学校 保健 統計 調査。 兵庫県/令和元年度学校保健統計調査結果

群馬県統計情報提供システム

裸眼視力• 統計表(令和元年度学校保健統計(学校保健統計調査報告書)「発育と健康」に掲載). 21ポイント下回っている。 裸眼視力1. 0未満の者の割合(年次推移) 注)高等学校はメガネやコンタクトレンズで視力矯正をして測定しているため、裸眼視力の調査データが無いかデータが少なく秘匿対象となっている年度が複数存在するため、年次推移グラフは掲載していない。 各階層内で、調査実施校を単純無作為抽出する。 (14)その他の疾病・異常• 本報告書の記号は次のように使う。 耳鼻咽(いん)頭疾患・皮膚疾患の有無• 調査系統は、次のとおりである。 (記入例) メモ欄: 令和2年7月実施 添付の記入例のPDFもご参考いただければ幸いです。

>

オンライン調査システム:文部科学省

調査の目的 学校における幼児、児童及び生徒(以下「児童等」という。 児童等の健康状態(栄養状態、脊柱・胸郭・四肢の状態、視力、聴力、眼の疾病・異常の有無、耳鼻咽頭疾患・皮膚疾患の有無、歯及び口腔の疾病・異常の有無、結核の有無及び結核に関する検診の結果、心臓の疾病・異常の有無、尿、その他の疾病・異常の有無) 4. 50音から探す• 裸眼視力 「裸眼視力1. 年齢は、平成31年4月1日現在の満年齢である。 電子調査票の「メモ欄」に健康診断実施時期(実施月)をご記入いただきますよう、ご協力をお願いいたします。 児童等の発育状態(身長および体重)• 兵庫県の割当学校数を層の数で割り、1層あたりの割当学校数を求める。 口腔咽喉頭疾患・異常の者 口腔咽喉頭疾患・異常の者。 。 その他の疾病・異常の者 上記以外の歯・口腔の疾患・異常のある者。

>

兵庫県/令和元年度学校保健統計調査結果

その他の皮膚疾患の者 伝染性皮膚疾患,毛髪疾患等上記以外の皮膚疾患と判定された者。 鼻・副鼻腔疾患の者 鼻・副鼻腔疾患・異常の者。 6%となっており、幼稚園では平成18年度以降過去最低となっているが、中学校は過去最高となっている。 調査実施校と調査対象者の抽出方法 この調査における標本抽出の方法は、発育状態調査は層化二段無作為抽出法、健康状態調査は層化集落抽出法である。 その他の疾病・異常の有無 4. 群馬県統計情報提供システム - 学校保健統計調査 学校保健統計調査 概要 学校保健統計調査は、学校における幼児、児童及び生徒の発育及び健康の状態を明らかにすることで、学校保健行政上必要な法規の作成や施策を検討・立案するための基礎資料を得ることを目的としています。 調査の報告義務者は、調査実施校の長とする。 統計データを探す• )とする。

>

兵庫県/令和元年度学校保健統計調査結果

お問合せの際は、オンライン調査質問フォームをご活用いただくとスムーズです。 歯肉の状態の者 歯肉に炎症があり,専門医による診断が必要とされた者。 耳疾患の者 難聴以外の耳疾患・異常の者。 詳しくはをご確認ください。 脊(せき)柱・胸郭・四肢の状態• 結核に関する検診の結果及び結核の有無• 年齢別 体重の平均値 (男子) (女子) 大阪府の平均値と都道府県別順位 2 肥満傾向児及び痩身傾向児の出現率 肥満傾向児 肥満傾向児の出現率は、男子は9歳、10歳、15歳及び17歳を除くすべての年齢、女子は5歳、6歳、11歳及び14歳を除くすべての年齢で全国平均値を下回っている。 調査項目の説明 (1)栄養状態 オージオメータを使用して検査をした場合,1,000ヘルツ(低い音)において30デシベル又は4,000ヘルツ(高い音)において25デシベル相当の音(両方の音又はどちらか片方の音)が聴取できない者 片方の耳のみが異常の者は含まず,両耳とも異常の者を計上 (6)耳鼻咽頭疾患• 差が最も小さいのは高校3年生(17歳)で、全国9. アトピー性皮膚炎の者 アトピー性皮膚炎と判定された者。

