山口 百恵 横須賀 ストーリー。 『「横須賀ストーリー」の舞台~山口百恵さんゆかりの地等を散策~』横須賀(神奈川県)の旅行記・ブログ by Antonioさん【フォートラベル】

横須賀ストーリー 山口百恵 歌詞情報

でも聞いたときには、ものすごく僕が作ったときの子供が成長したっていう感じでね、とってもうれしかったですね。 にはによって、『』でされた。 あの、、、「もんた&ブラザーズ」っているでしょう?あの「ダンシング・オール・ナイト」っていう曲があるでしょう?あれがすごく好きでねー。 【参考】 「川瀬本」にこんな記述がありました。 この時百恵ちゃんは15歳か16歳。 急な坂道、山間から見える水平線、船。

>

横須賀ストーリー

編曲はが手掛けた。 その街のことなら3人とも知り尽くしていた。 10 プロフィール. 芸能界仲間とかに「これいいよ」ってもらったり、借りたり。 京急電鉄を利用すると主要な駅では、電車が近づいてくると、歌謡曲のメロディが流れてきます。 ま、残念ながらちょっと時期を待つしかないな、、、なー 笑 んていう感じです。

>

横須賀ストーリー (アルバム)

なんですか、こう、ねぇ、すごい 笑 「歌うコンピューター」なんて言われてしまって、ちょっと照れ臭いんですけど。 宇崎竜童、阿木燿子、そして山口百恵。 「愛の暮色」 作詞: 千家和也、作曲: 三木たかし 注記を除く 高田弘 4:34 6. この後も暫くこのコンビでの曲が続くわけですが、私自身もどちらかというとそれ以前の曲の方が好きでした。 1980年10月、21歳の若さで引退した百恵は、一貫して芸能界とは距離を置いており…35年が経った今でも原則メディア出演はしていない。 以降、まるで堰(せき)を切ったように宇崎と阿木のコンビによる作品が百恵の歌手人生にヒットをもたらすこととなる。 宇崎さんが百恵ちゃんの中に感じ取って引き出したという。

>

『「横須賀ストーリー」の舞台~山口百恵さんゆかりの地等を散策~』横須賀(神奈川県)の旅行記・ブログ by Antonioさん【フォートラベル】

GAME IS OVER• 本作の直前に阿木・宇崎コンビからアルバム『』でいくつか初めて楽曲提供を受けていたが、「横須賀ストーリー」のみがアルバム曲から外されシングルに回された、という経緯がある。 山口百恵さんがすごいのは、幅広い年齢層に人気があった点だと思います。 でも、この歌によって初めてあの、例えばね「歌は理屈で歌うものじゃないんだ」とか、それまでほんとに言葉とか頭の中だけではわかってたんですけれども、ほんとに身をもってわからされた曲と言ってもいいんじゃないかなっていう気がするんです。 横須賀の若い子たち。 ロックバンドのリーダー宇崎にとって、百恵は遥か遠くにいた少女だった。

>

横須賀ストーリー (アルバム)

) まずはオープニングのお話から(全文ではありません) (ラジオの百恵ちゃんトーク) 最近、あたしがよく聴いている曲。 あらかじめご了承くださいませ。 タイトル 作詞 作曲・編曲 時間 1. これぞミュージシャン。 シングル「」が自己最大セールスを記録したこともあり、本作より本格的に両名による制作が始まった。 「それでも明日が…」 注記を除く 船山基紀 2:53 5. 横須賀ストーリー (ライブ音源)• 横須賀にしかない風景。 坂を上れば海が見え…阿木が書いた歌の言葉は、百恵が記憶している風景そのままだった。

>

山口百恵 横須賀ストーリー 歌詞&動画視聴

「その頃僕は27歳くらいでしたから、16〜17歳なんてね…凄い遠い存在だったから、子供が歌ってるんだなぁとしか思ってなかったですね。 そうしましたらね、やっぱりその当時は「暴走族」とか、ちょっと「ツッパリ」っていうイメージを、宇崎さんたちからすごく感じられてた部分もあって、まあ、、、当時、自分の口から言うのもなんですが、「清純派」の、ええ 笑 、片隅に置かれていた山口百恵としては、やはりそういったイメージっていうのはどうなんだろうかってスタッフも疑問に思って。 とにかく、初めて「あっ、自分の歌だ」そんな気がしたんですよね。 アルバムを聴けないのが、今の、目下のところの、一番の、「不満」なんですよねー。 大ヒット曲「ダンシング・オール・ナイト」は百恵ちゃんのお気に入りソング• ヘビロテするくらいハマってる。 歌手: 作詞: 作曲: これっきり これっきり もうこれっきりですか これっきり これっきり もうこれっきりですか 街の灯りが映し出す あなたの中の見知らぬ人 私は少し遅れながら あなたの後ろ 歩いていました これっきり これっきり もうこれっきりですか これっきり これっきり もうこれっきりですか 急な坂道 駆けのぼったら 今も海が 見えるでしょうか ここは横須賀 話しかけても 気づかずに ちいさなアクビ重ねる人 私は熱い ミルクティーで 胸まで灼けてしまったようです これっきり これっきり もうこれっきりですか これっきり これっきり もうこれっきりですか あなたの心 横切ったなら 汐の香りまだするでしょうか ここは横須賀 一緒にいても心だけ ひとり勝手に 旅立つ人 私はいつも置いてきぼり あなたに今日は聞きたいのです これっきり これっきり もうこれっきりですか これっきり これっきり もうこれっきりですか そう言いながら 今日も私は 波のように抱かれるのでしょう ここは横須賀. 二人の橋渡しをしたのは、音楽プロデューサーの酒井政利だった。 『』には「初日演奏バージョン」が追加収録されている• その中に「涙のシークレット・ラブ」っていう歌が入ってまして。

>