粒 径 加 積 曲線。 Excelアドイン工房「累積度数分布図作成」

土質力学

なお、有効径は含まれている細粒分の粒径の程度を表すものであり、砂質土の透水性を反映する数値です。 c 残りの試料の全量を沈降分析用の試料とし,その質量 m 1 (g)をはかる。 試料の準備および取り扱いは、JSF T 131 に規定されている。 斜面の安定 [ ]. 強度の測定には主に、 一面せん断試験、 三軸圧縮試験、 一軸圧縮試験が用いられる。 粒径2mm以上の土粒子は水洗いを行った後、ふるい分析を行い、粒径2mm未満の土粒子は沈降分析を行った後、粒径0. f 恒温水槽 恒温水槽は,メスシリンダー内に入れた土粒子懸濁液の温度をほぼ一定に保持できるもの。 075mm以上の粗粒分の粒径:その粒子が通過できる金属製鋼ふるいの目開きの寸法。

>

Excelアドイン工房「累積度数分布図作成」

ただし,試料に目開き 75 mm のふるいに残留する岩石質材料が含 まれる場合には,その質量百分率(%)を報告することが望ましい。 A 1204 :2009 (1) 目 次 ページ 序文 1 1 適用範囲 1 2 引用規格 1 3 用語及び定義 1 4 試験方法の種類及び順序 2 4. この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に 抵触する可能性があることに注意を喚起する。 販売価格は、「 販売自動見積」を 左クリックしてください。 この区分は、国によって、また専門分野によって多少ちがっている。 間接せん断試験• 3 試料の分散 試料の分散は, JIS A 1205 によって求めた塑性指数に応じて,次のいずれかの方法で行う。 1 g,ひょう量 1 kg 以上の場合には 1 g まではかることができるもの。 7 目開き 2 mm のふるい残留分に対するふるい分析 7. 粒度とは 土を構成する土粒子の粒径の分布状態を粒度という。

>

JIS A 1204:2009 土の粒度試験方法

直接せん断試験• 伊藤教授の土質力学講座 第二章 伊藤教授の土質力学講座 [ ] 第2章 土の基本的性質および物理的性質 2. d 使用する呼び容量 1 000 mL のメスシリンダーの断面積 A(cm 2 )を 0. a 試料の最大粒径(mm) b 使用した分散剤,溶液濃度(%)及び溶液添加量(mL) c 粒径加積曲線及び粒径(mm)とその通過質量百分率(%)の関係 d 10 %粒径(mm) ,30 %粒径(mm) ,50 %粒径(mm)及び 60 %粒径(mm) e 粒径 2 mm,0. そこである粒径範囲ごとに区分して、それぞれ に名称をつけるようにしている。 たとえばUcが小さいというこ とは、UcとD 60 との範囲がせまいことを意味しており、Ucが大きくなる ほど粒径の幅が広く分布しているといえる。 075 mm の通過質量百分率(%) f 粗れき分,中れき分,細れき分,粗砂分,中砂分,細砂分,シルト分及び粘土分の質量百分率(%) g 均等係数及び曲率係数 h その他報告事項 関連規格: JIS Z 8301 規格票の様式及び作成方法. 測定中,土粒子が凝集した場合には,沈降分析をやり直す。 【土の粒径加積曲線の例】 粒度による土の一般的特徴 a. すなわち、砂や砂礫のような粗粒土で は、密度・透水性および強さなどの諸性質と粒度との間に深い関係があるが、 粘土やシルトのような細粒土では、土の構造、粒子の形状、鉱物組成および 土粒子表面の物理・化学的性質などが工学的性質に関係する主な要素であっ て、粒度そのものはあまり重要な意味を持っていない。 75 mm のふるいを通過した試料の質量をはかり,目開き 2 mm のふるいに残留し た試料の質量とする。 上から順に空気、水、土粒子。

>

粒度分析|地震・防災関連用語集

1 粒度区分 土の粒度分布は先に述べたように広い範囲におよぶものであるので、その ままでは表現上不便がある。 。 このように粒度の混合割合だけで土 を分類することを土の粒度による分類と呼んでいる。 r の読取り の経過時間 t(min)は,メスシリンダー静置後 1 分,2 分,5 分,15 分,30 分,60 分,240 分及び 1 440 分とする。 国土交通大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許 権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責 任はもたない。 2 15 時間以上放置した後,ビーカーの内容物の全量を分散装置の容器に移し,蒸留水を加えて全体で 約 700 mL にする。

>

土の粒度試験について 技術資料

5 mm,53 mm 及び 75 mm のもの。 4 作成者:早狩 進 機能: 累積度数分布図作成アドインは、AndersenAnalyzerが粒度分布を固定にしているのに対し、いろんな粒径に対応できるように改造したもので、フリーソフトである。 a 目開き 2 mm のふるい通過分から,炉乾燥質量で,砂質土系の土では 115 g 程度,粘性土系の土では 65 g 程度をとり,試料とする。 地盤内の応力と変位 [ ] 地盤の上に荷重がかかったときに、地盤内にどのようなが作用し、どれだけを生じるかを知ることは、工学上非常に重要である。 この曲腺の形状や位置から、粒度のよしあし、粗・細粒土の 別、粒度組成(混合の状況)などが一見してわかる。

>

土質力学

c 粒径加積曲線から,粒径 2 mm,0. 現場試験• b メスシリンダーを恒温水槽の中又は恒温室内に置き,メスシリンダーの内容物の温度が恒温水槽の水 温又は恒温室の室温とほぼ同じになるまで放置する。 Ver. 粒度分析 土は粘土から礫まで広範囲にわたる粒径の粒子が混じり合っています。 細粗の粒子がよく混合していて、粒径加積曲線がなだ らかなこう配(1)を示すものを粒度のよい土といい、同じ程度の大きさの粒子 を多く含んでいて、こう配(2)が急なものを粒度の悪い土という。 まず、試料を粒径により2mm以上と2mm未満の2つに分けます。 「ツール」の「マクロ」の「マクロ」で「CumulativeGraph」を実行してください。 075mm未満の細粒分の粒径:水中を降下する速度が同じである球形粒子の直径。 ただし,粒径が 0. ) バージョン情報: Ver. a 半対数グラフ用紙の対数目盛の軸に目開き d i (mm)及び浮ひょうの読みに対する粒径 d(mm)を, 算術目盛の軸に通過質量百分率 P d i 及び P d をとる。

>

土の粒度試験について 技術資料

c 浮ひょう球部の上端 1 から目盛線 1. 1 ふるい分析結果に対する粒度の計算 a 箇条 7 の結果から,目開き 2 mm のふるい以上のふるいに残留した試料の通過質量百分率は,次の式 によって算出する。 4 A 1204 :2009 k ときほぐし器具 l ゴムへら 5. d 粒径加積曲線から,次の成分の質量百分率を読み取る。 【土粒子の粒径区分と呼び名】 粒径は次の値で表す。 2 試料のふるい分け 5 8 目開き 2 mm のふるい通過分に対する沈降分析 5 8. これによって粒径から累積率を求めるスプライン関数を逆算して、累積率からその時の粒径を正確に求めることができるようになった。 土を構成する土粒子がどんな割合で混じり合っているかということを粒度といい、粒度を調べるのが粒度分析です。 2 a と同じ方 法でふるい分ける。

>