北國 新聞 社 コロナ。 発熱患者の診療体制強化 氷見市民病院、コロナとインフル同時流行に備え

新型コロナウイルスに関する主な新聞社ウェブサイトの特集ページまとめ(国内版)

澤部長は、市民病院の収支は改善傾向にあると分析しながらも、感染対策経費の増加などで、経営的には厳しい状況にあるとの認識を示した。 また、「」タグのついたニュースの一覧も掲載されています。 京都府は11月25日~12月1日の1週間平均で1日当たり641人件。 澤永貢子市民部長が萬谷大作氏(自民同志会)の質問に答えた。 前田侯爵夫妻の顔写真 1911(明治44)年 9月 北國新聞夕刊を発刊 1912(大正元)年 12月 北國新聞社屋を現在地に移転 1915(大正 4)年 6月 第1回学生相撲大会(現在の高校相撲金沢大会)金石海浜で開催 1921(大正10)年 1月 北國新聞紙齢1万号 1923(大正12)年 5月 富山県で中越附録を発行。 最近では、昭和が色濃く残る風景や看板を撮影する若者や観光客が増えたという。 武蔵町の地下飲食店街「コロナロード」に店舗を構える五つの店が、コロナ禍を堪え忍びながら営業を続けている。

>

新型コロナウイルスに関する主な新聞社ウェブサイトの特集ページまとめ(国内版)

対策に当たる自治体や医療関係者らに考えられる理由を聞いてみた。 また、グラフィックのページのうち「」やチャートの、、などは随時更新されています。 また、感染者数の推移を図やグラフにまとめた特集ページや動画ニュース、別刷り特集紙面などへのリンクも掲載されています。 人口の違いを加味して比較すると、京都府の検査数は感染拡大が著しい大阪府に比べて2分の1の割合だが、兵庫県とは同程度で必ずしも少なくはない。 複数の都道府県内のニュースについて地方単位でまとめられているサイトは、タイトルを 太字で示しています。

>

新型コロナウイルスに関する主な新聞社ウェブサイトの特集ページまとめ(国内版)

めいてつ・エムザの裏通りから金沢スカイビルの地下一階に降りると、うどん店「加登長」、日本料理店「ささはら」、喫茶店「サボテン」、洋食店「カプリ島」、喫茶店「シャコンヌ」が並んでいる。 農畜産業界の動向や農政についての情報を中心に関連記事が掲載されています。 ただ、観光客と地元住民が直接接触する機会はそれほど多くないと考えられる。 富山新聞の前身 1935(昭和10)年 4月 株式会社北國新聞社に改組 1940(昭和15)年 7月 北陸毎日新聞を合併、北國毎日新聞と改題 1941(昭和16)年 11月 北國夕刊新聞を合併 1945(昭和20)年 4月 新聞が1県1紙制となり、北國毎日新聞は朝日、毎日、読売3紙の合同委託を受けて、題字下に3社名を併記して発行 10月 全国に先がけて第1回現代美術展を開催する 1946(昭和21)年 3月 富山新聞の題字で越中新聞を復刊 1950(昭和25)年 1月 北國毎日新聞を北國新聞に復元 1951(昭和26)年 9月 夕刊北國新聞を併合し、全国各紙初の朝夕刊セット制を実施する 1954(昭和29)年 6月 北國新聞社新社屋が完成 9月 株式会社富山新聞社を吸収合併 1964(昭和39)年 2月 日曜夕刊を廃止、全国の新聞社が後に続く 1970(昭和45)年 10月 「提唱・北陸の道を無雪に」で日本新聞協会賞を受賞 1979(昭和54)年 10月 「されど海へ」で日本新聞協会賞を受賞 1981(昭和56)年 7月 コンピューター新聞制作システム「ヘリオス」が始動 1983(昭和58)年 10月 制作センターが完成し、オフセット輪転機が始動する 1984(昭和59)年 10月 コンピューター新聞制作システム「ヘリオス」に新聞協会賞 1986(昭和61)年 9月 北國がん基金の運動を提唱し、募金活動始まる 1989(平成元)年 8月 総合月刊誌「北國アクタス」創刊 1991(平成 3)年 1月 第10代社長に飛田秀一氏就任 4月 北國新聞会館が完成 1992(平成 4)年 5月 富山新聞会館が完成 1993(平成 5)年 5月 富山新聞が創刊70周年 8月 北國新聞の創刊100年記念式典 1995(平成 7)年 10月 富山新聞高岡会館完成 1996(平成 8)年 4月 (株)ラジオかなざわを創設 7月 (株)ラジオこまつ、(株)ラジオななおを創設 10月 (株)ラジオたかおかを創設 1997(平成 9)年 3月 松任別館(現白山別館)が本格稼働 1998(平成10)年 6月 「北國文華」復刊 2000(平成12)年 12月 記者組版パソコンを導入 2001(平成13)年 2月 北國新聞東京会館が完成 9月 富山新聞高岡会館別館が開館 2002(平成14)年 4月 松任別館で最新型輪転機が始動。 会社名 株式会社 北國新聞社 事業内容 日刊新聞「北國新聞」「富山新聞」、月刊誌「北國アクタス」、総合文化誌「北國文華」他各種出版物の発行 本社所在地 〒920-8588 石川県金沢市南町2-1 電話番号:076-260-3504 北國新聞創刊 明治26年8月5日 富山新聞創刊 大正12年5月1日 代表者 会長 飛田 秀一 社長 温井 伸 資本金 4億9,800万円 売上高 203億1,790万円(2019年12月実績) 事業所 金沢本社、富山本社、石川・富山県内支社総支局、東京支社、大阪支社、福井支社 関連法人 一財 北國芸術振興財団、 公 北國新聞健康保険組合、 公 北國新聞企業年金基金、 社福 北國新聞厚生文化事業団、医療法人社団 飛祥会、、、、、 株 一創、 株 北國輸送センター、北國新聞販売 株 、富山新聞販売 株 、北國土地建物 株 、、、、 友好法人 、、、、、、、、、、 北陸観光開発 株 、、 株 双建、 その他 、、 北國新聞社の沿革 1893(明治26)年 8月 5日 北國新聞創刊。

