路線 バス の 共同 経営。 初の独禁特例法申請へ 岡山のバス事業者2社:時事ドットコム

バス存続へ危機感あらわ 熊本5社「共同経営」、路線譲渡で活路探る|【西日本新聞ニュース】

「よし、今日は頑張って売り上げを上げよう」といっても、宣伝したからといって路線バスに乗っていただけるわけではないので。 4番線(城山・玉里線)(・)• 36番線(吉田インター線)(鹿児島市交通局・南国交通) 同じく内でバス事業を行っているが、鹿児島市営バスの運行エリアとしていた地域への参入を実施し(競合運行としての乗り入れ)、さらに他社との競合地域である市内中心部において運賃を値下げした(競合が無い地域では運賃を値上げ)。 ニュース検定の答えの解説 答えの解説です。 これらの地域には後述のようにさまざまな原因がありますが、地方のバス路線廃止は、少子高齢化による利用者の減少が主要因とみられます。 そのデータを作るのに、膨大な手間と費用がかかるわけです。

>

熊本県の路線バス5社 全国初、共同経営へ

その結果、運転手の不足による路線廃止などを回避できるといいます。 ()・() 会社・区間にかかわらず、運賃は都区内民営バス均一運賃の220円(途中区間でを通るが都区内運賃を適用)。 地方では超高齢化と運転免許証の自主返納率の高まりとともに運転できない高齢者が増加し、移動手段の不足が問題化し始めており、その対策として今、ライドシェアが注目され、兵庫県養父市のように特区制度を活用した地元住民の自家用車を使った有償のライドシェアも始まっています。 5社が利用する「熊本桜町バスターミナル」。 共同経営は独禁法に抵触するため、政府が通常国会に提出予定の規制除外特例法案の成立・施行を待ち、早ければ2020年度中の計画の認定申請を目指す。

>

熊本のバス5社、共同経営への移行合意 路線再編などで:朝日新聞デジタル

ただし、自動運転は、運転者さんの負担を軽減する道はあると思うんですね。 この場合、途中停車地を営業エリアとする会社は他の路線で車両のが行われる場合も多い。 武田:見えてきたのは、運賃の値上げを受け入れるのか、あるいは利便性を諦めるのか。 インフラ機能維持のためには経営力強化が喫緊の課題であり、その選択肢として経営統合や共同経営の実施が見込まれています。 (神奈川中央交通)・()• 一社が運航業務の一切を取り扱い、座席の一部を複数社が自社便として販売する。 九州・沖縄• 国土交通省によると、バス事業者が共同経営の方針を発表するのは全国初。 26番線(明和線)(鹿児島市交通局・南国交通)• その位置づけを再確認したほうが良い気がします。

>

熊本のバス「共同経営」〜私たちが「お客様」でいいのであれば答えは一つ|さいばとしゆき|note

また共同経営で岡電バスの1400万円の収入が両備バスに移るそうだ。 今回の決定に、欠けているものはなかったでしょうか。 「事業統合」ではだめなのか。 スピード感をもって対応したい」と重複路線解消に力を入れる考えを示した。 路線バス事業を共同経営に移行することで合意した熊本市のバス事業者5社の幹部ら=27日午後、同市中央区 熊本市を中心に路線バスを運行している民間事業者5社は27日、重複する路線の見直しや運賃調整などを行う共同経営への移行で合意したと発表した。 特に、111番・高速バスを除く琉球バス交通・沖縄バス共同運行の各路線については、第18条に基づくの適用除外対象として国土交通大臣に認可を受けたものである。 -(・) 中心街ターミナル - 八太郎間で2社の路線を整理、20分間隔の共同運行化、共通定期券類の発売、運賃共通化、時刻表一本化を実施。

>

初の独禁特例法申請へ 岡山のバス事業者2社:時事ドットコム

熊本県内のバス事業5社は1月27日、熊本市を中心とする熊本都市圏での路線バス事業を共同経営することで合意した。 なお回数券については、においては各社共通回数券を導入しており、同じ区間ならばどの会社でも使用できるため、実質的に共通利用が可能になっている。 「買い者弱者」は高齢化と共に増加傾向にあり、全国で約700万人と見られます。 さらに安全対策、事故を起こさない運営を進める体制を根幹に据えるべきだ」とした。 (横浜市営バス)・(神奈川中央交通) もともと神奈川中央交通が運行していた路線に、後から横浜市が参入したため、武相運賃区間は180円、横浜市内運賃および跨いで乗車した場合の運賃は220円。 5社と県市は国会での特例法成立後を見据え、4月に共同経営準備室を熊本都市バス内に設置し、今年度中に利用促進策とデータ公表、共同経営計画の策定・認定申請を行う。 バスだけではなくて、いろいろな公共交通機関を中心として情報を共有し、ビッグデータの中で社会的に最適な手段というのを模索していく。

>

熊本のバス5社、共同経営で合意 独禁法特例法で課題に対処:時事ドットコム

なお、阪神-淡路島のみに限れば前述両グループのいずれにも属さない独立系バス会社(、)が、また阪神-徳島のみに限れば旧系事業者であるも加わる。 - 間 (・)・() ダイヤのみ調整しているが別路線扱いで「ダブルトラック」に近い。 乗合バス事業は、国民生活の基盤となる「基盤的サービス」で、他の事業者による代替が困難な状況にある。 八戸市内全線(・・バス) かつてより回数券の3社共同利用を実施。 それを守るためには経済の憲法と言われる独占禁止法すら認めなければならないのです。 路線バスは地域住民の足です。

>

地域住民を支える路線バスにみる地方交通の行方/地域活性機構リレーコラム|Glocal Mission Times (グローカルミッションタイムズ)

岡山電気軌道(岡電バス)と両備ホールディングス(両備バス)が共同経営を検討しているのは、岡山市内国道30号線の沿線のバス路線だ。 熊本市の動きは他の地方でも広がりそうです。 5社は九州産交バス、産交バス、熊本電気鉄道、熊本バス、熊本都市バス。 売り上げは決まっちゃってる。 ()・( - 廃止) 現在は東急バスの単独運行。 そうした中でむだをなくしながら、より皆さんに使いやすいようなシステムというのが、今、模索されています。 ()・() 相互乗り入れという形だが、共通回数券は存在しない(共通定期券は存在)。

>