食 と 緑 の 空中 庭園。 西武池袋本店/食と緑の空中庭園、29日オープン

食と緑の空中庭園 « TORAFU ARCHITECTS トラフ建築設計事務所

エレベーターから登ってくると、だいたいフードカートエリアの隣に出てきます。 個性豊かなショップでテイクアウトを楽しめる「フードカート」エリアでは、オシャレで美味しい食事をお手ごろな価格で楽しめるほか、月ごとに決められたテーマに沿った特別メニューも提供されています。 売店が見えますね。 「食と緑の空中庭園」の休業日は、「西武池袋本店」に準じます。 柳がメインだけど、日本っぽくなくて不思議。

>

食と緑の空中庭園 クチコミ・アクセス・営業時間|池袋【フォートラベル】

案内図(パンフレットより) 施設の目玉はモネの睡蓮をイメージした 「モネの池」、そして レストラン&バー(夏期は天空のビアテラスも開催)や フードカート(フードコートではないらしい)など、 豊富な種類の食事が気軽に楽しめるところですね。 キッズデッキ• 夜間はアルコールも用意している。 フードカートエリア• 庭園を彩る花々 季節ごとに植え替えられている草花。 まとめ 空の下でお弁当を食べたり、レストランの食事を楽しんだりと、いろいろな使い方のできる「食と緑の空中庭園」。 季節ごとにメニューが変わるのが特徴で、5月のテーマは「イタリアン」。 この画面はセキュリティー確保のため SSL(Secure Sockets Layer)を利用しています。 丸い池を囲んでのひとときも面白いですね! 「食と緑の空中庭園」のキッズスペース 子どもが安全に遊べる、かわいいキッズスペースもあります。

>

池袋駅すぐ!「西武池袋本店」屋上の「食と緑の空中庭園」は、都会の癒しスポット

商品には数量に限りのあるものもございますので、品切れの際にはご容赦ください。 ベビーカー・私物など、盗難にご注意ください。 屋上庭園の開放時間は 10:00~22:30なので、昼と夜、どちらの雰囲気も味わえます。 「フードカート」では食事メニュー以外にも、クレープやアイスなどのデザートも提供されています。 トイレがあるので、お子様連れも安心ですね。 もりですからね、シンプルです。

>

[9階 屋上]食と緑の空中庭園

5・6・9月の通常営業時間は10時~22時、7・8月の夏季は10時~22時30分、10月~4月は10時~20時までとした。 閑散としていた屋上を、都会にいながらも季節を感じることができる庭園とし、また様々なフードを提供する活気のある場所として生まれ変わらせる。 [広告] 空中庭園では、スイレンや四季の変化を楽しめる草花の「池」や、月ごとに異なる草花が咲き季節を彩る「グリーンウォール」、子どもがはだしで遊べる芝生の広場「グラスフィールド」、各所に設置する「フラワーコンテナ」など、水と花と緑に囲まれた空間を演出。 The elevator hall on the 9th floor, which serves as the main entrance to the rooftop garden, is designed as a neutral and monotone lobby, thus creating a reset zone when approaching from the lively department store. 夫は、 「ブラウニー ホットドッグ」のスタンダードホットドッグ、マッシュポテト、カルピス。 冬はストーブがたくさん置かれるので思ったほど寒くないのですが真夏はさすがに辛いでしょうね。 とろける口触りと濃厚な甘さが人気の「クレミアソフトクリーム」も販売されているので、池袋の街歩きや「西武池袋本店」でのお買い物帰りにちょっと寄るのもいいですね。 「その場で食べたいのに、イートインスペースがない!」 というケーキ屋さんも多いので、 持ち込みOKの西武屋上はとても便利。

>

池袋に空中庭園が登場!デートで行きたい「食と緑の空中庭園」って?

。 ちなみに、今まで行った神社で一番ビックリしたのは、 羽田空港内のです。 西武グループの総本山と言ってもいい西武池袋線の池袋駅。 また、「讃岐かるかや」は昭和43年から続く屋上名物の手打ちうどんが楽しめるお店です。 目次 食と緑の空中庭園 きっかけは「モネの池」 緑に囲まれた自然も好きですが、 花々が手入れされた庭園はもっと好きです。 武蔵野うどんや一般的な讃岐うどんよりはコシは弱めで誰にでも食べやすい感じに仕上がっています。

>

食と緑の空中庭園|西武池袋本店|西武・そごう

酒類を除いた飲食料品は、本体価格に8%の消費税額を加えた「お支払い総額(税込価格)」となっております。 その名も「食と緑の屋上庭園」。 私が行ったときはブッドレアなど沢山の花々を楽しむ事ができしたので、お立ち寄りの際はで見頃を迎えている花の種類も確認してみてください。 「天空のビアテラス」の開催される「食と緑の空中庭園」は、印象派の画家、モネの絵画からインスピレーションを得て造園した睡蓮の庭、四季折々の草花が咲き誇る壁面のグリーンウォールに囲まれた空間。 ただ、屋上ということで屋根がないため、 日光の日差しが直撃するというデメリットも…。 人の往来が激しい池袋において、屋上という、特権的で切り離された場所の心地よさと、慣習的な屋上ならではのエンターテイメント性とが同居する空間を目指した。 飲み放題は50種以上、さらに別料金で再度メニューの注文も可能だ。

>

池袋西武の「食と緑の空中庭園」!睡蓮の庭はデートにも最適!

平均予算• モネの池の反対側はこんな感じ。 その席数はなんと全部で570席! ベルギーやフランスから輸入した椅子もあり、池袋の屋上とは思えないほどの優雅な空間になっているそう。 左から上がることにしました。 他にも、注文を受けてから石窯で生地を焼き上げた出来立てピザが楽しめる「A PIZZA」。 「天空のエンタメフロア」を目指し、さまざまなイベントも展開。 池の夜景。 緑たっぷりの空間にいくつかのお店がフードコートのように連なっています。

>

ブクロのオアシス「食と緑の空中庭園」でいただく絶品うどん『かるかや』

西武池袋本店は4月29日、本館9階の屋上に「食と緑の空中庭園」をオープンする。 「睡蓮の庭」の面積は約110坪です。 ボール遊びやフリスビーなど、落下の危険性のある行為はご遠慮ください。 フランス庭園とイギリス庭園の競演も楽しみですね。 「食と緑の空中庭園」は自然に囲まれて気軽に食事を楽しめる池袋のオアシス JR池袋駅東口すぐの「西武池袋本店」、その本館9階屋上にある「食と緑の空中庭園」をご存知でしょうか。 また、席数限定でソファー席も設置され、駅上とは思えないほどのゆったりとくつろげる空間を用意する。

>