大橋 眞 教授。 徳島大学 / 教育研究者総覧

免疫生物学名誉教授大橋眞先生 本当に新型コロナウイルスが感染症を引き起こしているのか疑問に思う

支配者層は5Gの危険性を庶民に知られたくない。 世界中にスタンダードとして PCRでみろといったら、世界中の人が潜在的に持っていたら、この騒動が一瞬のうちに作れちゃうと なんの手間もかからないというレベルの話でしょう?っていう話ですね あとはマスコミを扇動していわゆるそのこの病気の対策に当たる各国の人たちを 何とかすればですね この騒動が世界中に広まって、これが定着しちゃうと、こういうことでしょう? まあ、可能性ですよ あくまでも可能性ですけれども 病原体を人工的にどうのこうのというのは持続性がないししょっちゅうばら撒く人が必要だし 飛行機で撒いたりすればばれちゃうんでしょ H: でも、結構彼らそういうのはうまいみたいで空からばら撒いたりとか O: そんなことよりも単なる机の上で1時間でできる作業でできるんだったらね H: まあ、そっちのほうがね O: 簡単だしね。 「政府や都の言いなりになってると、株価暴落どころかこのままでは潰れますよ。 迷いを打ち砕きたまえ。 岩上安身は「急いでいる理由」として、8月24日に、大橋氏の講演会が、議員会館の院内集会という形で開催されることになっていることを名取氏に伝えた。 とはいえ、彼の各論がすべて正しいことにはならない。

>

徳島大学 / 教育研究者総覧

服部順治氏 以降H: 皆さんこんにちは 今Tweet テレビでも紹介していた大橋先生のところにお邪魔しています そいじゃあ、ちょっと、先生の自己紹介みたいな形で 大橋眞徳島大学名誉教授 以降O: 私は徳島大学で28年ほど教員をしていました 今は退職してこちらのほうで、日々Youtubeで発信していますね そういう意味で、やっぱり、そのずっと勉強し続けることがすごく大事かなと感じています えー、私の専門は元々そういう感染症と免疫学ですね 免疫というのは体を守る仕組みなんですけども、もうちょっと広く言うとね体のバランスを整える。 ふとロデムさんのことを思い出し、ブログを覗くと(Google検索で今まで一番上だったのに、見つけづらくなっていますね!怒)、ロデムさんは新型コロナウィルス否定派なのですね。 主催者は自民党の日野市議会議員である。 「感染研・731部隊・森友・日赤・ビルゲイツ」 昨日の大橋眞名誉教授のお話で、 今回の新型コロナウイルス騒ぎの分子生物学的メカニズムというか、 裏側から覗いた構造というか、 要するにトリックの種明かしが明瞭になったと思われます。 障りを除きたまえ。 皆さん、自分や大切な人の命を、日本を守るために、5G導入反対運動を!• 新型コロナウイルスに関する情報は、新型コロナウイルスのゲノム遺伝子を、世界で初めて発表した中国の論文 1 に始まる。 そしてオンライン授業。

>

免疫生物学名誉教授大橋眞先生 本当に新型コロナウイルスが感染症を引き起こしているのか疑問に思う

H: WHOの予算の7割が、そういうワクチンメーカーというか医療業界からの献金だったと。 中国の武漢の患者から、ウイルスを分離しないまま遺伝子を取得したという。 しかし、大橋氏の言説を検証するには、やはり医学の専門家の見識が必要である。 しかし、 それらに学ぶべき有効性はあまりないと感じました。 この二つのURLをあなたの関係者に見せてあげたり、関係各所へ送ってください。 では一体なぜ世界的な騒ぎになっているのかに関しては、 医学的なあるいは生物学的な視点だけでは、 いくら考えても袋小路に入ってしまうと思われます。

>

学者生命を賭けてコロナ騒動の真実を発信する日米の二人の専門家:アンドリュー・カウフマン博士と大橋眞名誉教授(ザウルスで… こーるてん

県外ナンバーを攻撃してみたり、営業続行の店に張り紙をしたりだ。 恥ずかしすぎる。 中国の論文の遺伝子情報の見直しも必須である。 最近本当に穏やかな日が少なくなってきました。 このブログは私にとって、大切な言葉や情報がたくさん詰まっています。 大橋眞教授の主張には基本的な誤りが多く専門家による検証に耐えられない。

