テニス サーブ 初心者。 テニス初心者向けのサーブ練習法

テニスコーチが教える! 初心者上達方法 サーブ編

そりゃ打点がズレるということですからね。 そのため、完璧な正解のフォームというのは存在しません。 1球でも多く相手コートへ返せれば勝てます。 関節にかかってしまうと、ボールが回転してしまうためです。 打点が一定でないと、ラケットの芯でボールを捉えられずに安定したサーブが打てません。 スライスサーブの回転イメージ 性質 進行方向に対して横 回転のかかったボール。

>

テニス初心者向けのサーブ練習法

あくまで腕が振り抜かれるのは身体が回った結果なので、その結果が自然に出るような原因を作るようにしましょう。 (お互い右利きの時) スライスサーブはラケットの右側のフレームからボールへ向かって、ボールのやや右横を捉えることにより得られます。 トスを上げる時脇を締めて、ななめ45度~60度くらい前に上げます。 ここで覚えておきたいのは、回転がかかるのは、ボールにどのようにして当てるかの違いであるということ。 ) 練習メニューとしては、素振り、サーブ練習、サーブからのポイント練習、練習試合がおすすめです。 サーブを武器にすることが、より優位に試合を進める近道となります。 ちなみに、 自分で頭上に向かってボールを投げることを テニス用語で「トス」と言います。

>

テニスサーブの3種類(フラット、スピン、スライス)の打ち方、特徴【動画有】

是非みなさんも一緒に楽しんで見てみてくださいね。 このように、ショットの全てを決める打点は狙っている方向に向いたラケット面が自然なスイングによって出来るようにすべきなのです。 まずは、3種類のサーブを打つための基本事項を知っておきましょう。 それで上体がまっすぐ保たれます。 しかし、前傾姿勢だとインパクト時に下半身からのエネルギーを伝わらず、弱いボールになってしまいます。 フォアハンド、バックハンドの2つの打ち方をマスターして、基本を固めましょう。

>

テニスサーブの3種類(フラット、スピン、スライス)の打ち方、特徴【動画有】

スポンサーリンク どんなサーブが効果的? たとえば、早いけど、コースが甘いサーブはあまり効果的ではありません。 そしてサーブにおいて最も重要なトスを習得するということは、入らないという悩みも解消されるということです。 手でラケットを引く=手でラケットをスイングすることになるので、先に解説した身体の使い方や打点が破綻しやすくなることは明らかです。 サーブが入らない原因 — 神頼みのサーブは入りません サーブがどのような動作で行うべきかを知らない みなさん、サーブはどのような動作で行っているかご存知ですか? やぎは偉い学者さんでもありませんから「ざっくり」としか知りませんが、そもそもサーブが入らない原因は、 サーブの構造が分かっていないから なんです。 これが初心者の方ですと、トスの位置を変えることにちゅうちょしてしまったり、あるいはこれまでと同じトスの位置でスイングしてしまい、うまく振り抜く方向を変えられなかったりしてしまいます。 しかし、初心者でも基本のフォームさえできれば、マスターしやすいと言えます。 指先から肩までを1本の棒のようにイメージして肩を支点にするといいでしょう。

>

【2020年版】テニス初心者はサーブに悩む?「入らない」フォームはトスで改善

スライスサーブ、フラットサーブ、スピンサーブ、など回転がかかっています。 話はそこから始まります。 そのため、まずは、 ボールを打ち返すという動作に慣れるというのが何よりも大切です。 トスを安定させるコツは「手首を使わずに腕全体で上げる」ことです。 サーブ練習では、正しい動作でボールを打てるように、ビデオで撮影して動画で振り返りをするようにしましょう。

>

ソフトテニス初心者必見!基礎的な練習方法を徹底解説【サーブやレシーブなど】

トスが後ろに上がり、打点が重心よりも後ろ側になると大きなロスになってしまうのです。 早い段階でラケット面が上を向き、エッジからボールがいかずに、ラケット面とボールが当たりすぎてしまいます。 これまでと違う打ち方なので、失敗を恐れずに思い切ってトライしましょう! さらに鋭いスライスサーブを打ちたい方は、下のリンク記事も御覧ください。 ラケット使って、あの四角の枠に入れてって・・・ テニス初めたての初心者さんからしたら、サーブはやべぇ難しいことがご理解いただけるかと思います。 それはサービスライン付近からサーブを打つことです。 4、持ち方はコンチネンタルグリップ サーブを打つときのグリップはコンチネンタル(包丁持ち)にしましょう。

>

テニスコーチが教える! 初心者上達方法 サーブ編

ヒザをつく事によって、普段よりも打点が低くなり、サーブを入れる事が難しくなります。 イースタングリップは、肘や肩の可動域が大きくなるグリップのため、ウエスタングリップなどと比較しても楽にテイクバックが大きく取れます。 安心してください。 打点からフォロースルーでは、自然とプロネーションが終わり親指から左体側に向けて返っていきます。 「な~んだ2回もあるじゃん」なんて思うのは、はじめだけ。 サーブが安定する5つのポイント 1. ですが、スピンサーブは 左右に動きません。

>

【保存版】テニスのサーブの打ち方(フォーム)

このサーブは「難しい」と思わせてしまうには理由があります。 サーブを打つときは包丁を握るようにラケットを握る この握り方をコンチネンタルグリップと呼びます。 実は日本ではまだあまり知られていないのですが、海外でトップクラスの栄養補助食品があります。 この簡単そうに見えるトスアップが実はサーブを成功させる大きなポイントなります。 ラケットが直線的にボールに向かっていきます サーブを打つ時のラケットの握り方は、球種を問わずに下の画像のようなコンチネンタルグリップが打ちやすく、おススメです。 ちなみにサーブアップはこちらです! 価格も安いし、持ち運びも便利なので、真剣にサーブを練習したい! そんなやる気満々の人は是非購入してください! まとめ• トスを失敗すると、いいサーブは打てません。

>