イーグルス 名曲。 イーグルス

イーグルスの「デスペラード」を聴くとおじさんが泣く。

70年代後半になると、無邪気で浮かれた夢物語はビジネスや名声からくるプレッシャーに侵害され、かつてのイーグルスにあった「ピースフル・イージー・フィーリング」はすっかり遠のいてしまった。 新曲「ゲット・オーヴァー・イット()」(全米31位)、「ラヴ・ウィル・キープ・アス・アライヴ()」を収録。 8 呪われた夜(ライヴ)• 単純明快にHRに例えれば、DOOBIEはZEP. 2007年10月31日に、久々の新作『 』(19曲+ボーナストラック1曲入り、2枚組)を発売した。 「我が愛の至上()」(全米1位)、「過ぎた事()」(全米32位)、「ジェームス・ディーン()」(全米77位)を収録。 、EAGLESはPURPLEであった。

>

Eagles(イーグルス)のアルバム一覧

1度でいいから生の声を聴きたかったと思う無念さも悪くはない気がしてきました そう考えると、アメリカに余計行きたくなってきました。 1980年 I Can't Tell You Why (8位)• Label: Warner Bros. デビュー当初は一般にはのイメージが強かった。 そしてリリースされた『 』においては、ハードロック、バラードさらにディスコ・チューンにまで多様な音楽性に挑戦するが、製作ヴィジョンが曖昧で展開するサウンドにもっぱら主張や一貫性はないなどと批判された。 3以降のNTTドコモ・au・SoftBank スマートフォン(008Z、009Z、 104SH、タブレット端末 を除く)、iOS 5. プレイヤーとしての技量はもちろん、メンバーそれぞれがリードボーカルも取れるイーグルスは、いかに素晴らしい才能を持ったミュージシャン集団であったかがよく分かりますよね。 1995年に16年振り3度目の来日公演をと、、で行ない成功を収めた。 このアルバムHotel Californiaは、これまでにアメリカ国内で1600万枚以上、全世界で2100万枚以上売り上げています。

>

Eaglesの名曲~代表曲から隠れた人気曲まで~

ファンは何十年にも渡って、内省的かつ寓話的というリッチな歌詞に込められた真意を考え続けている。 1974年3月、サード・アルバム『オン・ザ・ボーダー()』をリリース。 原題:• 「ならず者」ってのはちょっと違うんじゃないかと。 CAN: プラチナ• UK title: The Complete Greatest Hits• 9 ホテル・カリフォルニア(ライヴ)• デビュー前、グレン・フライは全員がボーカルを採れるバンドを目指していたが、ファーストアルバムの「」では、デビュー時のオリジナルメンバーであるグレン・フライ、ドン・ヘンリー、ランディ・マイズナー、バーニー・レドンの4人全員がリードボーカルを採り、コーラスワークもレベルの高いものとなった。 全英チャート3位を記録しました。 1976年 One Of These Nights Tour 2月2日,3日 、4日 、5日 、7日 、9日• 27 in 2003 3 9• Released: 1976年12月8日• 『ホテル・カリフォルニア』は1976年の12月に発売され、音楽評論家の絶賛を受け、商業的に大成功を収めた。 UK peak position from 2006 orig. 1972年 Peaceful Easy Feeling (22位)• それまでバンドの音楽的支柱のひとつであったレドンに代わるギタリストを探すのは難航したが、その間に初の『』をリリースした。

>

デスペラード(イーグルス)の歌詞を和訳して歌ってみたら、やっぱり名曲だった!

そういう面からも、イーグルスの(特にアメリカにおける)人気ぶりが窺える。 ロング・ラン The Long Run 1979年9月24日に発売されたイーグルスの6枚目のアルバムです。 1975年、(g)が加入。 原題:• 1972年 Witchy Woman (9位)• 2007年 How Long (101位)• Released: 2007年10月30日• 1976年12月、5thアルバム『ホテル・カリフォルニア()』をリリース。 Released: 1985年• 原題:• 2 ニュー・キッド・イン・タウン• 3 駆け足の人生• 1976年にリリースされ、全世界で3,200万枚以上の売上を記録した同名のアルバムに収録され、翌年にシングルカットされて特大ヒットとなりました。

>

イーグルスのおすすめ5曲!世界で1番アルバムが売れたバンドの名曲を紹介

「僕らは顕微鏡の下にいたんだ」とグレン・フライは当時を振り返る。 2016年1月18日、創設メンバーのグレン・フライが死去。 2007年10月、7thアルバム『ロング・ロード・アウト・オブ・エデン()』をリリース。 この頃、バンドは人気絶頂期だったものの、相変わらずグレン・フライとドン・フェルダーの不仲や、曲作りのスランプなどからバンドは1980年に活動を停止。 2008年 Busy Being Fabulous• その後、メンバーチェンジもあり、ロック色の強いバンドになっていったが、コーラスワークは維持され続けた。

>

イーグルス、名曲「ホテル・カリフォルニア」の1976年ライヴ音源配信開始

セールス的にも前作に続き大きな成功を収めている。 2016年3月、解散。 なお、前日の10月30日には、アメリカ国内においてなどを介した先行リリースが実施された。 5 時は流れて(リプライズ)• Released: 2001• 10 過ぎた事(ライヴ). ののように、ヘンリー=フライのコンビでヒット曲を連発していったが、レノン=マッカートニーは一方がほぼ完成させた楽曲に他方がアレンジなどの補完を行う関係だったのに対し、ヘンリー=フライのコンビは、主にヘンリーが作詞、フライが作曲を担っていた。 この曲はイーグルス1972年のデビュー・アルバムからのサード・シングルで、ホット100で最高位22位を記録した。 元々の音楽的ルーツとしてカントリー・ロック志向が強い4人であったため、前作のレコーディングとプロモーションにはかなりの労力が注がれたが、セールス的には失敗といえる有様であった。

>

イーグルス、名曲「ホテル・カリフォルニア」の1976年ライヴ音源配信開始

全米チャート52位を記録し、日本のオリコンチャートでは1位を記録しました。 7 お前を夢みて• ドン・フェルダーは後にメンバーとして正式加入しており、ツアーではカントリー的な楽曲ではレドン、ロック的な楽曲ではフェルダーがリード・ギターを主に担った。 全世界では4300万枚以上の売り上げといわれています。 8 素晴らしい愛をもう一度• 最高で全米チャート22位を記録しました。 10月20日より名曲「ホテル・カリフォルニア」の1976年のロサンゼルス・フォーラムでのライヴの配信もスタート、なお、iTunes Storeでアルバムを予約者はその場でこの曲のダウンロードが可能となる。 解釈は色々あるだろうが、つらい出来事に心を固く閉ざしてしまった友人に語りかける優しさに溢れた曲なのである。 1975年 『』 One Of These Nights (1位)• 全米チャート1位を記録し、全英チャートでも2位を記録しました。

>