大 銑 産業。 社長メッセージ

大銑産業の評判/社風/社員の口コミ(全44件)【転職会議】

多くの原料メーカーや設備メーカーの商品の中から最適な商品を自分で選んで提案できることは、商社営業の面白みだと思いますね。 ダイセンでは外壁材の販売だけにとどまらず、外壁工事のスペシャリストとして、図面の作成から建築現場での施工管理までトータルなサービスを実施するのが特徴です。 大阪南港倉庫竣工、倉庫業開始• ダイセンは創業まで遡ると約180年の歴史を誇り、時代の風を読み、社会のニーズに巧みに応えて社史を刻んできました。 ・微熱などの風邪の症状のある方は、次回以降の説明会にご参加お願いします。 ・マスクを着用してご参加いただいても構いません。 特に鉄を溶かす電気炉が必要な鋳物業界では、莫大な電気を消費するため、電気料金は大きな課題です。 1831年/天保2年• その優れた技術は、各種商業ビルをはじめ、新宿駅の地下道や京都駅ビルなど、いたるところに活かされています。

>

大銑産業(株)【DAISEN SANGYO CO.,LTD.】の新卒採用・会社概要

2004年/平成16年• マルエスの全株式を取得 ダイセンエンジニアリングを設立• 1つめは、製造業に欠かせないコークスを中心に、自動車、機械関連に重要な役割を果たす石油製品やお客様のニーズに対応した製鋼原料や鋼材、鉄鋼製品、溶接資材などの取り扱いです。 社名を大銑産業 株 に変更• ダイセンの歴史は日本の近代化の歴史と重なります。 常に社長は社員の中から選ばれています。 自動車のエンジンやマンホールの蓋など、街中の様々な場面で使われています。 上海大銑商貿有限公司を設立• 45;-webkit-transition:opacity. それが大きなやりがいです!自分の力でビジネスを創造したい人にはとてもやりがいある仕事だと思います」(田中さん) 「鋳物」とは、鉄やその他の金属を溶かして型に流し、成型した製品のことです。 DAISENのページをご覧いただきありがとうございます。 】 ・不特定多数の方との接触を避ける為、少人数での開催を予定しております。

>

大銑産業(株)【DAISEN SANGYO CO.,LTD.】の新卒採用・会社概要

2015年/平成27年• 電力会社から出る碍子のリサイクル事業なども行うほか、最近では雨水貯留槽や電線共同溝などのインフラ整備事業にも貢献しています。 岸本商店とその子会社泉吉商店の事業の一部を引き継ぎ、 株 大阪銑鉄商会(当社)設立• 【新型コロナウイルス感染防止のため、以下ご協力お願いします。 土木資材部(土木部門)の設置• 2年 平均有給休暇取得日数(前年度実績)• 機材部(機材部門)の設置• これからのダイセンにご注目ください。 その海外拠点となっているのが中国・上海に開設した「上海大銑商貿有限公司」およびタイ・バンコクに開設した「THAI DAISEN TRADING CO. お客様にとっても大きな投資となりますし、1年半がかりの最重要プロジェクトです。 泉屋武兵衛が堺で打刃物商・岸本商店を創業• 定款変更を行い、営業目的に総合建設業を加える• 今後とも時代の要請に敏感に応え続け、コンプライアンスを企業経営に貫き、事業を通じて環境に対しても積極的に取り組み、サスティナブル・デベロップメント(持続可能な開発)の実現の一翼を担っていく決意です。 2つめは、製鉄所内で使用される設備・機器の導入およびメンテナンス、鋳鋼製品・耐熱材料・化学薬品などの消耗品を取り扱い、鉄鋼業界の縁の下の力持ちとして、業界に貢献しています。 2016年/平成28年• たとえば、鋳物はとても重いため、運ぶ際に腰に負担がかかります。

>

社長メッセージ

5;color: 565e65;font-weight:700;-ms-flex-positive:1;flex-grow:1;line-height:1. [化学品部門] 大手メーカーと特約し、合成樹脂や工業用のソーダ灰、合成ゴムといった化学関係の原材料を幅広く販売しています。 わが社は複合商社として、わが国とともにときに時代の荒波にもまれながら、それを乗り越えて、産業の発展と人々の豊かな暮らしのために歩んでまいりました。 [倉庫部門] 船便の荷受や取引先への確実な配送など、商品の流通基地として重要な役割を担っています。 決まりましたら、マイナビ上でお知らせいたします。 フェアな実力主義の下、社員全員が社長候補生なのです。 ,LTD」です。

>

大銑産業の評判/社風/社員の口コミ(全44件)【転職会議】

05 ;box-shadow:0 2px 6px 0 rgba 0,0,0,. 3歳 2019年3月31日現在 沿革• 現地で事業展開する日本企業をサポートするとともに、アジアへの販路拡大を目指します。 1948年/昭和23年• 平均勤続勤務年数• 燃料金属部門と機材部門を統合し、燃料機材部門に。 2013年/平成25年• 化学産業が環境調和型に移行する中、プラスチックのリサイクルなど資源の再利用にも取組んでいます。 そして多様化するお客様のニーズに応えるため、鋳物のほか「建設」「土木」「化学品」「燃料機材」「倉庫・不動産」の7部門体制を整え、製造現場が抱える課題の総合的な解決をサポートしてきました。 [建設部門] 主にビル用外壁材を扱っているのが建設部門です。 電気炉を納入する日、お客様からなんと「田中さんにお願いしてよかった」という言葉をいただけたのです!私は信頼関係が築けたように感じ、本当にうれしかったです!今後は納入した設備が順調に稼働するようにサポートを続けていきます。

>

社長メッセージ

当社の良さをもっと多くの方に知っていただきたいです! 【鋳物部門/田中雅俊】 プロフィール ダイセンは1831年の創業以来、鋳物の原材料や資材などを扱うトップクラスの商社として、大手製鉄メーカーをはじめとするお客様から厚い信頼を得てきました。 1 ;box-shadow:0 2px 8px rgba 0,0,0,. 商社の役割が商品流通の仲介に限られていた40年前からすでに、お客様に対して技術面のコンサルティングを実施するとともに、事業所を全国に展開し、地域に密着した提案を実現してきました。 設備の導入は、企業にとって大きな投資となりますので、社長をはじめとする幹部クラスの方々とお会いし、ご意見などをうかがわせていただきました。 これからの私の目標は、既存のお客様を大切にしながら、新たなお客様に提案営業を行うこと。 商社が商品流通の仲介だけに携わる時代はもはや終わりました。 より安価な原料をご提案することはもちろん、効率的に製造できる工場設備の提案も私たちの重要な役割になってきています。 1943年/昭和18年• また、2007年以降、中国やタイに進出。

>