Axis バード スタジアム。 Axisバードスタジアム(Axis)|アクセスの基本情報と口コミ|ガイナーレ鳥取のスタジアムガイド

利用案内

午前9時〜午後5時: 500円• プレスリリース , 日本サッカー協会, 2018年9月27日 , 2018年10月18日閲覧。 表示 文字・映像 ご利用料金 1時間あたり 文字表示:1,500円 映像表示:5,000円 (営利目的の場合は金額が変わります) 【メインピッチ 天然芝 】 小年サッカー大会からJリーグ、天皇杯まで、幅広いカテゴリーに対応しております。 4月1日から3年間(年額300万円)の契約で、「 とりぎんバードスタジアム」の呼称を使用することとなり、鳥の翼を模したシンボルマークも制定された。 元々はインターハイのサッカー会場のため、収容人数3000人程度、メインスタンド以外は芝生席の予定だったが建設時期がJリーグ開幕と重なったため、Jリーグ開催規格を満たすスタジアムへと計画変更された。 2013年より設置された大型映像装置 は、バードスタジアム国際交流基金を全額取り崩した上での施設改善工事の一環 であった。 2002年(平成14年)12月22日、当時の選手だったがバードスタジアムで行われた天皇杯4回戦の試合終了後、同スタジアム内の一室にての契約書にサインし、移籍が正式に決まった。

>

鳥取市営サッカー場とは

スコアボード:(2013年3月設置)• なお度のライセンスについては、、A等級の財政面の項 に抵触し、ライセンス交付が認められない可能性があるとして、J2以上のライセンス申請は見送っている。 小・中学生、高齢者の場合: 250円 金額は1時間あたりの料金です 上記時間外の利用に関しては、お問い合わせください。 。 場内での火気の使用は原則として禁止です。 2020年1月24日に契約調印を行った。

>

鳥取市営サッカー場とは

愛称「バードスタジアム」は、所在地「鳥取」と「はばたく鳥」をイメージして命名された。 鳥取銀行は2020年の命名権契約更新時に契約更新を見送り 、鳥取市では2019年11月1日から11月29日にかけて新たな命名権者を募集。 Axisバードスタジアム 【】 【】 【】 【】 【】 Axisバードスタジアム 会議室 会議室では、研修会、講習会を始め、 様々な会議にご利用していただくことができます。 この他、路面が土のサブグラウンドが隣接しており、ガイナーレのホームゲーム開催時には専用駐車場(有料。 (インターハイ)のサッカー競技• 路上駐車は一切禁止です。 所定の駐車場に駐車てください。

>

利用案内

会議室・グラウンドお申し込みについて 【申込方法】 〇公式戦:随時受付しております。 2012年7月完成 ティフトン芝(夏芝)をベースに、秋にはライグラス(冬芝)をオーバーシードし、1年中緑の芝生でサッカーをすることができます。 〇一般利用(練習、練習試合):下記のように毎月利用調整会を行います。 外部リンク [編集 ]• お気軽にお問い合わせください。 歴史 [編集 ] (平成7年)開場。

>

12月ホームゲーム GoToイベント適用のお知らせ

収容人員:16,033人• メインスタンドには、愛称の「はばたく鳥」をイメージしてデザインされた屋根が架設されている。 収容人員はJ1基準(15,000人)を満たす16,033人収容であるが、消防条例上のキャパシティーはそれよりも実際には少なく、J1基準を満たすには更なる収容人員の増加が必要になるため、2013年度はのみしか取得することができなかったガイナーレがの助成を受けて改修するように鳥取市側に要請している。 2013年10月9日閲覧。 2010年時点の鳥取市営サッカー場。 関連する検索• 唯一のサッカー専用スタジアムである。 開催実績 [ ] ガイナーレ(および前身の)のホームゲーム以外では、以下の通りである。 また試合球も色つき(黄色)で行われた。

>

鳥取市営サッカー場とは

詳細は「」を参照 バードスタジアム国際交流基金 [編集 ] 当サッカー場の建設竣工に際して当サッカー場で行われる各種球技やイベントの開催を通して、子供たちの国際感覚醸成と世界への情報発信を目指すことを目的として、バードスタジアム国際交流基金が設立された。 施設概要 [編集 ]• 外部リンク [ ]• 「」 2002年12月22日掲載• こんにちは、広報の中村です。 この基準を充足していない場合は原則としてJリーグからの脱退処分となる。 JRより路線バス(7番乗り場)で「バードスタジアム」下車、徒歩1分• 「3期連続赤字、ないしは単年度の債務超過に陥っていないこと」が義務付けられているため。 脚注 [編集 ] []• 2002年(平成14年)12月22日、当時の選手だったがバードスタジアムで行われた天皇杯4回戦の試合終了後、同スタジアム内の一室にての契約書にサインし、移籍が正式に決まった。

>