西原 愛香 引き寄せ。 【KADOKAWA公式ショップ】ラグジュアリー|西原愛香|西原愛香 引き寄せ手帳 2021|カドカワストア

楽天ブックス: 引き寄せ手帳 2020

私は32歳で離婚し、その後の恋愛もうまくいきませんでした。 。 まず、その月をどんな月にするか設定します。 起業する前には、まずは「仕事をやめる」と、根拠もないのに決断していました。 そんな風に思います。 昨年に続き、ご好評いただいた引き寄せ手帳を今年もお届けできることになりました。 自分が上手に出来ることと、相手が上手に出来ることは違っていていいんです。

>

【KADOKAWA公式ショップ】ラグジュアリー|西原愛香|西原愛香 引き寄せ手帳 2021|カドカワストア

それぞれがお互いに支え合い、補い合う生き方のほうが楽しいと思います。 私の恋愛や人生はどうやったらうまくいくの? その答えを見つけてから恋愛や人生がうまく回り始めました。 つまり、エネルギーを渡すお仕事です。 引き寄せは、おまじないでも夢でもありません。 実は、物事だけではなくて、 人間も同じ波動の人同士が引かれあいます。 「やめること」への不安や罪悪感は、繰り返し勇気を出すことで、徐々に小さくなっていくもの。 けれど、引き寄せについて学びを深めていくと、 引き寄せの法則の本質は「 やめること」だと気づきます。

>

楽天ブックス: 引き寄せ手帳 2020

パートナーシップがうまくいかないのは、 勉強するまで・・・ ずっと人のせいにしてきた。 できれば2、3個、最低でも1個は書いてほしいです。 私と一緒に自分との対話を続けて、感情を解放する。 なんでそんな私が変われたのか・・・ イケてない恋愛をし、別れたときに タロットに出会ってからが私の人生の最初の分岐点でした。 -そして私もプロポーズされる(引き寄せノート5 プロポーズを引き寄せるノート/ノートを書いて結婚が決まった人が続出! ほか) 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 西原愛香(ニシハラアイカ) ブログ『書いて叶える恋愛引き寄せノート』主宰。 テーマ設定に迷ったら、参考にしてみてください。

>

楽天ブックス: 引き寄せ手帳 2020

あなたが引き寄せに興味を持った理由は何ですか? きっと「 何か叶えたいことがあるからですよね。 大きなことも、小さなことも。 6年前からタロット占い師となり、2020年に大企業を辞め、タロット占い師一本でスタートさせました。 オンラインサロンで、「続けるとすごく自分が変わった」との声をたくさんいただきました。 この本ではそんな男性心理についても分かりやすく解説されています。 が私の心の声でした。 相手にいつも振り回されてしまう。

>

www.who.com

」と言いました。 私が愛香さんの発信で勇気づけられた一番の理由は、愛香さんご自身も昔は恋愛依存で彼に振り回されていたけれど、引き寄せとの出会いで自分を変えることができたと発信されていたからです。 感動の声続々の、5つの恋愛引き寄せノートの書き方を初公開! 多くの人がはまりがちな「引き寄せの落とし穴」も解説します。 「実際に何を行動出来たかな?」「もっとこれができたよな」と見直すことで、より引き寄せを叶える力がついていきます。 自分が自分にとって大切な人になるウィークリーとタスク できれば毎日やっていただきたい、大反響のタスクの2つ目。 【目次】(「BOOK」データベースより) Prologue 「恋愛引き寄せ体質」に生まれ変わる基本の5ルール/1 たった一人の「運命の彼」を引き寄せる/2 気になる彼の「絶対に手に入れたい」を引き出す/3 大好きな彼の「一生手放したくない」存在になる/4 最愛の彼と「心の底から幸せ!」な結婚を叶える/Epilogue 永遠に「幸せな私」でありつづける仕上げの5ルール 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 西原愛香(ニシハラアイカ) 作家。 感情に蓋をして日々を過ごしてきていませんか? もし、そうなら そんなことないよ!大丈夫! あなたは愛されている と言い続けたい。

>

楽天ブックス: 引き寄せ手帳 2020

例えば、「残業せずに早めに帰る」「早めにベッドに入ってゆっくり眠る」。 この手帳は、自分の望みを明確にして、自分を愛する習慣が身につく、強力なツールとなります。 私の恋愛や人生はどうやったらうまくいくの? その答えを見つけてから恋愛や人生がうまく回り始めました。 聞くのが得意な人であれば、聞き上手なところを活かせるお仕事もありますよね。 タスクを積み重ねながらこの手帳と過ごす1年は、引き寄せ体質になるには十分な時間です。 私も以前は、 ・毎日何種類ものノートを書く ・毎日引き寄せの本やブログを読み漁る ・イメージングやアファメーションは欠かさない というように、とにかく思いつくものは全部実践していた時期があります。

>