東海 北陸 自動車 道 通行止め。 東海環状道・東海北陸道、R41通行止めで代替路(無料)措置

リアルタイム交通情報

) 下記より天候や予報をご確認のうえ、走られたほうがよろしいかと存知ます。 上空5000メートルの寒気団が、マイナス36度以下になれば、大雪の一つの目安と聞きましたので、そのあたりの情報も役立つかもしれません。 ) 夜間通行止箇所 工事内容 トンネル内設備や土木構造物の点検・補修・清掃、付加車線設置に伴う車線切替 荒天の場合の実施判断 荒天の場合の実施判断は、実施当日の18時までにおこないます。 中日本 西日本 料金所総合安全対策について NEXCO東日本は、高速道路の走行安全性の向上を経営方針としており、お客さまにより安全にご通行いただけるよう、を実施しております。 東海北陸道も、日によっては、夜間、凍結防止剤を撒きだしていると思います。 全く雪道を走ったことがない人とは少し判断が違いますし、スタッドレスは無くても、チェーンは常に持ってます。 0mを超える車は通行できません。

>

リアルタイム交通情報

投稿ナビゲーション. また、幅3. 道路交通法により走行中のドライバーによる携帯電話の使用は禁止されています。 高速道路に積雪があると不慣れなドライバーの事故が多発します。 道路交通情報は、北陸道の渋滞情報や通行止め・事故などの道路交通情報を地図で見ることができます。 なお、夜間通行止めの実施状況は、WEBサイト「i Highway(アイハイウェイ) 中日本」などでご確認のうえ、お出かけいただきますようお願いいたします。 銀行(ATM) スポンサードリンク. それと、今からのシーズンであれば、山の中を突き抜けて行く東海北陸道はいつ雪が降ってもおかしくないでしょう。 基本的に山間部と海岸線付近では、海岸線の方が気温が高いです。 (5)問い合わせ先 NEXCO中日本お客さまセンター(24時間対応)TEL 0120-922-229(フリーダイヤル) フリーダイヤルをご利用できない場合 TEL 052-223-0333(通話料金は有料) 詳細は、ください。

>

東海北陸自動車道 路線図/渋滞情報/料金

交通量もこっちの方が多いので、万一多少雪が散らついても、路面に積もりにくいです。 直進5分位で県道58号線に入る交差点が見えます。 特に五箇山や白川郷に用事が無いのでしたら、北陸自動車道経由をお勧めします。 ちなみに、私は、今は名古屋の郊外に住んでますが、昔は東海北陸自動車道のちょうど真ん中、一番雪深い白鳥ICと高鷲ICの間に住んでましたので、スタッドレスがなくても雪が降ればどのように対処するか、どの道を通れば安全かは、有る程度知っているつもりです。 ご協力ありがとうございました。

>

北陸自動車道と東海北陸自動車道はどちらの方が走りやすいですか...

西日本高速道路株式会社の道路交通情報サイトです。 ただ、途中の寄り道や、景色、などを考えると東海北陸自動車道が楽しいですね。 EVスポットでは、電気自動車をご利用いただいている方、また充電施設を運営されている方に便利な 情報をお届けしております。 《レスポンス編集部》. 冬季に通られる場合は気を付けてください。 機種によりご使用になれない場合、または一部機能が制限される場合があります。 トヨタプリウスPHVは、100v・200vのみ対応。 多分、今の天気予報なら、凍結も積雪も心配ないと考えます。

>

東海環状道・東海北陸道、R41通行止めで代替路(無料)措置

道路交通情報や工事に関する情報の確認方法 【工事規制の予定】 【リアルタイムの道路交通情報】 日本道路交通情報センター TEL:050-3369-6666(携帯短縮ダイヤル「 8011」) お問い合わせ先 ・NEXCO中日本お客さまセンター (24時間365日対応) TEL:0120-922-229 (フリーダイヤル) TEL:052-223-0333 (フリーダイヤルがご利用になれないお客さま/通話料有料) 参考資料:• 補足に対して 現時点での天気予報を信じるならば、どのように行っても問題は無いと思います。 先に金沢であれば北陸道をオススメします。 中止・延期の場合がありますので、お出かけ前にをご確認ください。 しかし、楽に走れるのは、北陸自動車道ですね。 「iHighway交通情報」がご利用いただけます。 ガソリンスタンド• 無料で利用できる施設、利用料を徴収する施設、また会員限定の有料施設等があります。 apply arguments,[0] ;return a. PC Android iPhone・iPad 冬の出張、当日は通行止めも考慮 時間も早めに、国道経由のつもりで準備します。

>

東海環状道・東海北陸道、R41通行止めで代替路(無料)措置

例えば、名古屋や東京では、20センチも雪が積もれば「大雪」で、警報が出たり、交通がマヒしたりしますが、普段から雪の多い場所 東海北陸道が通る高山市など では、50センチくらいの積雪なら何の支障も出ないのと同じです。 スタッドレスタイヤを履く気がないのであれば、東海北陸道について、北陸に向かわれる12月初旬についてはちょっとわかりませんが、白川村や南砺市の山間部など積雪のある地域を通るので、まだ、北陸道の方がいいように思えます。 道塞いでますので通られる方はスピードを落としてください。 出発前にでも天気予報と道路情報の確認をされた方がいいと思います。 他の回答者様も言われておられるように、ユキイロ ドット コム( 多分、今年の1/30~2/1の東海北陸道 福光~白川郷の道路状況を見られたら、冬にノーマルタイヤで東海北陸を走ることの恐ろしさが分かるものと思います。 また、最新の情報については、でも随時公開されています。

>