。 あるものの状態を、別の状態へ改めることを言います。 雑誌などの一部の報道機関で『改正』と書くところを『改定』と表現しているものを見つけると「この変更に反対なのかも」などと思ってしまったりもします。 「改訂」が文章や文字に使うのに対して、「訂正」は文章だけでなく「発言を訂正」「認識を訂正」など幅広く使う点が異なります。 このような事態に対応していくためにも、マニュアル改訂はとても大切なのです。 これと同じように「社則改定」や「契約書改定」など、決まった事柄を新しく見直した場合には「改定」が用いられます。 「改訂する」という動作を表現する場合には、「revise」の動詞となる「revision」を使います。

>

「改訂」と「改定」の意味の違いとは?

このように、「訂正」が使われるのは、常に間違いがあった場合に限られます。 決められた物事などを変えること。 改訂の「訂」は訂正の「訂」なので、文章や文字の誤りを直す、という意味が言葉の核です。 また「改訂版」と似た「改版」という言葉があります。 読みも「かいてい」。 そのため、改訂とは書物の内容において、「間違い部分を改めて正す」という意味を持っています。 一度作ったマニュアルを何年も使い続けていくうちに、マニュアルは劣化します。

>

改訂ってどういう意味? 社会人なら知っておきたい改定と改訂の違いとは

こちらは漢字のかたちに注目です。 一つ一つクリアして行くしかないが気の遠くなる話だ。 ですから、変えた上で、より正しいものになるように正すのかどうかという点が、「改訂」と「変更」の違いだと考えられそうです。 どちらも古代中国で生まれた言葉です。 マニュアル改訂の時期やタイミングについては下記の記事にまとめてあります。 「改定」が使われる用例 続いて「改定」の例文です。

>

改訂の意味と使い方「改定・改正」などの類義語との使い分け方

【原田幸治郎、松居秀記】. 「定」は前述のように、「決定する」「さだめる」を指していますが、これに対し「改訂」の「訂」には、「きめる」などの意味合いはありません。 社会人になって恥ずかしい思いをしないよう、曖昧に覚えている言葉についてはこれを機に今一度見直してみてくださいね。 「改訂」の意味については、「コトバンク」にて、以下の引用のように解説されています。 その理由は下記にて解説いたします。 「改訂」は文章の誤りを正すことです。

>

「修正」「変更」「更新」「訂正」「是正」の違い

いずれにせよ、いつどのような改訂がなされたのかという 記録はきちんと残しておくよう心がけましょう。 非常に大まかな言い方をしますと、改定とは「取りあえず新しく定める」ことです。 まとめ マニュアル改訂か、マニュアル改定か、正しい日本語はどちらかというテーマで、「改訂」と「改定」の違いや、マニュアル改訂のポイントについて解説しました。 「改正」の意味 「改正」は「不適当なところを改めること」という意味です。 ですから、この機会に正しい意味や使い方を覚えておき、文章などで適切に「改訂」を使えるようにしておきましょう。 そこで今回は、「改定」「改訂」「改正」の意味の違いについて、詳しく解説していきます。

>