ホワイト カラー エグゼンプション。 「ホワイトカラーエグゼンプション」とは?導入メリットや見直し法

アメリカの高度プロフェッショナル制度、「ホワイトカラー・エグゼンプション」についての誤解:労働時間の概念に縛られる日本人。

しかし、この記事が保護されている直接の原因(私と219. ホワイトカラーとはどんな意味 ホワイトカラーとはホワイトカラー労働者ともいわれ、白いワイシャツとネクタイなどのビジネススーツを着ながら仕事をする人のことを指します。 -- 2007年6月9日 土 19:41 UTC インデント戻します)進め方としては、絶対にファイルを用意してからのほうがいいと思います。 会社を辞めることが労働者にどれだけの不利益をもたらすか、わかっていて言っているのでしょうか。 「定額働かせ放題」と揶揄されるのはこのためです。 各種経済団体においては、日本経団連は導入に全面賛成しているものの、は「仕事の質・量やスケジュール(納期)にまで裁量のある労働者は多くなく、仕事の質や種類によって労働時間は決定されるべきであるため、まずは現行の裁量労働制の制度の活用を更に推進して仕事の進め方の改革を進める方が先」と今回の制度導入には反対の立場をとっている()。 節構成案、賛成です。

>

【3分で理解】ホワイトカラーエグゼンプションとは? 残業代ゼロや長時間労働に…?

もし、基準を満たさない従業員を「ホワイトカラー・エグゼンプション」にしていると、上記と同じく、週40時間以上の超過労働時間に対して、過去にさかのぼって残業代を支払う必要が生じます。 38さんの指摘は鋭いと思います(みなし労働時間を超えた場合の残業代の存在についての記述が記事中に見当たりませんね)。 労働者は時間に縛られずに働けるようになりますので、長時間労働の是正につながると期待できます。 あくまで1つの制度であり、犯罪行為ではないと思うのですが。 肯定側にデメリットが記してあるとの事ですが、「雇用者側のメリット=労働者側のデメリット」の面がある為ではないでしょうか。 いいですか、ここは大事なところなのです。

>

ホワイトカラーエグゼンプションとは?

今後は働く時間についても、いつ、どれだけ働くか、労働者がより自由に自律的に決められる仕組みが求められます。 思えば、ここまで来るのに少し時間はかかりましたが、私が初めにこの記事に出会ったときと比べ、中立性・正確性・分かりやすさ、すべてにおいて劇的に向上したと思います 「概要」節については)。 日本経団連の提言内容 [ ] 日本経団連は2005年、以下のホワイトカラーエグゼンプション制度を提案した。 ここを曖昧にしてしまうと、いつまた事実に反した記述が続出するかわかりません。 。 あなたはご自分の立場を理解していますか? せっかく執筆していただいたのに大変恐縮ですが、もし納得していただけるなら、削除に同意してくださったら幸いです。 話の転換が下手ですいません・・。

>

「日本版ホワイトカラー・エグゼンプション」

However, business circles are going to introduce white-collar exemption in order to plan a productivity drive. また、ホワイトカラーエグゼンプションを導入しても仕事量の多さから結果として労働時間を削減できないかもしれません。 EUでは1993年に法制化され、24時間につき最低連続11時間の休息が義務付けられている。 根本的な人事評価制度の改定が必要になり、裁量労働制導入に関しても、出勤・退勤時間が異なるため勤怠管理の複雑化は避けられません。 連休中お待たせしたようで恐縮です。 。

>

ホワイトカラー・エグゼンプションとは? 目的も解説【ビジネス用語】

。 法定の管理的職員• この記述は、wikipediaで禁じている「独自の調査」とまではいかないかもしれませんが、私には単なる「個人的感想」のようなものに思えます。 そのため、ホワイトカラーエグゼンプションを導入するにあたっては、仕事量の削減など実際に効果を発揮させるために必要になる関連施策まで考慮する必要があります。 今回のは、労働時間の長さと関係なく成果で賃金を決めるというもの。 。 経緯箇所に時系列を合わせるよう冒頭の文章を移動。

>

「ホワイトカラー・エグゼンプション」とは?

-- 2007年4月30日 私のような具体性のない人間には少し荷の重い役ですが、尽力します。 ビジネスにおいて、ホワイトカラーエグゼプションと裁量労働制、高度プロフェッショナル制度の違いを知っておくことは非常に重要です。 また、私もかなりの初心者ですので再構成には自信がありません。 事実を確認し、そして「根拠となる条文を明示した上で反論」するか「自らの記述が誤っていたことを認めて訂正に同意」してください。 ホワイトカラーエグゼンプションとは、製造業や建築業などを除く、いわゆるホワイトカラー労働者(オフィスワーカー)の仕事を、 働いた時間の長さではなく仕事の成果で評価し、賃金を支払う制度です。 シンクタンクやコンサルタント業務 (4)視点 希望する企業が裁量労働制を採用している場合、主体的に働くことで労働の生産性を上げていくことができる環境なのかをご自身の目で判断する必要があると思います。 自己責任です」の一言で全て片付けることが可能になってしまうとの主張もある。

>