大洲 青少年 交流 の 家。 国立青少年交流の家

はじめての方へ|独立行政法人国立青少年教育振興機構 国立大洲青少年交流の家

お急ぎの場合は、お電話ください。 宿泊利用者を対象に無料でカヌー講座を開いており、初めての方でも約3時間の講習で乗りこなせるようになります。 (34年)の(後の)成婚を記念する事業として、翌(昭和35年)、に国立中央青年の家が設置された。 起床時間・就寝時間と時間も決められている(時間は各施設により異なるが、起床時間は概ね「6時又は6時半」・就寝時間は「22時半」と定められており、それぞれ自動館内放送にて告知。 この機会に13ヶ所の国立青年の家は 国立青少年交流の家に改称した。 バス会社や旅行会社、写真館の方へ 当施設は、一般の宿泊施設と異なり、生活時間帯等の制約があります。 またそれら利用可能時間も決められている(使用後は必ず参加団体各自で清掃。

>

国立青少年交流の家

そのため、バス運転手並びに写真館の方は、充分な休息の確保のために、一般の宿泊施設のご利用をおすすめします。 ホテル・旅館ではないことをご理解の上、ご利用ください。 レストランなどの利用時間は限られており、家族個人で利用する場合も他団体との調整が必要。 施設利用料・食事代などの各種代金は退所時に窓口で現金払いするか、後日コンビニ納付・銀行振り込み・郵便振替いずれかの方法で(退所日から1ヶ月以内に各施設指定の口座へ)支払う。 自主点検が終わったら宿泊棟の各階廊下入口にある内線電話より事務室へ連絡して退所点検依頼を行い、不備が指摘された場合は清掃・整理整頓などをやり直したのち再度点検を受ける。

>

ご利用案内|独立行政法人国立青少年教育振興機構 国立大洲青少年交流の家

入所時には利用団体へアンケート用紙が配付され、研修の空き時間などを利用して(施設の印象・利用した感想などを)記入。 各研修・レクリエーションにおいては材料代・指導者(インストラクター)派遣を要請した場合の指導料などが別途発生。 概要 [ ] 青少年のための団体宿泊訓練用施設を運営し、健全な青少年の育成を図ることを目的としている。 gif no-repeat 0 0; background-size: contain; letter-spacing:-0. 利用はやなどでの利用が多いが、団体なら誰でも利用は可能で、家族で利用することもできる。 また洗濯用洗剤類は各自で持参するか事前に施設内売店にて購入する形となる)。 通常の宿泊施設とは違う点• レストラン・売店の運営は民間(地元業者)への委託となっている。 なお施設側が所有する公用車台数には限りがあるため、「万一急病人やけが人が出た場合に備え、参加団体各自で緊急車両を最低1台用意する」よう推奨されている。

>

独立行政法人国立青少年教育振興機構 国立大洲青少年交流の家

この豊かな自然の中で、当施設は青少年教育振興のための「教育拠点」として、主に全年齢期の青少年及び青少年教育関係者を受け入れ、教育的支援を行うとともに、ボランティア活動や就労体験・交流体験を中心とした教育プログラムの企画実施を行います。 深夜帯は非常誘導灯以外の館内照明が全て落とされる。 当日は、随行する利用団体と必ず連絡が取れるようにしておいてください。 国立青少年教育施設は、青少年及び青少年教育指導者その他の青少年教育関係者に対する研修、青少年教育の振興及び健全な青少年の育成を図ることを目的として設置された施設です。 html (4)利用日の2週間前までに「利用承諾書」をメール等で送付いたします。 トイレ・風呂は共同使用である(浴室の男女別区分は時間帯及び当日の利用状況により異なっており、「男湯」及び「女湯」の暖簾にて区別表示。 ご利用に際しては、定められた決まりやマナーを守るとともに、他の利用団体の迷惑とならないようご協力ください。

>

空室状況 |国立大洲青少年交流の家

入所時に事務室で手続きを行い、オリエンテーションを受けてください。 食事・入浴の時間が限られます。 申込した場合は削除されますのでご了承ください。 そのため、バス運転手並びに写真館の方は、充分な休息の確保のために、一般の宿泊施設のご利用をおすすめします。 及びは無料で使える場合と有料で使う場合の二通りあり、扱いは各施設により異なる。 なお売店の営業時間は施設ごとに決まっており、施設側で定められた営業時間内のみ利用可能。

>

はじめての方へ|独立行政法人国立青少年教育振興機構 国立大洲青少年交流の家

(昭和34年)の当時のの成婚を記念して、の山麓に国立中央青年の家(現在の国立中央青少年交流の家)が誕生し、のちにその他の施設も設立された。 また、地域社会のニーズに応え、女性団体、社会福祉団体、企業、ファミリーなど各種団体も受け入れ、野外活動・スポーツ活動・文化活動などの研修活動の支援も行います。 タオルや浴衣、室内履きのスリッパ、テレビ等はありません。 また宿泊部屋は8人一組の和室(布団式)と4人一組の洋室(ベッド式)の二通りが混在している(和洋混合の宿泊部屋を設けている施設もあり)。 一般団体でのご利用となるため、施設使用料 1 泊 810 円を別途ご準備ください。

>

活動予定・報告

森のレストランにご相談ください。 また浴室の備品は各施設により異なり、特にシャンプー・リンス・ボディーソープは施設に備え付けの場合と各自で持参する場合の二通りある)。 入所時には利用団体に対し、施設概要・利用上の注意事項などを施設職員が説明する「オリエンテーション」が行われる(約20分。 や、などホテルに必ずといって良いほどある設備は「団体宿泊訓練」という目的に沿わないため、個別の部屋にはない。 利用はやなどでの利用が多いが、団体なら誰でも利用は可能で、家族で利用することもできる。 集団宿泊における連合小学校・部活動の合同合宿などがそれにあたります。 これらは事前に施設の事務室へ届け出れば無料で貸し出し可能(但し施設内利用に限る)。

>

活動予定・報告

。 つどい開催時間は各施設により異なるが、朝は概ね「7時〜7時半の間」に、夕方は概ね「17時〜17時半の間」にそれぞれ開催。 なおテントは完全に乾燥させてから返却する)。 活動目的を持った2名以上の非営利団体であれば誰でも利用可能。 「」はホームページからダウンロードできます。 及びは無料で使える場合と有料で使う場合の二通りあり、扱いは各施設により異なる。

>