専大 北上 サッカー 部。 Buena Vista(ブエナビスタ)北上

Buena Vista(ブエナビスタ)北上

準決勝では遠野高校を5-0で破るなど、破竹の勢いで高総体では初めて決勝に進みました。 明けて2018年3月に行われた、第40回選抜交流サッカー大会では遠野高校に1-0で勝ち、初の県大会優勝を手にしました。 旋風は年を越して吹き続けそうだ。 。 25分のゲームを4本行いました。

>

専大北上ニュース

インターハイに続き、選手権でも悲願の全国1勝を成し遂げたい。 前半15分、専大北上(岩手)のMF菊地が右足で先制すると、21分にMF阿部耀が2点目。 一方、試合後のロッカールームでは、悔し涙を抑えることができませんでした。 後半、ボールを回す時間も増えましたが、決定機は作れず、完封負けとなりました。 GKの位置と強風を読んで瞬時に打った絶妙なミドルシュートに阿部耀は言葉をはずませた。 守備を最後までやりきり、無失点で終えることができました。 専大北上高校の校章にもなっている「鳳凰」の羽を基盤にし、サッカーで大きく飛躍するイメージをもたらしてくれている。

>

専修大学北上高校男子サッカー部

1回戦で佐賀県の龍谷高校を3-1で撃破、県勢62年ぶりとなる初出場初勝利を挙げました。 しかし、キックの精度も非常に高く…最後尾から 良いフィードで一気にチャンスを演出することも。 惜しくも聖和学園に敗れ、来季のプリンスリーグ東北参入は叶わなかったが、躍進の1年となったことは確かだ。 続く第98回選手権大会、高総体決勝戦と同じカードとなりましたが、盛商にリベンジを許さず、3-1で勝利し、創部以来の悲願である初優勝を手に入れました。 その急先鋒となっているのが専大北上だ。 初優勝を成し遂げようと挑んだ決勝で、遠野高校に逆転負けを喫しましたが、再度準優勝に輝きました。

>

専修大学北上高校男子サッカー部

自身の高校時代の経験を豊かにかつ熱く語りながら指導に当たっている。 全国では2点が目標だったが、今日で決めてしまったのでもう2点取りたい」。 そして2019年、新人戦準決勝でPK戦までもつれ惜敗した盛商を相手に行われた、第71回岩手県高校総合体育大会。 4本目 5ー1 勝【得点者】松尾透真4・須知麗歩 声を掛け合いながら試合を進めることができない場面もありましたが、松尾透真が先制しそこから勢いに乗ることができ、4得点を決めることができました。 OB会事務局長を兼務し、停滞していたこれまでのOB会の活動を活性化させようと奮闘中である。 就任20年目の小原昭弘監督が節目の年に全国への道を開いた。 しかし、相手に2得点を許し、0ー2で試合終了となりました。

>

専大北上女子サッカー部を激励 JAが県産米や肉を贈呈<岩手・北上市>

2017年の新人戦・準決勝において、これまでトーナメントで一度も勝てなかった遠野高校からPKではあったものの初勝利を挙げ、勢いに乗って臨んだ決勝戦では盛岡商業高校にPKで惜しくも敗れましたが、新人大会は2年連続で準優勝となりました。 初戦は、2021年1月3日、兵庫県の日ノ本学園と対戦する。 岩手県は長らく盛岡商と遠野の公立伝統校が2強として君臨し、この2校の対戦は人気カードとして多くの観客を集めてきた。 昨年の分も含めてきっちり借りを返して初優勝することができました!小原監督就任20年目にしてやっと辿り着いた頂点に、選手たちは胴上げで祝福しました。 【監督】小原 昭弘…1972年花巻に生まれ、小学校から始めたサッカーにのめり込み、花巻中学校から盛岡商業高校に進む。 近年力をつけ、あと一歩のところで全国大会出場を逃してきたが、今季は大きな結果を残した1年となった。

>

高校サッカー : 岩手サッカーBBS(掲示板)

中には一ヶ月も練習に来ていない生徒が久しぶりに参加して試合で使うような事もしているそうです。 さらに、選手権大会の2週間後に行われた第54回新人大会でも初優勝を獲得し、三冠達成とともに県内全てのタイトルを手中にしました! 2019年 初出場となった沖縄インターハイ1回戦、島根県代表の大社高校に菊地竜空と阿部耀仁の得点で3-2で競り勝つと、翌日の岩手日報に「鮮烈初陣」と報じられました。 専修大学北上高校は 岩手県の新鋭校 メンバーは 本文内で 夏に続いて2度目の全国となりました! 岩手県と言えば… 盛岡商業や 遠野高校が非常に強いですからね。 専大北上 女子サッカー部 泉 穂奈美 主将 「たくさん頂いたので、おいしく食べて、どんどん力をつけていきたい」 贈呈品は、体に栄養が吸収されやすい練習終了後の食事などで食べていきたいという。 2回戦は、2015年に選手権大会準優勝に輝いた東京代表の国学院久我山高校と対戦、この大会でも優勝候補の1つに挙げられた強豪相手にひるむことなく果敢に自分たちのサッカーを貫き、ほぼ互角の戦いを繰り広げました。 フィジカルも強く 対人に強いタイプのCBです。 前線でしっかりボールをおさめ、ゴールに絡むことができる上、時には強引な突破からシュートまで持ち込むこともできる。

>

専大北上 初出場も硬さなし!阿部耀2発で全国1勝― スポニチ Sponichi Annex サッカー

2018年、チーム目標を「全国ベスト8」に引き上げ、周囲からの大きな期待を背負って高総体に臨みました。 【部長】八重樫 良…このブログの管理人。 「シュートで終わろうと思い、遠めから打った。 【トレーナー】千田昭幸…接地・姿勢・神経の頭文字を取った通称「Sトレ」によって、選手の動きの向上を図っている。 下の記事をご覧ください!. まずは県大会で初優勝を達成し、インターハイに初出場。 日程やその他の出場校などの情報は 別記事が詳しいです。 2016年、新チームは「全国ベスト16」という具体的かつ挑戦的なチーム目標を打ち立て練習に励み、第95回全国高校サッカー選手権大会岩手県大会・準決勝において、盛岡商業高校に二度追いついてから延長で勝ち越して逆転勝ち。

>

専修大学北上高校男子サッカー部

30分には再び阿部耀が中央からドリブルで上がり、約25メートルのミドルシュート、この1点が勝負を決めた。 岩手県だけではなく、全国で勝つことを意識した小原監督の20年にわたる指導がようやく花開いた。 2回戦は近畿王者の京都橘高校と対戦、先制されましたが千田舜の突破から菅原新がシュートを決め、両FWの活躍によって同点に追いつきました。 盛岡商業高校で、キャプテンを務めた小原昭弘。 2007年の第85回全国高校サッカー選手権大会で盛岡商業高校が、東北勢では秋田商に続き全国優勝を果たした2校目となった際には、スタンドでサポーターの1人として喜びを分かち合いながら、自分のチームをこの大舞台に立たせ、「全国優勝」を手にしようと決意を新たにし、現在に至っている。 息子が顧問の監督に物凄く納得が言っていなく 選手選び、采配、練習方法、何をやりたいか 全く意味が分からないと不満の毎日です。 「いい時間にいい形で3点取れた。

>