コロナ 中国 責任。 英独仏も、世界に広がる中国への賠償請求の動き 新型コロナが生み出した世界の新たな対立構造(1/3)

日本が選択すべき「孤立する中国」への態度

中国の死者数を超え、被害が最悪となった米国のドナルド・トランプ大統領は「中国の発表数字はおかしい」と疑問を投げつけた。 このままでは日本経済は「曇り時々雨、一時晴れ」を繰り返す。 もちろん中国では法律を破ると罰則が強い。 志村けんの死亡は日本と台湾に衝撃を運んだが、中国は「志村けんの死因は『台湾肺炎』による」とフェイク情報を流した。 対する米国も国防総省傘下の研究機関がワクチン開発に参画ししのぎを削るなか、思わぬ伏兵が現れた。 現在の欧州、米国、日本の新規感染者数よりはるかに少ない。

>

日本が選択すべき「孤立する中国」への態度

武漢にはウイルス研究所が2つあり、そこからウイルスが流出した可能性も噂されています。 もちろん国情の違いはあるが、日本での新型コロナウイルスへの対応で発せられる言葉には「できるだけ・・お願い」が多いと思う。 2番目の「雑音」は、一部の基準に満たない中国製医療物資を問題にして中国外交に泥を塗っているということだ。 その要旨は次のようだった。 日本では過去の歴史からか「非常時」における国の権力行使を批判的に捉える論調も多い。 また、論文が根拠の一つとする、新型コロナウイルスがもつ他の近縁のウイルスには存在しない特有の変異についてこう話す。

>

中国に賠償請求続々 米、インドなど「初動誤り拡大招いた」|【西日本新聞ニュース】

スマホの健康データの提示で人が密集する場所のコントロールが進んだ。 「西側の攻勢に中国は持続的な新型コロナ統制、助けが必要な国に対する支援、新型コロナ問題後の素早い経済回復の3種類の事実ではばかることなく対抗しなければならない」と強調したが、中央日報は「中国の強い反発はそれだけ西側の非難が痛いという話と解釈される」と皮肉った。 世界的な疫病のいくつかは最初に米国で広まったが、米国に賠償を求めた国はない」とする大学教授の論評を掲載。 中国の隠蔽(いんぺい)により新型コロナウイルスの危険性がよく分からず、従ってまともに対応措置を準備できなかったと批判している」と述べた。 またハドソン研究所の ケネス・ワインスタイン所長は2020年3月にはトランプ大統領から次期日本駐在大使に任命された。 北京郊外の村の小さな診療所でさえ受けることができる。

>

【真・人民日報】世界で沸騰する新型コロナ「中国責任論」 日本の報道からは見えづらい欧米各国の“思惑” (1/2ページ)

深圳では6月末の就業者数が1,170万人(失業保険データより)と前年比2. もちろん初動対応に全く問題が無いわけではない。 街や団地でルールを決め、買い物にも不自由な中を住民同士が助け合い協力して対応している。 中国では武漢だけでなく多くの都市で地区や団地の「封鎖」が行われた。 武漢の封鎖解除にあたり全住民のPCR検査も実施している。 コロナ禍を終息させ、社会活動の早期復活を図るにはどんな対応をすべきか、の「時間軸」の考慮である。

>

「コロナは武漢の研究所で作られた」中国人学者が論文発表→専門家は「荒唐無稽」と指摘【新型コロナ】

英保守系シンクタンクのヘンリー・ジャクソン協会は、中国当局の情報統制により、多くの湖北省民が感染に気づかぬまま連休前に海外へ出たことが世界的な感染拡大を招いたと指摘。 米国が未だに苦しんでいるのに何故、中国だけが回復するのか。 社説は同紙の編集主幹によって書かれ、ドイツが受けた被害への賠償金は総額1650億ドル。 武漢の混乱の中で亡くなった人の遺族もやるせない気持ちでいる。 上院選挙は各州で2名が選出され定員は100名、任期は6年で2[…]. 「日本は中国のようにはできない」と言われる「中国」にこそ学ぶべき点がある 「日本は中国とは違う」と一言で片づけてしまえば教訓は得られない。 メルケルは、側近が感染したため自主的に2週間の隔離状態にあった。

>

中国はコロナウイルスをどう責任とるのでしょいか?

リビー氏は先代ブッシュ政権で国務、国防両省の高官を務め、国家安全保障や対アジア戦略に関与してきた。 「中国では小さな問題でも14億で掛け算すれば大変な問題になる」。 4%、中でも交通運輸・情報サービス・金融は59%とかなり高い。 8%となった。 台湾の自由時報がまとめたところによると、その賠償額は世界で1,532兆台湾ドル、日本円にして5,464兆円にのぼるということです。

>

中国に「コロナウイルス」感染とその犠牲に対する責任を問え!ペマ・ギャルポ最新刊『チベット人だからわかる 中国は消防士のフリをした放火魔』刊行:時事ドットコム

一方、中国の社会風土はそうではない。 武漢の病院混乱が経験されてからもかなりの日数が経つが、世界ではまだそれが続いている。 このままでは米国の対応の拙さが鮮明になる。 また、国際的な調査チームについて、テドロス事務局長は会見で、「調査チームは武漢に行く」と述べ、現地での調査を行うことを明らかにしましたが、具体的な時期については言及しませんでした。 その結果によると、まず注目されるのは一般アメリカ国民の圧倒的多数が 新型コロナウイルスの拡散について中国政府の責任を問うている点だった。

>