情報 セキュリティ 基本 方針。 情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティにおける基本方針とは? 考え方と作り方を解説

保有個人データの開示および訂正・追加または削除についての手続き• 本ガイドラインおよび「SECURITY ACTION」制度の活用によって、ITを利活用している中小企業が情報セキュリティ対策に取り組み、経済社会全体のサイバーリスク低減につながることを期待しています。 開示等の求めに際して提出すべき書面の様式その他の開示等の求めの方法 別ページの「」をご覧下さい。 セキュリティ確保のための外来者・来訪者および来訪目的等を確認し管理するため• 当社は、万一情報資産にセキュリティ上の問題が発生しても、その原因を迅速に究明し、その被害を最小限に止めるとともに再発防止に努めます。 当社が取り扱う製品・サービス・ソリューション等の情報提供(ダイレクトメールの発送、セミナー・イベント等のご案内) 当社とのお取引に伴い当社が保有することとなった個人情報のご本人に対して、個別に事前にご了解を得た上で、および当社のWebサイトより情報提供に関するお申し込みをされたご本人に対して、当社が取り扱う製品・サービス・ソリューション等の情報提供を目的としてダイレクトメールの発送やメールマガジンの発行を行ないます。 また、それぞれの管理責任を持つ関係者の個人情報を識別します。 2.情報セキュリティの構築・維持・継続的改善 当社は、ISO27001に適合した情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を構築し、PDCAサイクルを実践することによりISMSを維持し、継続的な改善を実施します。 契約の締結• )が高度な学術研究活動、教育活動、社会貢献活動、業務運営等を安定的かつ効率的に展開するためには、電子情報が持つ情報セキュリティ上の脆弱性を十分認識し、情報セキュリティを確保するとともに、それを実行するための情報システムの整備が不可欠である。

>

情報セキュリティ基本方針

さらに、従業員全員がセキュリティに対する高い意識をもって行動することで、お客さまとの信頼関係を維持し、当社の事業目的の完遂・発展に尽力していかなければなりません。 当社は、これらのリスクから情報資産を保護することの重要性を認識し、役員、従業員や協力会社社員など当社が取り扱う情報資産に関るすべての者を対象とした情報セキュリティ基本方針を定め、情報資産に要求される機密性・完全性・可用性を維持する活動を実践します。 平成14年4月1日制定 平成28年1月19日改定 情報セキュリティ委員会. 更に、当社役員を中心とした全社における情報セキュリティ管理体制を確立し、これを着実に実施する。 事業活動の実施に伴って取り扱うお客様の情報、取引先の情報、及び 従業員の情報を守る最重要な情報試算として認識し、 これを守るために、社内に 情報セキュリティマネジメントシステムを確立し、運用し、見直し、維持及び 改善します。 形だけ基本方針を作っても、実務レベルには反映されず、形骸化してしまうことも少なくありません。 当社は、情報セキュリティ管理体制を確立し、情報資産の適切な管理に努めます。 ご本人の同意がある場合(特定個人情報を除く)• 企業集団における業務の適正化確保 当社は、前第1項から第5項に従い、当社及び当社グループ会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制の構築に努める。

>

情報セキュリティ基本方針

)の定めるところにより、以下の対策を行う。 (方針) 第2条 本学においては、前条の目的を達するため、京都大学の情報セキュリティ対策に関する規程(平成15年達示43号。 管理体制 私たちは、本方針にしたがって情報セキュリティに関する活動を継続的に改善、実施していくため、責任と権限を明確に認識し、各部門で情報セキュリティ管理体制を構築します。 92a版は、2002年の作成から12年以上を経過して今なお、JNSAの公開サイトへのアクセスが毎月 1000件を超えており、改訂の要望が多く寄せられています。 教育・訓練 当社は、当社役員及び従業員へ情報セキュリティの意識向上を図るとともに、情報セキュリティに関する教育・訓練を行う。

>

情報セキュリティ基本方針群

委託先については、情報セキュリティおよび個人情報保護に関する管理水準を評価し、必要な安全対策を実施している企業を選定し、適切に管理・監督を行ないます。 当社は、取り扱う個人情報に関するご本人からの苦情、相談等に対して窓口を常設し、適切に対応いたします。 統計的なデータとして個人を識別できない状態に加工した場合• VI.クッキー(Cookie)について 当ウェブサイトはクッキー(Cookie)を使用しています。 また、情報の保護を企業活動のひとつと捉え、情報の適切な取扱いおよび安全管理に取組むことが重要な社会的責任であると認識しております。 当社は、取り扱う個人情報を厳正な管理の下で保管し、取扱う個人情報の漏えい、滅失またはき損などに対して、適切な予防ならびに是正措置を実施いたします。