>

令和元年度茨城県の児童・生徒の体格と疾病(学校保健統計調査結果報告書)/茨城県

統計課 人口社会係• 歯及び口腔の疾病・異常の有無• 高等学校の学校総数及び児童等総数には通信制は含まれていない。 令和元年度 大阪の学校保健統計調査報告 調査結果の概要 1 発育状態 身長 全国と比較すると、年齢層によりばらつきはあるが、男子はやや低い傾向があり、女子はやや高い傾向がある。 児童等総数には、小学校で義務教育学校の第1~6学年の児童数が、中学校で中等教育学校の前期課程及び義務教育学校の7~9学年の生徒数が、高等学校で中等教育学校の後期課程の生徒数がそれぞれ含まれている。 お問い合わせ• この報告書に掲載した数値は,いずれも概数であり,後日文部科学省が公表する「令和元年度学校保健統計調査報告書」の数値が確定値となる。 3.オンライン調査システムの使用手引 オンライン調査システムの使用手引は、「学校保健統計調査の手引」に掲載していますので、そちらをご覧ください。 例えば慢性副鼻腔炎(蓄のう症),慢性的症状の鼻炎,鼻ポリープ,鼻中隔彎曲,アレルギー性鼻炎(花粉症等)等の疾患・異常と判定された者。 「-」……該当者がいない場合 「0. (連絡先) 電話番号: 050-5371-8226 FAX番号: 050-3397-3619 E-Mail:. 痩身傾向児の出現率 男子 女子 3 健康状態 裸眼視力 「裸眼視力1. 文部科学大臣-県知事-調査実施校の長 5. むし歯(う歯) 処置完了者を含む 「むし歯 う歯 」の者の割合は、幼稚園28. 健康状態調査については対象校の全生徒について、発育状態調査については抽出された学校から系統抽出により児童等を抽出する。

>

学校保健統計調査 | 総合政策部情報統計局統計課

)を学校種別にみると、平成6~7年度以降はどの学校種別でも減少傾向にある。 0未満の者」の割合は、年齢が進むにつれて高くなっている。 68ポイント下回っている。 調査の範囲は、幼稚園および幼保連携型認定こども園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校及び中等教育学校のうち文部科学大臣があらかじめ指定する学校(以下「調査実施校」という。 調査事項• 利用上の注意• 通し番号順に児童生徒数を累積する。

>

学校保健統計調査 年次統計

3~8• )の発育及び健康の状態を明らかにすることを目的とする。 「*」不詳又は未集計• 「…」調査対象とならなかった場合• 体重 2 幼児,児童及び生徒の健康状態• 統計関連情報• 肥満傾向児の出現率 男子 女子 痩身傾向児 痩身傾向児の出現率は、男子は7歳、8歳、10歳から12歳、14歳及び16歳で、女子は7歳から11歳及び14歳で全国平均値を下回っている。 表中に用いた記号• 学校総数や児童等総数には、幼稚園には幼保連携型認定こども園を、小学校には義務教育学校の第1~6学年を、中学校には中等教育学校の前期課程及び義務教育学校の第7~9学年を、高等学校には中等教育学校の後期課程をそれぞれ含む。 ・調査対象 幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校及び幼保連携型認定こども園のうち、文部科学大臣があらかじめ指定する学校に在籍する満5歳から17歳(4月1日現在)までの幼児、児童及び生徒 ・ 調査期日 学校保健安全法による健康診断の結果に基づき、毎年4月1日から6月30 日の間に実施 ・調査項目 1 児童及び生徒の発育状態 児童・生徒の身長・体重について 2 児童及び生徒の健康状態 児童・生徒の栄養状態、脊柱・胸郭・四肢の状態、裸眼視力、眼の疾病・異常、難聴、耳鼻咽(いん)頭疾患・皮膚疾患、結核に関する検診、結核、心電図異常、心臓、蛋白検出、尿糖検出、その他の疾病・異常(ぜん息、腎臓疾患、言語障害、その他の異常)について ・利用状況 調査結果は、子供の現況を表すデータとして子供の育成支援施策の検討に用いられているほか、学校における食育や歯磨き指導等の教育活動などに活用されてます。 処置歯数 う歯を充填,補綴(金冠,継続歯,架工義歯の支台歯等)によって歯の機能を営むことができると認められる状態の永久歯の本数。 本システムは ID、確認コードによる認証や、送受信時の自動暗号化機能により、高いレベルの秘密の保護を実現しています。 0 ・Microsoft Edge 42(Windows 10での使用に限る) ・Safari 13. 学校総数算出の際、中等教育学校は中学校と高等学校の両方に、義務教育学校は小学校と中学校の両方に計上している。

>