レバレジーズ インターン。 レバレジーズの面接で落ちた!不採用になったら見直したいポイント

内定者に聞く、レバレジーズに就職を決めたワケ

例え、レバレジーズ株式会社に入社したとしても決して会社に依存しようとは考えていません。 現在は、自分の周囲の人という狭い範囲ではありますが、取り組んでいます。 社長の岩槻も家業の倒産を経験し、その原体験から今のビジネスをしているという話を聞いて、 自分との共通点が多く、ここでなら自分も成長できるのではないかと強く感じました。 「若い頃から多くを任され、バリバリ仕事をして力をつけられる環境=成長環境」として重要視したうえで自分なりに噛み砕いて考えたとき、成長するには特に「マネジメント力」が重要だと感じたんです。 やってみたいと新規事業の立ち上げに手を挙げたら、すぐに任せてもらえた話。 人材紹介会社の中でも医療とITの分野に特化し成長を続けているような御社のような環境に身を置いて、自分自身も成長していきたいと思い志望させていただきました。 会社としての成長性を軸にしていた理由については、成長企業の方が、新卒のうちから裁量をもって働けると考えたからです。

>

レバレジーズサマーインターン

ただアイデアや意見を提示して終わるのではなく、事業やサービスを立ち上げるところまでの実行力をつけ、 成長できる環境を望んでいました。 やるしかなかったから不安はありませんでしたが、全部が辛かったですね(笑)気付いたらメディア創り、広告、広報、数値管理、データ分析等すべて出来るようになっていました。 しかし、私はそこで諦めることなく、そのプログラムに合格した人たちに負けないように常に一つ高いレベルの勉強や経験をしました。 根本的に仕事(部活)が好きだからこそ、熱中できたり没頭できたりするし、自然と結果も出る。 レバレジーズの社員は、本当にいろんな個性の人がいます。 どんな仕事をしているのか、何か不便を感じていることはあるか、どんなものがあれば喜ぶか。 大手企業に行く決断をするとしても、ベンチャー企業のことも知ってから決断したかった。

>

【レバレジーズインターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

誰かの成長を担うことは、 その人の人生を担うこと 入社後はアルバイト情報を掲載する『バイトーク』の運営をはじめ、 中途採用の責任者を任せてもらったり、経営企画に携わったり。 3年生1月:様々な就活サービスに登録しまくる• 活躍していた同期と自分を比べてみたところ、同期は下級生の頃から当事者意識を持って練習に臨み、チームのためにできることを考え抜いていた一方、僕はずっと与えられたことだけをこなしていたんです。 大学在学中に公認会計士の資格を取得して以後、監査法人、外資系証券会社、コンサルティングファーム、スタートアップ。 事業創造のほか、既存事業の経営戦略立案、採用責任者、コーポレートブランドマネジメントなど、レバレジーズの成長を全方位から牽引する。 面接・面談実施について ・原則オンラインで実施いたします。 誰よりも顧客に真摯に向き合い、誰よりも顧客に対しての施策を打った結果でしょうね。 また、学生時代に取り組んだキャプテンの経験から、マネジメントスキルも身に着けたいと考えています。

>

【レバレジーズインターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

執行役員や元戦略コンサルタントから、立案した事業戦略についてフィードバックもありますので、本格的な学びを得ることができます。 その中で、レバレジーズが一番「新卒に任せるカルチャー」が強いと実感し、また社員の雰囲気が自身に合うなと思い、最終的に入社を決断しました。 就活エージェントを利用しながら、当初大手企業も視野に入れていましたが、自分にとっての挑戦を考えた際に「経験できる職種の豊富さ」と「マネジメント層につけるスピード」の2点を考慮して「やっぱりベンチャー企業だな」と実感したので、ベンチャー企業を中心に受けて行きました。 私はメンバーみんなが楽しんで成長を感じられるアイセックを創りたいと思い、人材管理統括を担当しました。 フラットな組織 個人の活躍よりもチームや事業での活躍に重きを置いています。 そこで今回は、2020年度営業職として新卒採用された2名にインタビュー。

>

【内定者日記】僕がレバレジーズ株式会社を選んだ理由

西原:1番頑張ったことはアメフト部での活動です。 そんなシンプルで本質的な考えに共感しました。 アメリカンフットボール部に所属。 私がなぜそこまで海外の大学で学ぶことにこだわったのかというと高校2年生の時に参加した語学研修での経験があったからです。 今は全社に対して、新事業の創造や、既存事業のグロース、人事、コーポレイトのブランドマネジメントなど、幅広い役割を持ってます。 監修者プロフィール 吉川 智也(よしかわ・ともや) 1988年北海道生まれ。

>

就活相談にのるので、【22卒】長期インターンしてた学生!サポートします🚩

将来的にはマネジメント経験も積めるようになっていきたいと思っています。 エントリーが早いと、特典としてESの提出が免除になりますので、選考スケジュールは入念に確認しておきましょう。 そのためにもまずは、既存領域の強化を図っていきます。 ITやエンジニアの世界は、技術などの変化スピードがとても早いです。 「teratail」は、レバレジーズが運営するエンジニア問題解決プラットフォームです。 自己分析はこのような記事を参考にしました。 そんな時、新事業を次々と立ち上げ、成長の一途をたどっている企業として知ったのが、レバレジーズ。

>

就活相談にのるので、【22卒】長期インターンしてた学生!サポートします🚩

My analyticsでサクッと自己分析をして、万全の準備を整え、内定への最短距離を走りましょう。 そのときに感じた少しの違和感がきっかけで、ベンチャー企業も見てみようと思うようになったんですよね。 3年生3月:レバレジーズ株式会社に出会う 「irodas」という就活支援団体を通して、レバレジーズ株式会社の選考をスタートしました。 レバレジーズならではの事業創造のDNAで、社会に価値を還元したいという想いがあります。 選考には直接関係なくとも、その経験を就職活動に役立てることが可能です。

>

就活相談にのるので、【22卒】長期インターンしてた学生!サポートします🚩

第6ターム: 9月25日 金 — 27日 日• でも上場どうこうではなく根本的に日本を救う、日本を支える企業を創りたいんです。 3年生6月:株式会社MKGでインターン• そこで、学年が上がり私も新入生の勧誘に携わる立場になったとき、私たちのサークルだからこそ提供できることは何かをまず考えました。 だから特定の情報について知っている人と知らない人を結びつけてあげる。 私自身が挑戦し成長し続けることで「自身も、他者の可能性」も広げていくことができると考えました。 西原:「目線を高く持つことの重要性」と「凡事徹底の重要性」です。

>