風 野 真 知雄。 風野真知雄のおすすめ作品5選!多くの長編シリーズを手掛ける作家

風野真知雄とは

この事件の扱いが鮮やか。 - NHK. 六文銭の穴の穴(2018年3月)• 「週刊プレイボーイ」などもその前からときどき買っていたが、こっちのほうが恥ずかしく、ドキドキした覚えがある。 ここに来て、どうにか充電が終わりましたので「殺人事件」シリーズを、再スタートできる運びになりました。 主演は。 人形のように美しい顔立ちをしている。 第1弾 - 「」()• 『』(1996年7月、)• 関連項目 [ ]• それが縁になり熱木のもとには、昭和に関係した調査の依頼が、次々と舞い込むのであった。 野心むき出し、闘争てんこ盛り、周囲は敵だらけのダークヒーロー・虎之助。

>

話題沸騰!! 風野真知雄 人気シリーズ「大名やくざ」特設サイト|特設ページ

この流れが、シリーズの裏側に横たわっているのである。 両国大相撲殺人事件(2007年11月)(2012年6月文春文庫より• 八丁堀育ち(2010年10月)• 荘助 -• 市川染五郎の長男・が第5話にの教え子・藤松役で出演し、初の映像作品での親子共演を果たしている。 織江とは親友。 梶山季之、藤原審爾、野坂昭如……。 江戸城奇譚(2015年5月)• 妖談うしろ猫(2010年1月)• ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。 下郎の月(2007年9月)• 作者はこの点に注目し虎之助を、最後の侠客と呼ばれる大親分・火事の丑蔵の孫で、根っからの"やくざ"に仕立て上げた。 お蝶 -• 1951年福島県生まれ。

>

耳袋秘帖シリーズ : 風野真知雄

月に願いを(2014年9月)• 薔薇色の人(2012年12月)• 勢いのある風野真知雄の、歴史と娯楽を兼ね備えた読み応えある小説をご紹介していきたいと思います。 銀座 恋一筋殺人事件(2016年4月)• 記憶だけで書いているので、ほかにも文庫があったかもしれないが、たぶん買ってはいないと思う。 妻は、くの一 蛇之巻• 7 女が怒れば虎の牙(2016年2月)• 第2弾(最終章) -• 妖談しにん橋(2010年9月)• 2015年『沙羅沙羅越え』で第17回中山義秀文学賞を受賞。 安藤祥吾 -• 作品一覧 [ ]• 立教大学法学部卒。 6 虎の尾を踏む虎之助(2015年10月)• 小石川貧乏神殺人事件(2017年1月)• 初恋の剣(2010年12月)• 93年『黒牛と妖怪』で第17回歴史文学賞を受賞。 『飄々』文藝春秋 2015 シリーズ作品 [ ]• 正体は、平戸藩の密貿易を怪しんだ幕府が送り込んだ。

>

風野真知雄

真一郎が好きなのは織江ではないかと嫉妬し、織江を呪殺しようと策を巡らすが、潜入中の平戸藩下屋敷で正体が露見し、静山に斬られ命を落とした。 出版状況については詳しくは文藝春秋社のサイトをご覧ください。 坂本龍馬殺人事件 -歴史探偵・月村弘平の事件簿• 『』(2005年2月、PHP文庫)• 姫は、三十一(2011年12月)• 風野真知雄 かぜの・まちお。 1 大名やくざ(2014年1月)• 怪談とミステリーを盛り込んだ時代小説というのは、非常に斬新で魅力的です。 長崎の密偵を束ねる。 8 将軍、死んでもらいます(2016年6月)• (とりい ようぞう) 述斎の三男。 シリーズ累計発行部数は100万部を超えている。

>

風野真知雄『妖談うしろ猫』

蛸屋の鉄吉 新興地・深川が縄張りの親分で、水運業の棟梁。 2014年には完結編『 妻は、くの一〜最終章〜』が5月23日から5回、BSプレミアムのBS時代劇枠にて放送された。 「おくのほそ道」殺人事件 -歴史探偵・月村弘平の事件簿• 『刺客が来る道』(1999年12月、廣済堂出版)のち文庫• 『ベイシティ忍法帖Z』(1999年1月、小学館〈スーパークエスト文庫〉)• 時代小説作家として、知る人ぞ知る存在であった作者が、大きく飛躍する切っかけとなったのが、二〇〇七年から始まった「耳袋秘帖」である。 『魔王』(1994年1月 - 11月、〈スーパークエスト文庫〉)• 『』()• 長親は忍城を城主となって籠城を指揮することになりますが、彼の元には農民、商人などをかき集めてたった3千人しかいません。 6 おったまげ(2016年7月)• 松浦 静湖(まつら せいこ) 静山の娘。

>

風野真知雄 新刊情報 (855作品)

その前の職業はパイロット。 未読の作品もありますが、それ以外はどれも楽に楽しめる作品です。 『猫づくし』文藝春秋 2014• 諱(いみな)は則維。 湯島金魚殺人事件(2013年6月)• 食いものにまつわる悪は、どこから生まれるのだろう。 第1弾 -• 大鯨の怪(2014年7月)• 『爺いとひよこの捕物帳』()• 消えた十手(2007年9月)• それが物語に組み込まれているのだから、嬉しくてたまらない。

>