ラブ タイツ キャンペーン イラスト。 アツギのタイツ広告炎上、識者に聞く 発信側に求められる「覚悟」と問うべき「本質」【後編】(2020年11月30日)|BIGLOBEニュース

「企画自体には問題がなかったと認識しています」 批判殺到『ラブタイツキャンペーン』のアツギに中止の理由を聞いてみた | ガジェット通信 GetNews

出典: 出典: どちらもかわいいイラストですよね。 しかし同作は基本的には、性的な消費を受容する男性向けコンテンツである。 そのタイツ女子イラスト、老若男女の大多数が見て不快に思わなければまったく問題なかったが、「 男性目線で女性を鑑賞物として描いたようなイラストだ」などの怒りの声が多発して大炎上している状況です。 ただし、当たり前の発言では誰も気にしてくれません。 特にタイツは防寒だけでなく、露出を減らすためにも用いられてきた背景がある。 特にタイツは防寒だけでなく、露出を減らすためにも用いられてきた背景がある。 十余名の人気作家が参加し、大きな話題を呼んだ。

>

アツギのタイツ広告炎上、識者に聞く 発信側に求められる「覚悟」と問うべき「本質」【後編】(2020年11月30日)|BIGLOBEニュース

電話口のY田さん(女性)がY田(男性)さんへ。 その後、アツギの公式アカウントがリツイートしていたイラストがかなり過激であったことからネット上では『女性を鑑賞物にして性的搾取するな』とフェミさんを中心に怒らせ、大炎上となっています。 しかもキャラクターグッズは死ぬほど売れていますし、キャラを使ったキャンペーンもあちこちで成功しています。 ほのめかす程度なら問題ないだろうが、今回のイラストすべてがそうであったわけではなくとも、冒頭にあげたようなスカートをたくし上げたものなど、一部イラストには明らかに露骨に性的な目線が含まれていた。 しかし、セクシーも世の中を彩る魅力の一つ。 タイツやストッキング等の商品を購入する客層は大多数が女性だと思われるが、企業側がこれらのイラストに対して「女性が喜ぶ」「女性が感動する」「女性がタイツを買いたくなる」と思ったのだとすれば、大きく消費者と考え方が乖離している可能性があるので見直した方が良いと考える。 ・イラストがイラストではタイツをアピールするために足に目が行くように描かれています。

>

ラブタイツキャンペーンについて、電話してみた。|わかば|note

そのうち「女の目線はあった」「女vs女の問題」「男は完全な被害者」とか、とんちんかんなこといい出す人が出てきて、まったくもって困りものです。 さらに社会への影響を考えれば、知名度を持つ人なり企業なりが「内部の女性がOKだった」ことを理由に、「問題なし」と開き直っていいはずがありません。 「配慮は、広告作成上、どうしても必要です。 方向性はどうなのか?と聞かれると微妙なラインではあったと思いますが、 アツギのラブタイツキャンペーンはとても面白い企画だったのではないでしょうか。 「女性がタイツを履く喜び」じゃなくて「タイツを履く女性を鑑賞する喜び」の表現になっているということは、主体性を女性ではなくそれを消費する男性においているということになぜ気づかないのでしょうか? — シュンタロ・ドスケベメチャスキー先生は原稿中 nakanishico 気づいていなかったんでしょうね・・・。 今は本件の対応に追われているので、メールでは電話のような応答は出来かねる。 ATSUGI公式ツイッターで謝罪 アツギ公式Twitter( 「ラブタイツキャンペーン」に関するお詫びとご報告 弊社公式Twitterで11月2日に発信いたしました内容において不適切な表現がございました。

>

アツギ(ATUGI)ラブタイツキャンペーン画像まとめ!かわいいor気持ち悪い?

ただ、 ツイッターでの広報活動は当面休止するようです。 公式Twitterに「クレーマーに負けるな」「謝る必要はない」と大変あたたかい応援コメントが多数寄せられているが? A. アツギのラブタイツキャンペーンは男性ファンも獲得! 今回のラブタイツキャンペーンは、ターゲットの女性だけではなく多くの男性にも注目されています。 個人的には楽しい企画だったので、とても残念です。 — バズ山【女性議員を増やしたい】 bazuyama つまり、マーケティング大失敗してんじゃん — からっぽ 8Sh768sVFAvstRH マーケティング失敗ということになりますね(笑) もうさ〜…ほんと勘弁してよ キモいんだよ 防寒具として履いてるんです 偶にはオシャレ着としても履くかもね でも男に「タイツ姿いいな〜」と思われるために履いてんじゃないんですよ 本当どこ向いて商売してんだよ 女をなんだと思ってるんだよ 頭きたのでもう買いません — barefootofbearfoot barefootofbear1 確かにキモさすら感じます。 後編では、人々の価値観が多様化していく中で広告はどうあるべきなのかを主なテーマに、企業のブランディングを手掛ける「ブランドア」代表の藤島淳さんに取材した。 企画はソーシャルメディア担当者の単独だった?それともチームがあった? A. アツギの商品はとても誠実にモノ作りをしている印象です。

>

アツギ(ATUGI)ラブタイツキャンペーン画像まとめ!かわいいor気持ち悪い?

このキャンペーンで公開されたイラストには、「見ても良い」といったセリフと共に頬を赤らめながらスカートをたくし上げる女性のイラストなどが含まれており、SNS上では「性的に見られたくない」として不快感を露わにする声が多数寄せられた。 また、これからの広告に求められることとは。 しかし、大多数の人は足や短いスカートなど性的な部分に注目が行ってしまい、タイツのPRとは思えないようなイラストだったのです。 イラストレーターに依頼するということは、それなりにコストと時間がかかったはずです。 タイツの日は毎年イラストが溢れますし、それに合わせたとても良いPRだったと思います!担当者様に届きますように。 女性のストッキング・タイツは男性の為に作られているわけではないため、女性としては「は?」となりそうですが、男性ウケを求める女性も少なからずいるはず…男性目線も必要だということを知らない女性はかなり多いようです。

>

アツギのタイツ広告炎上、識者に聞く 問題はどこにあったのか【前編】: J

ただ、もっと違う広報の仕方があったのでは…と思いますが、もう後の祭りという感じ。 把握していなかった。 理由は、ラブタイツと称したキャンペーンを実施した際、アツギatsugiの公式Twitterが「 女子がタイツを着用したイラスト」をリツイート形式で複数投稿したことがトリガーとなっています。 わかばさんはアツギの被害者ですか?なぜ罪などという書き方をするのですか? こんにちは。 男性メインです。 しかし、企業は公の存在であり、公表する価値は公序良俗に反しない必要があります」 そして藤島さんは、社内のチェック体制を設けることを提言するとともに、情報を発信する側の「覚悟」も必要だと述べる。

>