>

免疫生物学名誉教授大橋眞先生 本当に新型コロナウイルスが感染症を引き起こしているのか疑問に思う

とにかく息子が新型コロナウィルスに罹患してしまったら後悔してもしきれないと思い、出来る限りのことを行おうと、自宅にずっとおりました。 添付されたリンクを辿って、大橋氏のYouTube動画を見ると、医学や科学の門外漢には論破が難しい専門用語が駆使され、あげく「新型コロナウイルスは存在しない」という極端な結論へ導くものであった。 総論としての彼の陰謀論はここ何年もアイクをして、繰り返し危機を叫ぶ 「オオカミ少年」 にしていた。 このサイトを見せられる相手なら、このページのURL をそのまま張るのが一番早くてラクでしょう。 。 このトリックにはなかなか誰も気づかないんですよ 気づきにくいシステムになっちゃっているんですよね 今はね H: でも元々のそのデータベースに まだそれはあるんですよね? その遺伝子っていうか O: 遺伝子はありますよ 遺伝子はあってもそれを調べていくのは至難の技ですよ 今となってはね で、それを調べて、例えば、それは今おかしいんじゃないかと言ってしまうとね まあ、そいいう意味ではその、それを発表したところで まあ色々抑圧されるでしょう そんなこと言ったってね だから、そんなことも言えないんじゃないですかね? H: ああ、現場の先生とかは特に O: 今言えないと思いますよ それで今は皆さん新型コロナがあるという前提で、みなさん研究も始めて、 医療も始めて しまっているわけでしょう?これがないとか言い出したら、もう大変なことになっちゃう んですよ そこに沢山の利権がからんでいる すでにお金がばら撒かれているわけですから どうしようもないですよ H: もう何兆円ていうお金がEU 全世界的に O: 全世界で何兆円どころじゃないですよ そうなってしまうと、その利権を得ている人たちが、それがないとかなると 困るし、そんなことにはならないでしょう まずね そういう問題があるんですよね こういう対策をすればするほど病人が増えるし死者も増えるでしょう? それで、またワクチンということがでてきますよね? これはどうしようもなく広がっていくというわけですよね だから、そういうことをPCRを発見した彼は憂慮したんだと思いますね そうするとPCRの発見者がそういう警告を発すると こんな騒動にはできなかったと思うんです H: そうですよね 彼が亡くなった途端に広がった O: 彼がどうして亡くなったか?ということは今分からないんだけれども 彼の死を待ったかのように 待ってから始まったという風になる H: 8月ですけどね 亡くなったのは O: 本当の秘密は彼は知っていたと それはAIDSの例で知っていたんでしょう H: 僕はAIDSがそうだったっていうか そんな微妙なもんだったとは知らなかったですね とっくに、もう解明されたって思っていました O: そうそう普通そう思っていますよね で、AIDSは本当は普通の感染症として恐ろし病気でね というイメージですよ H: だからハリウッドスターとか 色々募金集めてやっているし まあアフリカの人たちとか同性愛者とか そういう人たちに多いっていうんで 彼らいっぱい寄付したり、やってましたけれどね O: あれなんかも 結局はそういう誰が検査を受けに来るかとかね、そういうレベルで あの色々あのえー診断がつくわけですよね 全員に検査するわけではないからね だから検査して、まあ検査の対象になる人が一定の割合で病人が出ると 45:03 こんな話じゃないかと思うんですよね だから、まあ似ているですよ 今回の新型コロナと 何が違うかというと 今回は気道感染するという話になっているから ソーシャルディスタンスをとりなさいと こういう形でね 全世界の人が対象になったんですよ AIDSの場合はそういう意味での H: 行為をしないと O: 限定された人が対象になったということで それと関係ないという人は検査も受けにいかないんですよね 今回は一人感染者がでると周りの人も全員調べようとかね 学校で一人が出たら全員を調べようとかね そんなになってくるとね もう正常な社会の機能ができなくなっちゃうんですよね そういう意味でAIDSのもうちょっと真相を解明していくと より分かりやすいのかもしれないんですよね 46:00あたり H: それと先生が最近おっしゃっていたことで コッホの4原則とかその中でなんかのデータを取り消したみたいなことを O: ああ、はいはい 感染研の話ですか? 感染研のデータはね 49:31 例えば今回は新型コロナウィルスを ウィルスの病原体を患者さんからとりますよね H: はい、とりました O: それで、それを培養細胞で培養して それをウィルスを分けとって ひとつのウィルスから増殖したような形にする クローン化っていうんですけどね H: あ、クローン O: クローンを作ったっていうことで そっから遺伝子を決めたっていうことを まあ、感染研が H: 感染研っていうのは日本の? O: 日本の国立感染研究所です 東京の新宿にありますよね そこが決めたということで それをデーターベースにアメリカのジーンバンクのデーターベースに 載せたんですよ そのデーターベースに載せたんだけれども削除されている 彼ら自身で削除している H: というのは間違っちゃったっていうことですね? O: 間違ったちゃっている。

>

《終了しました》10月3日 大橋眞先生 講演会 「新型コロナウイルスの真相」

いや、この人をちゃんと聞いてみると、極めて面白いですね。 かなりエラーがでると思うんですね 今回のサンプルは本当に汚いサンプルでやっているので どんな配列が同位でつながるか?どんなものが出ているかわからない状態だと思いますよ それをまあ何とかつないだとなっているんですが これが本当に信用できますか?ということなんですね でーこの彼らの遺伝子をWHOがCovid19と名前をつけて、もう教科書みたいにしちゃったんですよ これが世界のスタンダードになっちゃったんですよ H: その遺伝子配列 O: えー 遺伝子配列 中国のグループが決めた遺伝子配列がです これ誰も検証していないんですよ実は H: え?! O: 正しいかどうかは? H: 普通検証しますよね? O: 検証しないんです。 もちろん専門家によるコロナ問題に関する動画は世界中にたくさんあるが、そのほとんどは、新型コロナウィルスという病原体の存在を当然のように前提にしたものである。 大手小売り某所で「マスクつけないと入れない」と言われたこともあったりしたので、株主でもあったから、憤慨している旨を書いて、上記のビデオURLを付けて、「必ず社長に見せなさい」等書いてメール送ったりもしてます。 プロパガンダに利用できないからでしょう。 毒性が強いと人間が死んじゃいますから。

>

徳島大学の名誉教授である大橋眞氏のYouTubeにおける解説についてどう...

大橋眞教授の4月1日以来の動画を 「大橋教授のコロナシリーズ」 と呼ばせて頂こう。 札幌雪祭りには5Gの体験コーナーがあった。 こと、気づいてる人は非常に少ないです。 幸運にも我が家はテレビを捨てましてくだらない報道で心を汚す事はありませんが、唯一、公共浴場のサウナで某公共放送のニュースを見る時に世間が地獄になる気持ちが分かるのです。 このコロナ騒動の本質の捉え方の間違いにありますね。 ケムトレイルは確実に目視できますし。

>