未来 技術 社会 実装 事業。 神戸市:「まちなか自動移動サービス」の取り組み

日立市|日立市未来技術地域社会実装事業に係るプロポーザルの実施について

これらを踏まえ、内閣府が未来技術等を活用した地方創生に関する提案を地方公共団体から募集し、優れた取り組みについて関係府省庁が総合的な支援を行う事業です。 主な支援内容 社会実装に向けたハンズオン支援(各種補助金、制度的・技術的課題等に対する助言等)• ---:スーパーシティとスマートシティの違いは?そして未来技術社会実装事業の位置づけは? 森本氏:スーパーシティとスマートシティはどちらも省庁横断的な取組みで、私たちが担当している未来技術社会実装事業は、スマートシティの取組の1事業として実施しています。 地域限定的な利用であったり、自動運転車両以外の車両と混在する時期も続きます。 令和2年7月31日 内閣府地方創生推進事務局 「未来技術社会実装事業」は、AI、IoTや自動運転、ドローン等の未来技術の実装による新しい地方創生を目指し、地方創生の観点から革新的で、先導性と横展開可能性等に優れた提案について、各種交付金、補助金等の支援に加え、社会実装に向けた現地支援体制を構築するなど、関係省庁による総合的な支援を行うものであり、スマートシティ関連事業として取り組んでおります。 避難勧告時の携帯位置情報をAI分析し効果的に活用• 近未来技術等社会実装事業は、自動運転技術などの先進的な技術の社会実装に向けて、国の関係府省庁が自治体や民間事業者等を含めた支援体制を構築し、活用可能性のある制度についての助言や総合的な調整などの支援を実施する事業になります。 今後、本取り組みは同地域以外の市内の他地域での展開も検討されており、本市としても、ニュータウンなどの市内の移動課題を抱える地域に対して、自動運転をはじめとする新たな交通手段の活用を模索していることから、その展開に向けた支援をしていきたいと考えています。

>

近未来技術等社会実装事業について/川口市ホームページ

変更概要• 今般、地方公共団体から公募いただいた事業について、事業内容、期待される効果、地方創生への寄与(革新性、先導性、横展開可能性)等に優れた事業について、下記のとおり選定いたしましたのでお知らせします。 チラシ• 引き続き、コンソーシアムを中心として事業化に向けた更なる検討を進めていきます。 実証車両 以下の3車両を使用する。 近未来技術等社会実装加速化推進事業 最先端の技術を使った製品・サービスをお試し料金で使ってみませんか?• この度、地域課題の一つとなっている介護サービス事業所への就業促進を図るため、介護職員の業務支援として未来技術の開発を進める事業者の取組を支援するための補助制度を新たに設けました。 引き続き、皆様からのご応募をお待ちしております。 AI解析システムによる健康状態予測サービスをプッシュ通知により提供 未来技術社会実装事業とは AI、IoT、5Gなどの未来技術等を活用し、様々な課題を解決し地方創生に繋げていくことが重要な中、第2期「まち・ひと・しごと創生総合戦略(令和元年12月20日閣議決定)」においても、「地域におけるSociety5. ---:選定された事業をいくつかご紹介ください。

>

内閣府未来技術社会実装事業と連携した 自動運転サービス導入支援事業について(選定) |国土交通省近畿地方整備局

また、「技術・機能実証」では、円滑な情報の伝達や安全でスムーズな走行に資する技術について、事業化に必要な情報や課題を収集しました。 お試し料金が優遇されますのでぜひご検討ください。 2020年度も未来技術社会実装事業に対する公募を2020年4月から募集しています。 ・国土交通省(都市局)「スマートシティモデルプロジェクト」• ローカル5Gによる高度水害監視システムで4Kカメラ・ドローン等の映像をリアルタイム伝送 2. データ利活用型スマートシティ推進事業 総務省 情報流通行政局 地域通信振興課 担当者:吉田、佐々木 電話:03-5253-5111 03-5253-5758(直通) 03-5253-5759(FAX)• これは、AI、IoTやドローン等の未来技術の実装による地方創生を目指し、地方創生の観点から革新的で、先導性と横展開可能性等に優れた提案について、内閣府(地方創生推進事務局)が募集されたもので、本市の事業を含む12事業が選定となりました。 ・経済産業省「自動走行車等を活用した新しいモビリティサービスの地域実証事業」• 上記スマートシティ関連事業の効果的な推進・重点支援• 事業期間 補助金交付決定日から令和3年2月末まで 補助率 補助対象経費の2分の1以内 補助金限度額 1,000万円 参加資格、提出書類等 日立市未来技術地域社会実装推進事業プロポーザル実施要領を参照ください。 AI活用型個人向けヘルスケアサービスの提供【AIヘルスケア】• 今般、支援の対象となる地方公共団体が、内閣府未来技術社会実装事業の手続きに基づき、選定されました。