>

京都大学における情報セキュリティの基本方針

一般的には情報セキュリティに関する基本的な考え方、基本方針、運用体制、運用規定、対策基準などを内容に含みます。 まず自社の基本方針を確認してみましょう いかがでしたか? 今回の 記事で紹介した基本方針のあり方や考え方は、一例に過ぎません。 重点テーマ:情報セキュリティ 情報セキュリティ基本方針 『DNPグループは、人と社会をつなぎ、新しい価値を提供する。 当社は、法令、情報セキュリティに関する各種公的ガイドラインや標準に基づいて、具体的施策を社内諸規程などに明文化のうえ実践するものとし、かつ継続的改善を図ります。 場合によっては、基本方針だけ、または基本方針と対策基準だけを情報セキュリティポリシーと呼ぶこともあります。

>

情報セキュリティ基本方針

あらかじめご了解下さい。 当社の採用活動に関して、円滑な手続きを行うためのご連絡やご対応、資料送付等のため• コンピュータ・ネットワーク用のハードウェア・ソフトウェアおよび付帯製品の販売業務• また、ISMSの確実な運用並びに情報セキュリティに対する意識向上のため、従業者に対して定期的に情報セキュリティ教育を実施します。 「実施手順」は、更に詳細な手順をまとめたもので、いわゆる マニュアルにあたります。 その他前各号に付帯する一切の業務 利用目的• データセンターの運用管理業務(ハウジング、アウトソーシング)• さらに、情報セキュリティポリシーを的確に運用することで、従業員のセキュリティへの意識づけにもなるために重要視されています。 当社が主催・共催・後援するセミナー・イベント等への参加申込者に対するご連絡、受講事務手続き、およびセミナー・イベント実施結果の分析・統計、事後の改善のため• また、当社が取得した個人情報、お客様から受託した個人情報はすべて同意を得た目的・利用範囲内でのみ適切に利用、提供、保管、委託管理を行い、利用目的終了後は適切に廃棄または返却を行います。

>

情報セキュリティ方針:株式会社日立システムズ

他の業者から業務の委託または個人情報および特定個人情報の処理の委託を受けた場合、当該受託業務を適切に遂行するため• ついては、この責任を果たしていくために情報セキュリティ基本方針を定め、CTCグループの全ての役職員は、本方針に従って情報の適切な取扱い・管理・保護・維持に努めてまいります。 92a版を元に改訂作業を行い、情報セキュリティポリシーサンプル1. 情報セキュリティ基本方針は、しっかりと自分たちで考えて作ることが重要です。 改訂のポイントは、専門用語の使用を可能な限り避け、ITに詳しくない中小企業等の経営者にとって理解しやすい表現としたことです。 被害発生可能性は「脅威の起こりやすさ」「脆弱性のつけ込みやすさ」の2種類の値を基に算出します。 1版掲載 2016年12月12日 ガイドライン本編、付録2:5分でできる!情報セキュリティ自社診断の更新 2016年12月2日 付録2:5分でできる!情報セキュリティ自社診断パンフレットの公開 2016年11月30日 付録3:ツールB ポリシーサンプルの公開 2016年11月25日 付録1:情報セキュリティ5か条の更新 2016年11月18日 付録3:ツールA リスク分析シートの更新 2016年11月16日 アンケートページへのリンク追加 2016年11月15日 中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン第2版掲載. ・ステップ2 リスク値の算定 リスク値を算出して、セキュリティ対策が必要な情報資産を把握します。 また、クラウドサービスを安全に利用するための留意事項やチェック項目を記し、付録として新たに「中小企業のためのクラウドサービス安全利用の手引き」を追加しました。 1版・第2版対照表、 ガイドライン説明資料の公開 2017年5月10日 ガイドライン本編、 付録2:5分でできる!情報セキュリティ自社診断、情報セキュリティハンドブックひな形、 付録3:ツールA リスク分析シート、ツールB ポリシーサンプルの更新 2017年1月24日 中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン第2. ・ステップ1 情報資産管理台帳を作成する ど のような情報資産があるか洗い出して重要度を判断します。

>

京都大学における情報セキュリティの基本方針

3.情報資産の管理 当社が保有する情報資産に対し、機密性・完全性・可用性の観点からリスクアセスメントを実施し、セキュリティリスクを明確にした上で適切な管理策を講じます。 当社は、当社の事業のために利用するすべての個人情報の保護と適切な管理のために、情報セキュリティ・個人情報保護マネジメントシステムを定め、役職員に周知・徹底するほか、これを定期的に見直し、継続的に改善を行います。 この責任を果たして行くために個人情報保護方針を定め、当社の役員および従業員は、この方針に従って、個人情報の適切な取り扱い・管理・ 維持に努めてまいります。 入社までの過程において緊急時の連絡をとるため• その他通常の会社運営を行なうにあたり、物品の購入、作業の受委託、金融取引等を実施するため II.当社が取り扱う保有個人データ(JISでは開示対象個人情報)に関する事項(保護法第27条1項関連、JIS3. ただし、次のいずれかに該当する場合には、その限りではありません。 事故発生予防と発生時の対応 当社は、情報セキュリティ事故の防止に努めるとともに、万一、事故が発生した場合には、再発防止策を含む適切な対策を速やかに講じる。

>