リトル ヘラクレス 現在。 6歳で筋肉ムキムキ「リトル・ヘラクレス」と呼ばれた最強少年→23歳になった今の姿がこちら!

当時6歳で世界一マッチョな最強少年「リトル・ヘラクレス」の今。あれから17年が経過して現在23歳!

彼がWWEの契約に署名した時、シナはオハイオのリーグにプロトタイプのキャラクターで参戦した。 実は、元婚約者のニッキー・ベラとの子供を持つことについて拒否したということで、関係に亀裂が生じたのではないかと一部のメディアでは報じられている。 何故か残りの20ページは、別の人の話になっています。 【おわり】この記事を見て この記事を見て思うのはタイトルは興味をそそるものだし、簡単に見れるのならサクッと結果だけ知りたいと誰しもが思うでしょう。 少年だった頃は、見事な筋肉に柔軟性を併せ持った理想的な肉体を手に入れていました。 これはビックリです、逆の意味で……。 その後、格闘技の子供部門で世界チャンピオンにも輝き、8歳の頃には世界中からテレビ取材を受ける毎日を過していました。

>

6歳で筋肉ムキムキ「リトル・ヘラクレス」と呼ばれた最強少年→23歳になった今の姿がこちら!

9 2,881 views• そして24歳になった姿がこちらです。 何度も言うが、これは彼の人生にあった本当の話で、この先、彼にまつわる衝撃的な事実の数々に、あなたはきっと驚きを隠せなくなるだろう。 そんなリチャード・サンドラック君が話題になっていたのが、今からおよそ17年ほど前です。 」と、報道者の罠にはハマらなかったのである。 リチャードの話はこちらの動画で紹介されています。 そうなると無理やりトレーニングさせられていた可能性が高いですよね。 この先は、彼がどのようなレスリング人生を過ごしたのか見ていこう。

>

当時6歳で世界一マッチョな最強少年「リトル・ヘラクレス」の今。あれから17年が経過して現在23歳!

そんなリチャードも、現在は24歳。 現在はハリウッドのユニバーサル・スタジオで、スタントマンの仕事をしているとのこと。 当時は日本のテレビ番組でも取り上げられていたので、記憶にある人もいるかもしれません。 ただ父親は一度もトレーニングを強制したことはなく、 本人の意思で行なっていると主張していましたが、 リチャードくんが11歳の時に母親へのDV問題で父親が逮捕されて両親は離婚。 1 55 views• この試合の後、決して彼の試合に、再び疑問を投げ掛ける者は現れなかった。 破局後、ベラは姉のブリーと一緒に引っ越した。

>

[B! 人生] 「リトル・ヘラクレス」を覚えているだろうか?彼に起こったこととライフスタイルがどのように変わったのかを見てみよう

ここまででこのリトルヘラクレスの話は終わりです。 容姿は幼い頃とはすっかり変わってしまいましたが、 自分の夢に向かって邁進する姿はカッコいいですね。 しかし、彼女の口から、ニュースについての事実を明かされた後、シナは「彼女がしたことは私に会う前にした過去のこと。 彼は、二度とウェイトリフティングの世界には戻らないと言っているが、今後、何を職業にしたいのかはある程度、見当をつけている。 The Rockと異なり、彼はNFLでのキャリアの追求はしなかった。

>

[B! 人生] 「リトル・ヘラクレス」を覚えているだろうか?彼に起こったこととライフスタイルがどのように変わったのかを見てみよう

WWEは、2人の関係に摩擦を起こそうと、ベラ自身も結婚していたという事実を大々的に発表した。 マンダリンを学ぶ過程で、彼はまるでその言語に恋をしたかのような錯覚に陥ったようだった。 とは言え、ボディービルの世界でも、この ことわざは当てはまるようです。 順調に成長し、ベンチプレスは95kgを上げるほどに。 またトレーニングは一切行っておらず、 ジムのメンバーシップも持っていないのだとか。 その後も映画出演やフィットネスの紹介ビデオなどに出演することはありましたが、無理のない穏やかな10代を過したといいます。 初戦は代役で。

>

6歳で筋肉ムキムキだった少年の現在がヤバイ⇒「リトル・ヘラクレス」がどうしてこうなった・・・

2017年に彼はレッスルマニアで彼女に大勢のファンの前でプロポーズをし、ニッキーもまたそれを受け入れたのだ。 シナとフーバドーを結びつけたのは、決してお金なんかではなかった。 写真は引用元からの掲載、文章は短く自分で紹介しています。 シナの場合は、必ず試合前に「tic tac」を食べるのだ。 幼い頃からハードすぎるトレーニングを続けていたリチャードくんがもしトレーニングを辞めていなければ、 関節が破壊されるなど今のような日常生活が送れなくなっていた可能性も高かったようです。 この数年の間にいったい何があったって言うんだい、リチャード。 7 3,127 views• そして、その事実を隠していたのだ。

>

「あなたは、「リトル・ヘラクレス」を覚えているだろうか?彼の過去と現在の様子は」抜粋記事|「次へ」を斬る!

広告を加担しているのも癪に障る」という同士がいる方はぜひにお知らせしてほしいです。 [画像を見る] いや、そんなポーズを取られても。 やがてチャイルド・ボディビルダーとして地元ですでに注目を集めるようになっていたリチャードを連れ、父親は西海岸に移り住むことを決断します。 当時のリチャードくんはスクワットを毎日300回、腕立て伏せを毎日600回行なっていて、 95kgのベンチプレスをあげることも可能でした。 2014年のSB Nationの販売アルバムレビューでは、グラント・ブリスビーが「思っていたほど、悪くないね。 当時、リチャードのトレイナーだったフランクという男性が、父親の指導は虐待的だと訴えて辞めていったこともありました。

>