朝日 ky。 サンゴ事件だけじゃない 朝日新聞の誤報・虚報歴代ベスト5|NEWSポストセブン

KYとは (ケーワイとは) [単語記事]

「空気が読めない」の。 考えてもみてください。 実は、西表島に偶然『K・Y』というイニシャルの有名ダイバーがいて、彼が憤慨して調査を始めたことがきっかけで捏造が発覚することとなったのだ。 またこうした新聞の追及姿勢こそ、矛盾に満ちた世界情勢に青臭い白黒をつけようとする偏った正論主義ではなかったでしょうか?• 徳山喜雄『「朝日新聞」問題』〈集英社新書 0786-A〉、2015年5月15日、18頁。 付で、珊瑚に傷をつけた写真部員・は処分、監督責任を問われて東京本社編集局長・同写真部長は更迭、同行していた 写真部員、村野昇 は停職三カ月(この写真部員は、傷をつけた東京本社写真部員の行動に気づいていた。 それが今はどうですか? もう滅茶苦茶な偏向報道をやって平気でい居られる犯罪集団に落魄れています。

>

朝日新聞「フェイクニュースをばらまき、人々を誤導・混乱させた罪は大きい」

炎上させるだけで建設的なことは何もしないマスコミに、上記に気付いていない者もかなりうんざりしているのが現状だ。 著作 [ ]• それでも、その真実を書くことで「空気が読めないダメなヤツ」と思われたくなかったのか、真実にフタをした書き方をされています。 いまの中国と仲良く? 田原のじいちゃんは、本気でそう思っているのかな。 一体どの口がいうのさ。 1959年12月に第一便が新潟から北朝鮮へ出航。

>

朝日新聞の「捏造」・虚偽報道一覧

が、その後の調査の結果、全く傷のなかったところに記者が自ら傷をつけた虚偽報道であったことを認めて謝罪。 朝日は日本の国益に反することばかりでっちあげて喜ぶ新聞社です。 この場合はののことをす。 様々な論を立てるものの、反応の薄い論は日の目を見ない。 しかし人民への贖罪のつもりで、民主化派や弾圧されている少数民族への手厚い支援も、 間接的に続けるべきと思う。 責任を背負う。 すっきりするという爽快感メリットと ゴチャゴチャ言われて外交がギクシャクというデメリットとを勘案すると、 爽快感は諦めて、ギクシャクを避ける方が良いと思う。

>

朝日新聞「フェイクニュースをばらまき、人々を誤導・混乱させた罪は大きい」

時代が変わっているのだから憲法に対する考え方も変えるべきだ。 日本側が苦渋の決断をした慰安婦問題の日韓政府合意。 これに対して、欧米の既存メディアが取り組んだのが、「ファクト・チェック」だ。 権力批判というけれど、正常な選挙で選ばれた立法府と戦うと言うのは、選んだ国民に喧嘩を吹っかけていることになる。 何だかヘンな方向に持って行こうという必死さしか伝わってきません。

>

【KY】朝日新聞「サンゴを傷つけたとして撤去と工事の中止を求めたが、国は一顧だにしない。嘆かわしい限りだ。」

他のコメントで、強い軍隊があれば戦争を回避できる、という趣旨のコメントもありますが、アメリカがそうであるように強い軍隊があると戦争を引き起こしてしまいます。 の「KY」は「KYされた」可性がある、と考えるとなにやらやるせない気分である。 (東シナ海は差別用語ですか?) この程度の記者が書いた記事を大っぴらに載せているから、ダメ過ぎる新聞として、認知されてしまったのが、理由だと思います。 柴田鉄治『新聞記者という仕事』〈集英社新書 0205-B〉、2003年8月21日、142—144。 当初、朝日は『撮影効果を上げるために既にあったKYの文字の上をなぞっただけ』とそらっとぼけておりましたが、しかし更なる証拠を突きつけられ、しぶしぶながら認めたと、そういう次第でございます。 [] の の別名• この記事内容に対して、地元の沖縄県竹富町ダイビング組合が、 「サンゴにこれまで傷は全くなかった、 サンゴに書かれた落書きは、取材者によるものではないか」 との抗議を寄せた。

>

祝! KY朝日、20周年!: おみょ的思考時折記録

もしかして、この記者が悪しき造語の発案者ではないでしょうね? 他人と違うことが個人主義社会の根っこにあり、他人にお構いなしで苦情をいったり、討論番組ではいいたいことを言い合っていつでも終了時間がオーバーしたりする、といいます。 「オルタナティブ・ファクト」は、うそやあいまいな事柄も繰り返して言及することで、事実に基づいていなくても、もう一つの事実になりかねない時代を示す言葉。 そもそもこの問題の発端は朝日新聞の捏造記事である。 朝日珊瑚事件 、がのに「K・Y」と傷を刻み、それをのの悪さの徴としてした。 それで取り上げるのが今に遅れてしまいました。 ギクシャクしてもいいから、爽快感を優先するべし、が多数意見であれば、 それに従うのみ。 さればこそ、マスメディアが、「監視役」どころか、国家が「誤った判断」をしたり、「行き過ぎたこと」をするように、実は、誘導しているかもしれない、という危惧も示していただきたかった。

>