>

近未来技術等社会実装事業について/川口市ホームページ

国内外への普及促進活動 4.その他 本プラットフォームにオブザーバーとして参画を希望される企業、地方公共団体等は、本プラットフォーム事務局(国土交通省都市局都市計画課)までお問い合わせください。 はこちら。 2.自動運転• 記 近未来技術等社会実装事業(令和元年度選定):8事業. 健診データ等のプラットフォームを構築し、アプリによる情報提供• 今後は、スマートシティの実現に向けて、内閣府を中心に関係府省庁との連携を深め、未来技術を活用した各事業の取り組みを加速します。 しかし、いずれは無人の自動運転車が走る時代がやってくるでしょう。 一方で、わが国の経済情勢は、都市再生の取り組みが始まった平成13年当時からは激変してきており、AI、IoT、ビッグデータ、FinTechといった都市への投資のあり方に影響を及ぼす革新的な技術(近未来技術)が進展してきています。 本実証実験は、まちなか自動移動サービス事業構想コンソーシアムが主体となって、移動サービスや移動に関連した付加価値サービスの受容性の検証や需要見込み・コスト試算等の検証を目的として実施されています。 3.ロボット(ドローン含む)、VR/AR• )との連携事業として進めることとしており、社会実装事業の現地支援体制(別添2:社会実装事業概要参照)に国土交通省地方整備局等が参画し導入を支援します。

>

未来技術等社会実装事業(令和2年度選定)について

2018年8月「近未来技術等社会実装事業」に神戸市提案事業選定 神戸市は、まちなか自動移動サービスの実現に向けた取り組みを内閣府の「近未来技術等社会実装事業」に応募し、2018年8月に選定されました。 令和2年7月31日 国土交通省は、内閣府と連携して、自動運転サービス導入を目指す市町村による実装を見据えた計画策定等の支援をしていくこととしております。 2018年12月「まちなか自動移動サービス」のサービス実証の実証実験が開始! 神戸市北区筑紫が丘、広陵町、小倉台、桜森町の一部地域で、2018年12月から2019年2月にかけて、まちなか自動移動サービスの実証実験が実施されています。 滋賀県産業振興ビジョン2030 令和2年3月策定 に基づき、滋賀県内をフィールドに、近未来技術等の社会実装に向け、企業等からの申請に基づく実証実験または実現可能性調査の経費に対して助成し、事業化に向けた取組の促進を図り、本県産業および経済の発展を図ることを目的に、「滋賀県近未来技術等社会実装推進事業補助金」を設けました。 関係府省・経済団体等12団体 (事務局4府省、内閣官房、警察庁、金融庁、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、環境省、日本経済団体連合会) 3.取組内容(別紙2参照)• 事業実施体制 株式会社NTTドコモに事業委託。 公式公募ページ. これにより利用者の回遊性を高め、交通手段と異業種との連携を図る。

>

スマートシティ官民連携プラットフォーム 始動 (METI/経済産業省)

コンソーシアムでは、移動サービスのほか、移動に関連した付加価値サービスの実現を目指した「まちなか自動移動サービス(注2)」の事業構想の策定を目指しています。 そのため、 を見直し、「世界最先端の都市再生」を進めていくこととしました。 」と位置付けられています。 意図したわけではないのですが、自動運転に関する事業が3分の2を占めています。 先導性と横展開の可能性などに優れた提案を行う自治体に対して、社会実装に向けた現地支援体制をつくって支援しています。 都市における人々の生活の営みや経済活動をよりよいものにするために、今後どのようなまちづくりをすればよいのか、ビジョンを検討し、課題解決策を考えますが、その実現のため、未来技術をどのように活用するかといった点も重要な視点です。

>