伊賀 の 影丸。 『原作愛蔵版 伊賀の影丸 第9巻 影丸旅日記』(横山 光輝)|講談社コミックプラス

【感想】『伊賀の影丸』/横山光輝:歴史マンガの巨匠が忍者の戦いを描く!読む順番も紹介!

銀之丞 葉山忍群の頭領格のひとり。 右門 五兄弟の長男。 服部半蔵の最も信頼する伊賀忍者。 影丸は最初はいがみ合っていた家康と徐々に打ち解けていく。 髪の毛を利用した戦いを得意とし、髪の毛の糸で敵の位置を把握してから髪の毛の網で敵を捕らえる。 が、完成度的には単行本2冊でまとめられている『赤影』の方が上だと思う。

>

[mixi]一番好きなストーリーと名場面~そして一番

しかしその際自爆をし、五十鈴大作を呼び寄せた。 得意技は忍法「木の葉隠れ」。 短筒を得意とし、土蜘蛛を倒す。 公儀隠密としてに仕えることに疑問は抱いてないが、権力争いにより何の関係もない人々が殺されることには言いようのない空しさを感じている。 登場人物 [ ] 基本的に、レギュラーと言えるのはこの2人。

>

【感想】『伊賀の影丸』/横山光輝:歴史マンガの巨匠が忍者の戦いを描く!読む順番も紹介!

猿彦 土蜘蛛五人衆の一人。 式部 仲間と共に紫右近を追い詰めるが、忍法・天しぶきで逃げられる。 影丸は彦三に若葉城付近を任せ、甲賀七人衆の頭である阿魔野邪鬼等の秘密を探るべく、彼らの出身地である甲賀の里・姫宮村(初出時は姫宮部落)へ向かう。 影丸役は、ナレーションはが務めた。 空飛ぶアカエイさん う~ん、なるほど、闇一族は評価が高いストーリーなんですが、岩風が倒され蓮台寺が深手を追ってからはハンデキャップマッチになり、尻つぼみになってしまいましたね。

>

[mixi]一番好きなストーリーと名場面~そして一番

しかし一番印象的なのは黒幕である尾張から切り捨てられた感のある闇一族の悲劇性だろう。 影丸との協力で半助を倒し、独特の剣法で邪鬼を1度倒す。 潜入中に甚内の梟を殺したために甚内の怒りを買い、最後は甚内と梟との連携攻撃により倒される。 そう、徳川幕府こそ憎むべき敵なのだ。 もし引き受けなければ将軍家縁の場所に嫌がらせをするという脅迫付きで。 アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 将軍の御成の日が迫る中、半蔵はさらなる応援として甚作、兵衛、彦三を派遣。

>

貸本版 伊賀の影丸 限定版BOX

半助:• 氏名不詳の飛騨忍者 甲府を目指す月之助を襲った飛騨忍者。 1963年製作/69分/日本 配給:東映 ストーリー 天下を狙う明智光秀は信長を暗殺、ついで甲賀七人衆を使って家康を狙った。 土蜘蛛五人衆の巻 [ ] 秋月藩の事件で壊滅させられたかに見えた土蜘蛛党だったが、五人の生き残りが復讐の為に影丸の命を狙いに江戸にやってくる。 早耳頑十郎 公儀隠密の一人。 多くの非道な行為の前には家老の切腹など哀しいけど何の効果も無い。 野火 その名のとおり、火の玉を見せる幻術を使う。 次郎 姫宮村にいる間、影丸を見張っていた忍者。

>

伊賀の影丸: 感想(評価/レビュー)[漫画]

復活後は服装も変わり、顔中に包帯を巻くようになった。 半太夫:• 火を利用した催眠術の使い手で、凄腕の飛騨忍者ですらその催眠術からは逃れられなかった。 評価対象は「作品の中身」。 主人公の影丸はので、の忍者。 闇一族の巻 内容 山城の国で起きた一揆の調査に向かった公儀隠密が 全滅した。

>

【感想】『伊賀の影丸』/横山光輝:歴史マンガの巨匠が忍者の戦いを描く!読む順番も紹介!

巻物に仕込まれた毒針で倒された為、実力は不明。 台詞らしい台詞を喋らないまま、半助に殺された。 死の直前に気付くも、時既に遅く倒れた。 紫右近 大量の水を使った幻術・雨しぶきを使う。 実力者鉄扇を「からせみ」で倒し、文兵衛からも逃げ切った実力は大したもんです。

>

[mixi]最強は誰だ!!

正雪の介錯をした後、彼の首を抱えたまま旅立つ。 ゴムまりのように弾む体質の持ち主で、修行を積んだ忍者ですら『大怪我や死亡間違いなし』の高さから飛び降りても平気で復帰することができる。 姿を消した邪鬼を追って影丸は水中へ、息の続かぬ影丸めがけて水面に毒煙をふく一味。 源心 姫宮村の長にあたる老人。 くも丸 トリモチ状の唾を口から吐き出し、これを相手の目に吹き付けて視力を奪ったり、蜘蛛の巣を形成したりする。

>