クラウド 業務 改革 expo。 『第2回 【名古屋】働き方 改革 EXPO』に出展決定(2020年2月12日~2月14日)

第11回 クラウド業務改革 EXPO【秋】 (旧称:クラウド コンピューティング EXPO/モバイル活用展)

これは正面衝突や車線逸脱のような車の事故を未然に防ぐセイフティセンスのようなものだ」と説明した。 第11回 クラウド 業務改革 EXPO【春】 (旧称:クラウド コンピューティングEXPO/モバイル活用展) 主要展示会カレンダー 第11回 クラウド 業務改革 EXPO【春】 (旧称:クラウド コンピューティングEXPO/モバイル活用展)• DirectCloud-BOXの展示 これまで、社内でのファイル共有ではファイルサーバーやNASなどが広く利用されてきた。 主催者より 同時開催展あり 業種. 出展内容 流通・小売業界のお客様の声から生まれた業務改善の為のサービス、ソリューションをご紹介致します。 IT戦略立案の基礎資料として、ぜひ活用ください。 ファイルサーバーやメール、USBメモリなどを介してファイルをやりとりしていると、機微情報などが適切に管理されず、ディスクやUSBメモリに放置されていたりして、漏えい事故の元になってしまう。 なお、DirectCloud-SHIELDによって保護されたファイルに対しては、アクセスや操作のログが記録されるほか、閲覧専用、編集禁止、複製禁止、移動禁止、印刷禁止、クリップボードへのコピー禁止、スクリーンショット禁止といった制御も設定可能で、状況に応じて利用できるようにしている。

>

ミロク情報サービス「【関西】クラウド業務改革EXPO」へ出展

クラウド移行で得られるビジネス上の効果はコスト削減と生産性だけではありません。 第4回 【関西】クラウド 業務 改革 EXPO 業務支援型クラウドコンピューティングカンパニーのナレッジスイート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:稲葉雄一、以下ナレッジスイート は、2020年2月12日 水 ~2月14日 金 にポートメッセなごやにて開催される『第2回 【名古屋】働き方 改革 EXPO』に出展いたします。 現在、約8,400の会計事務所ユーザーを有し、財務会計・税務を中心とした各種システムおよび経営・会計・税務等に関する多彩な情報サービスを提供しています。 時間の効率化、無人案内による接客時間短縮を可能とし、接客品質の向上かつ低コストな非接触店舗を実現します。 ERP、グループウェア、ビジネスチャット、クラウドプラットフォーム、働き方改革ソリューションなどが一堂に出展する専門展です。 コロナ禍ではございますが、感染対策は十分に配慮しております。 アクセスレベルなんてどこのサービスでも同じだ、と思われるかもしれないが、実はそうではない。

>

第11回 クラウド業務改革 EXPO【秋】 (旧称:クラウド コンピューティング EXPO/モバイル活用展)

そこで、DirectCloud-BOXでファイルを一元管理するとともに、DirectCloud-SHIELDによって暗号化し利用制限を設定することで、情報漏えい対策を適切に行おう、というメッセージが発信されていた。 ) 【お申込みはこちらから】 【セミナーおよび申し込みに関する問い合わせ】 (株)ミロク情報サービス ソリューション近畿支社 販促担当 山西 MAIL: info51 mjs. こうした情報は高速に分析されるため、すばやく把握可能だ。 11の展示会からなる「第11回Japan IT Week 秋」が10月28日~30日に幕張メッセで開催された。 ユーザーやグループに設定できるアクセスレベルは6種類に細かく分かれている。 最新のOSやPCへのアップデートも容易に行える為、企業・店舗の業務効率化を強力サポートします。 なおフォルダーへのアクセス権は、上位階層のフォルダーとは独立して設定できるとのことで、これもDirectCloud-BOXならではの特長と言える。 このためDirectCloud-BOXでは、クライアントソフト「DirectCloud ドライブ」を用意しており、これをインストールすることで、クラウドストレージをPCにマウントして、Windowsエクスプローラーなどから直接開けるようにしている。

>

『第4回 【関西】クラウド 業務 改革 EXPO』に出展決定(2020年1月29日~1月31日)

DirectCloud-VISIBLEによる分析 一方のDirectCloud-SHIELDは、文書を暗号化しアクセス制御する、IRM(Information Rights Management)の機能だ。 こうした状況を防ぐため、ファイルをDirectCloud-BOXで集約するとともに、DirectCloud-VISIBLEで利用状況を可視化するのが、効果的に「脱ファイルサーバー」を進める上で有効だとアピールされていた。 ログアウトすれば、PCにファイルが残らないため、非常にセキュアだ。 主要展示会カレンダーは、日刊工業新聞社発行のイベントカレンダーの抜粋情報をもとに制作されています。 また、企業の中で拠点ごと、部署ごとにファイルサーバーが管理されていると、管理コストが高くなってしまうことに加え、データの重複、シャドーITといった問題も生まれてしまう。

