満身 創痍 使い方。 満身創痍(まんしんそうい)の意味や使い方 Weblio辞書

「満身創痍」とは?意味・類語・英語【使い方や例文】

主に身体的なダメージを表す言葉で、精神面でのダメージに「半死半生」は使われません。 「気息奄々」とほぼ同じ意味、同じ使い方だと覚えておくと良いでしょう。 故事成語はとても興味深いものが多く、物語を読めば熟語も頭に入りやすくなります。 「満身創痍」の例文 次に、満身創痍の3つの意味ごとに例文を紹介します。 精神的にダメージを受けている状態でも使えますし、体力を削るような日常がそこにあれば、それは満身創痍の状況と表現できますから。 息も絶え絶えで疲れ果てていると言う点では「満身創痍」と同じですが、気息奄々は精神的にダメージを受けていると言う意味は含みません。 人や動物の様子を「気息奄々」を使って表すこともできますし、物事が行き詰まりとても苦しい様子を表すこともできます。

>

満身の使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

なおでも「满身创痍」というで例が見つかる。 「疲労困憊」が心が折れかかっている状態を表現していると捉えると、気丈はその真逆の状態を示しているといえます。 (出典:浅田次郎『壬生義士伝 上』) ・ 満身創痍というからには、傷んでいるのは一ヵ所だけではありません。 「創痍」・・・「刃物で受けたきず」 この2つの熟語を合わせて全身傷ついていることを表します。 (例文)「はじめて登山に挑戦したら、へろへろになってしまった」. は、やなどのに遭い、満身創痍のに。 今回は、四文字熟語「満身創痍」に注目して、その正しい意味や使い方、さらには必ず知っておきたい読み方や語源などについてご紹介していきましょう。

>

「満身創痍」の類語・対義語・使い方・例文・読み方・語源|状態

薬石無功(やくせきむこう) 「気息奄奄(きそくえんえん)」の意味は「息も絶え絶えな様子」、「薬石無功(やくせきむこう)」の意味は「あらゆる治療や薬を施しても、その効き目がないこと」です。 よく聞く「平穏無事」は、変わったこともなく穏やかで平和な状態を表します。 文章での「満身創痍」の使い方は例文を参考にしてください。 チッタは満身創痍のありさまで、目を閉じてぐったりと動かなくなっております。 ストレス社会である現代では、精神的に傷ついて使うことの方が多いかもしれません。 「満身創痍」の類義語 続いて、「満身創痍」の類義語をご紹介します。

>

四字熟語「満身創痍(まんしんそうい)」の意味と使い方:例文付き

setAttribute "type","button" ,P. 「疲労困憊」の読み方 先にもいくつか「疲労困憊」を使った例文をご紹介しましたが、ここでは、定型として使える「疲労困憊」に関する句を使った例文をご紹介します。 自分で自分の状態を「疲労困憊」と言うこともできますし、疲れた理由が自分が選んだ事でも違和感なく使え、受け身の意味合いが強い「満身創痍」とは異なります。 「アラブ人は外に出せ」という文句を無視して、ファラージにもレモネードを御馳走したのだ。 満身創痍でありながら、未だアリスの気力は萎えることを知らなかった。 「疲弊」「困憊」「雑巾のよう」「くたくた」「ヘトヘト」などは、その一部であり、「疲労困憊」という言葉の意味を表しているともいえます。

>

満身創痍の意味とは?体がボロボロのこと?類語や対義語の四字熟語を紹介!

疲労困憊は限界まで疲れていると言う状態のみを表す四字熟語であり、その理由まで考える必要はありません。 これで心身の負傷であればどんなものでも「満身創痍」を使えるようになりました。 … 酒見賢一『語り手の事情』 より引用• 「からだ全体が傷だらけである」の英語表現はこのような文があります。 「平穏無事」 「平穏無事」(へいおんぶじ)とは、「何事もなく穏やかなこと」という意味です。 「満身創痍だ」「満身創痍の~」などと使われることが多いですね。 つかれはてること。

>

「疲労困憊」の類語・対義語・使い方・例文・読み方・疲弊の違い

【例文】 ・毎日押し寄せる仕事に、疲労困憊してしまい、自分の生活が立ち行かなくなる ・毎日押し寄せる仕事に、甚だしく消耗し、自分の生活が立ち行かなくなる 衰弱 「衰弱」も「疲労困憊」の類語として使えますが、「疲労困憊」で表される心身の状態の一部のみを表現できるに留まります。 語り手が自分の語りに夢中にならず、チッタの中に視点を保っていればその効果の細やかなところまで体験できたはずなので、惜しいことをしたかも知れません。 … 喬林知『今日からマ王 第09巻 「地にはマのつく星が降る!」』 より引用• setAttribute "type","button" ,L. 終了後に「フルマラソンに出て疲労困憊だ」と言っても不自然にはなりません。 髪も服も腕も足もどこもかしこも深紅、あるいはどす黒く染めて、志貴は片足だけに体重を乗せて立っていた。 ちょっとした怪我程度には使いません。 厳しいですが、 そういった事ができる人が、最終的に成功をおさめるのかもしれませんね。

>