>

京都のコロナ感染者、なぜ少ない? 混み合う観光地、府民は避けた?考えられる理由は…|医療・コロナ|地域のニュース|京都新聞

html 新型コロナウイルスに関する静岡県内を中心としたニュースのほか、基礎知識や県内の教育・子育てへの影響などについての記事が分類ごとにまとめられています。 1973(昭和48)年、コロナロード誕生と同時に開店した日本料理店「ささはら」の笹原稔店主(73)は「百貨店の裏で、いつも忙しいほどではないし、そんなに変わらんわ。 感染ピーク時に浮上した改名論を吹き飛ばしたのは「先輩」の意地とプライドだった。 そもそもここが『コロナロード』って名前やと知らんわ」と笑い飛ばす。 国内の統計のほか、地方の新聞社と共同通信社の配信するニュース、基礎知識、予防・対策方法などがまとめられています。 澤部長は12月補正予算案に計上した高齢者のPCR検査費の助成について、拡充は難しいとの認識を示した。 市は新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備えて、金沢医科大氷見市民病院で発熱患者の診療体制を強化したことを報告した。

>

コロナロード、負けずに営業 金沢・武蔵町の地下飲食店街

医薬品・衛生用品• 2-2. html 新型コロナウイルスに関する、島根県内や隣県のニュースがまとめられています。 これによる減収は9700万円と試算していたが、整形外科と脳神経外科の医師が増員され、入院患者の診療単価が高くなったため、実際は980万円の増収となったと報告した。 企業・働き方• 2-4. 飲食業界は大打撃を受けたが、とりわけ「コロナロード」のダメージは大きかった。 目次 1. 市民の医療を守るために必要な財源確保に努める考えを強調した。 11月中旬には、新たにスマホ修理店が入る予定。

>

新型コロナウイルスに関する主な新聞社ウェブサイトの特集ページまとめ(国内版)

「 」のページでは、宮城県を中心とした東北地方のニュースがまとめられています。 氷見市議会12月定例会は8日、本会議を再開し、4氏が一般質問した。 このページでは、そのうち主なものを取り上げて紹介します。 2-1. 松任別館を白山別館に改称 6月 北國リビング新聞社を設立。 html 新型コロナウイルスに関する石川県内の直近のニュースのほか、県内の感染状況や相談窓口、関連リンクなどが掲載されています。

>

新型コロナウイルスに関する主な新聞社ウェブサイトの特集ページまとめ(国内版)

isドメイン」(運営:ノアドット株式会社)の「」のページからも閲覧できます。 見えない敵のはずが、「見える敵」になっていた。 地方紙 - 国内の各地域の最新情報を調べる 地方紙を発行する新聞社のウェブサイトでの、新型コロナウイルスに関する特設ページを取り上げて紹介します。 html 新型コロナウイルスに関する神奈川県内の対策や一斉臨時休校などの記事がテーマ別にまとめられているほか、陽性患者確認数のグラフも掲載されています。 内容は、随時更新・追加します。

>

京都のコロナ感染者、なぜ少ない? 混み合う観光地、府民は避けた?考えられる理由は…|医療・コロナ|地域のニュース|京都新聞

佐賀県内のニュースは「」のページに掲載されています。 2-5. Latest coronavirus news in Japan is rounded up. 記事のまとめは「this. このほか、 「」のページでは無料オンライン教材等の情報が、「」のページでは学校関係者向けのサービス等の情報がまとめられています。 治療薬やワクチンの開発を含む医薬品産業界の動向についての記事が掲載されています。 全国では繁華街などの会食で感染した後、同居する家族に広がっているケースが多いとされる。 社長兼主筆に赤羽萬次郎氏が就任 1906(明治39)年 4月 はじめて紙面に写真を使用。

>