>

『第4回 【関西】クラウド 業務 改革 EXPO』に出展決定(2020年1月29日~1月31日)

セキュリティに厳しい顧客の要望に応えた細かな管理とログの機能 ブースでは特に、セキュリティ機能について説明とデモをしてもらった。 クラウド業務改革EXPO(旧クラウドコンピューティングEXPO+モバイル活用展)の株式会社ダイレクトクラウドのブースでは、ポストコロナ時代の「脱ファイルサーバーで生産性アップ!」をテーマに展示。 また、管理者の操作もすべてログに記録されるほか、管理者の操作も設定で制限できるようになっているのも特徴的なところだ。 会期、会場、入場料などスケジュールが変更になる場合もありますので、出展・来場の際は直接主催者までご確認ください。 例えば、アクティブユーザーやよく使うファイル、ファイルの分布、どういった会社とやりとりしているか、といったことが視覚的にわかるようになっている。 「83種類のログが記録されます。 ここまで細かくとれるのは、ほかのクラウドストレージにない特徴だと思いますし、これもセキュリティに厳しい業種の要望に応えたものです」と荒関氏は説明する。

>

『第11回 クラウド業務改革EXPO【秋】』に出展決定(2020年10月28日~10月30日)

是非この機会に、当社ブースにお立ち寄り頂き、実際に弊社のソリューションやデモをご覧ください。 また、DirectCloud ドライブでは排他制御機能をサポートしているので、共有フォルダの中のファイルを誰かが更新している際、他ユーザーが誤って同時編集して上書きされることを防ぐことができる。 以下のボタンから資料PDFをダウンロードできます ここから先はログインが必要です 日経クロステック EXPO 2020 への入場登録が必要です. 同時開催展あり。 多数の情報システム管理者、経営幹部、営業管理者、SaaSプロバイダー、システムインテグレーター、さまざまなシステムを使用する部門の管理者がCLOUD JAPANを訪れ、出展者と対面してビジネスを行います。 本資料では、クラウド移行を促す要因を8つに分類して解説しています。 もちろん、再びローカルにコピーすることもできない。

>

【10/28

具体的な調査データをベースに作成されており、多くの企業がクラウド移行を目指す理由について考察を行っています。 DirectCloud-VISIBLEとDirectCloud-SHIELDを1月に正式提供開始 DirectCloud-BOXの「脱ファイルサーバー」構想を支援する新機能として今回の展示で紹介されていたのが、「DirectCloud-VISIBLE」と「DirectCloud-SHIELD」だ。 皆さまのご来場を心よりお待ちしております。 DirectCloud-SHIELDのベータ版は、DirectCloud-BOXのスタンダードプラン以上で、2020年12月末まで、ユーザー数無制限で試用できる。 企業向けクラウドストレージ「DirectCloud-BOX」を解説するとともに、現在ベータ版の新機能である、DirectCloud-BOXの利用状況を分析する「DirectCloud-VISIBLE」と、文書を暗号化しアクセス制御するIRM(Information Rights Management)の「DirectCloud-SHIELD」を紹介していた。 しかし、コロナ禍によるテレワークへの移行などにより、ユーザーは社内にあるファイルサーバーへVPNを通してアクセスする、といった必要が出てきてしまっている。 排他制御により読み取り専用でファイルが開く様子 一方で、企業に選択してもらうためには、機能の豊富さだけでなく、コスト面や導入のしやすさも重要な要素となる。

>

『第2回 【名古屋】働き方 改革 EXPO』に出展決定(2020年2月12日~2月14日)

第4回 【関西】クラウド 業務 改革 EXPO 業務支援型クラウドコンピューティングカンパニーのナレッジスイート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:稲葉雄一、以下ナレッジスイート は、2020年1月29日 水 ~1月31日 金 にインテックス大阪にて開催される『2020 Japan IT Week【関西】クラウド 業務 改革 EXPO』に出展いたします。 「なぜクラウド?」への最終回答、 移行を促進する8つの要因と裏付けデータ ITシステムのクラウドへの移行はますます加速しています。 DirectCloud-SHIELDでは、管理者がメールアドレスや個人番号(マイナンバー)など検出すべき情報を設定しておくと、DirectCloud-BOXに保存される際に機微情報として検出・分類し、暗号化と利用制限を適用してくれる。 IRM市場について荒関氏は「既存ソリューションは高価なものが多かったので普及していなかった。 中でもDirectCloud-BOXは、こうした際に必要となる、アクセス権限の細かな制御、詳細なアクセスログの取得といった特徴を備えているとのことで、株式会社ダイレクトクラウド マーケティング本部 部長の荒関翔太氏は、「われわれは、ユーザビリティを損なうことなく高水準のクラウドセキュリティ要求を満たすサービスを提供しているので、社員や取引先のユーザーが直感的な操作が可能で、ユーザー数無制限なのでコスト優位性を備えたサービスです」と説明する。

>