中国 隠蔽 コロナ。 中国、コロナ大恐慌で世界から排除…追い詰められた習近平が他国に戦争を仕掛ける可能性も

新型コロナの脅威を告発後、米に亡命した中国人ウイルス学者、隠蔽の実態を語る

それが一党支配体制の脆弱性だ。 白書は、中国政府が7日記者会見をして発表しました。 ブラウンスタイン教授は、分析結果に対し以下のコメントを発表。 。 新型コロナウイルス大流行の始まりとされる以前から、明らかに社会的混乱が起きていた。 2020 年2月23日:データの破棄 中国語新聞「大紀元」が独自に入手した内部資料によると、2月23日、遼寧省衛生健康委員会は地元の委員会職員にコロナウイルスに関するすべてのデータを破棄するように指示したと言う。

>

中国はなぜコロナ大拡散から抜け出せたのか?(遠藤誉)

これに4万世帯以上が参加。 この時 中国当局は「情報を抑え込むこと」に注力。 2020 年2月15日:40台の移動式焼却炉 2月15日、「ゴミと動物の死体」を焼却。 5月に入って武漢市や吉林省で集団感染が起きている 中国の国会に当たる「全国人民代表大会(全人代)」が5月22日、北京の人民大会堂で開幕した。 これでは感染は防げないということで、方艙医院を増築させ、16棟にまで至っている。 それから3日後の1月23日に、武漢がロックダウンされたという。 常凱氏の両親は共に武漢同済医院の教授だったが、父親を入院させることが出来ず、結果家族全員が感染してしまった。

>

【新型コロナ速報】世界で死者130万人突破

しかも彼らの座席は例年同様に密集しており、中国政府が国民に求めるソーシャル・ディスタンス(社会的距離)の確保ができているとは思えない。 以来、民族の英雄として人民の尊敬を集めている。 武漢から爆発的に湧き上がる感染者の全国拡散を食い止めるには、先ず武漢を封鎖すること。 Peiris教授はWHOの「新型コロナウイルスによる肺炎のための国際保健規則緊急委員会」のアドバイザーとされている。 もし5中全会(中央委員会第5回全体会議)を開催すると、責任問題が噴出し、習近平は詰め腹を切らされるというシナリオが急浮上した。

>

中国、コロナ大恐慌で世界から排除…追い詰められた習近平が他国に戦争を仕掛ける可能性も

そうしてでも、感染者の再燃を防ぐことに必死である。 世界平和のため、そして 弾圧・虐殺されてきた罪なき人々のために、「米トランプ政権と共に "中国共産党の崩壊" を目指す」という選択肢しかありえない。 しかし、調べてみると、別にまとめている不顕性(無症状)の感染者は新たに28人いる。 同日、元CCTV(中国中央電視台)司会者・李澤華氏が武漢市の独自報道を行おうとしたところ警察に連行された。 専門家が「人から人」への感染を認めたのは1月20日だった。

>

中国当局、やはり隠蔽か 新型コロナ「最初の感染者は11月17日」香港紙報道 「米軍が持ち込んだ」ツイートに米抗議

賠償請求の動きに関しては「エイズは米国から発生したが、米国の責任を問うたか。 実際に中国政府は感染者の数を3倍に増やして公表。 メルケルは、側近が感染したため自主的に2週間の隔離状態にあった。 そこで「人から人への感染」があることと、「これはSARS以上の危機をもたらすかもしれない」と一瞬で見抜き、李克強(国務院総理)に知らせたことから、習近平(国家主席)の知るところとなり、1月20日に習近平に「重要指示」を出させるに至った経緯がある。 志村けんの死亡は日本と台湾に衝撃を運んだが、中国は「志村けんの死因は『台湾肺炎』による」とフェイク情報を流した。 その結果、多くの国が問題の深刻さを認識していなかった。 しかし溢れ出る患者の数と病院のベッド数がバランスを崩すと医療崩壊を起こす。

>

コロナ拡大、止められなかった世界 中国に責任はあるか:朝日新聞デジタル

米軍が持ち込んだのだ」と中東、アフリカで嘘放送のキャンペーンを張っている。 エルメスのベルトにしてみたところで、3000円で買える偽物であるかもしれず、その誹謗記事では「お坊ちゃまのエルメスベルトが眩しすぎる」とあるが、息子(鐘帷徳氏)自身、れっきとした医者であり大学教授(広州市第一人民医院の教授。 中国重慶市第三軍医大学の軍事研究所と中国南京市南京司令部の医学研究所。 習近平氏ら中国共産党の上層部には感染しないという自信があるのだろうか。 そのためYan博士は2020年1月16日に、これまで分かったことを再びPoon氏に相談。 対面による記者会見は中止され、代わりにテレビ会議やインターネット中継が行われた。

>

新型コロナの脅威を告発後、米に亡命した中国人ウイルス学者、隠蔽の実態を語る

スパイクタンパク質で人体細胞の受容体と結合する役割をする部位(RBM)が2003年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)ウイルスと似ていた。 1992年から広州医学院院長(現在の広州医科大学学長に相当)などを務めた。 また「中国に責任はない。 そのため 日本にも同時期、武漢ウイルスが入ってきていた可能性は捨てきれないのだ。 また、中国語新聞「大紀元」が行なった独自調査の結果を掲載し、武漢の火葬場職員が、運ばれてくる遺体の61%が病院ではなく自宅で死亡したものであると認めたことを明らかにした。 これに対し中国外務省の趙立堅副報道局長がツイッターで「米軍が流行を武漢に持ち込んだのかもしれない」と投稿、米国務省は崔天凱駐米大使を呼んで抗議した。 そのころ習近平はのんびりとミャンマー訪問や雲南の春節巡りなどをしていたのだから、話にならない。

>