郵便 法 違憲 判決。 ゆるーく学んで受かる行政書士試験講座: 郵便法事件って何?行政書士試験で頻出の重要判例

郵便法違憲判決 上告審

憲法にまつわる判例は数多くありますが、そのうち違憲判決が出たものはほんのわずかしかありません。 (昭和30年)、4月27日、刑集9巻5号947頁 - 、• 実際の試験では 適用違憲の判決も問われるので、チェックしておく必要があります。 その後 [ ] 最高裁の違憲判決を受けて、国会では不法行為にとどまらずに債務不履行にまで国の責任を認めるなど、郵便法改正案が2002年11月に成立し、同年12月に施行された。 さらに,特別送達の対象となる書類については,裁判所書記官(同法100条),執行官(同法99条1項),廷吏(裁判所法63条3項)等が送達を実施することもあるが,その際に過誤が生じ,関係者に損害が生じた場合,それが送達を実施した公務員の軽過失によって生じたものであっても,被害者は,国に対し,国家賠償法1条1項に基づく損害賠償を請求し得ることになる。 ・補足 立法不作為を理由とする最高裁違憲判決は、2017年(平成28年)現在の所、この1件だけである。

>

日本郵便の契約社員「不合理な格差」 きょう最高裁判決:朝日新聞デジタル

[19] よって,裁判官全員一致の意見で,主文のとおり判決する。 2 最高裁判所総務局長は, において以下の答弁をしています。 要するに本判決では、法律の文言自体は 憲法に反するものではないが、 法律の条文に列記されている場合以外に、 一切損害賠償を認めないとしている部分について、 違憲と判断しました。 900条4号ただし書前段は、嫡出でない子の法定相続分を嫡出子の2分の1とする規定を定めていたが、当該規定について、を定めた1項に、遅くとも2001年(平成13年)7月の時点では反するに至っていたとして、2013年(平成25年)9月4日、最高裁判所大法廷は違憲判決を下した。 嫡出子と非嫡出子を区別することが、 時代の変化によって法の下の平等に反するようになったため。 (笑) 当時の郵便法では、一律の免責規定が置かれていました。

>

ゆるーく学んで受かる行政書士試験講座: 郵便法事件って何?行政書士試験で頻出の重要判例

これを受けまして、その尊属殺に関します一般社会その他いろいろの意見を参照いたしまして、 法務省といたしましては尊属関係の加重規定を廃止するという案を考えまして、第七十一回国会に提出すべく準備をいたしましたが、各方面の御了解が得られなくて提案までに至らなかった次第でございます。 郵便業務従事者の軽過失による損害賠償の場合には法の定める範囲内で賠償責任を負い、それ以外には賠償責任を負わないとすることも、憲法第17条が立法府に与えた裁量権の範囲を逸脱するものではない。 最高裁は2018年6月、諸手当の格差をめぐる初めての判決で、労働契約法20条が禁じる労働条件の「不合理な格差」について「賃金項目の趣旨を個別に考えるべきだ」と判断の枠組みを示している。 国民の代表である国会が法律を作るのですから、簡単になんでもかんでも間違ってるなんてことにはならないでしょうし、そうなってしまっては国会じゃなくて裁判所が法律作れよという話になってしまいかねません。 もっとも、所有の原則形態は単独所有であって共有は例外形態ともいえますから、これが制限されることは財産権の侵害として憲法29条2項に違反するとしています。 一般的に無効とすると、消極的な立法作用を認めることになり、に反すると考えられている。 以上が、 法令そのものが違憲とされた判例です。

>

日本の違憲判決一覧

[4] ただし,特別送達には,書留の取扱いとしての役務に加え,裁判書類等を送達し,送達の事実を公証する公権力の行使であるという側面があり,一般の郵便物におけるのとは異なる利益の実現が予定されている。 意見2(、、、)• 最高裁判所における違憲判決一覧 [ ] それぞれの詳細は、憲法の各条文または各事件を参照のこと。 従って、損害賠償の対象などに限定を加えた目的は正当である。 前提となる知識を有してこその 判例検討だと思うしね。 との意見• 刑事事件に関するもの 尊属殺人重罰規定(最大判昭和48.4.4) 刑法199条には殺人罪が規定されています。 地方に住んでいる人の方が投票価値があるというのは平等ではありませんよね。

>

裁判例結果詳細

脚注 [ ] []. 故意・重過失でも免責されてしまうのはおかしいため。 ただし、時間の長短ではなく、是正が何ら行われなかった点が重要視されています。 玉串料の奉納は、その目的が宗教的な意義を持ち、その効果が特定の宗教に対する援助、助長、促進になるため。 なお、在外選挙人名簿に登録しなければ投票することができないという制限については、判例はありませんが上記のやむを得ない事由ありとして認められるかと思います。 ・ この大法廷判決言渡しの際,当事者席に原告の少女が着席しましたところ,未成年者が当事者席に着席したのは,おそらく大法廷で初めてのことと思われるみたいです(自由と正義2013年6月号15頁)。 しかし、 この事件では「特別送達」という、 裁判所からの特殊郵便であったという特徴にあります。

>

日本郵便の契約社員「不合理な格差」 きょう最高裁判決:朝日新聞デジタル

法令違憲とみる見解もある• 付随的審査制では、事件の解決に必要な限度で審理が行なわれるので、違憲判決の効力も、その事件に限られると解するのが、妥当とされ通説となっている。 。 そこで、このような規定ぶりは不合理な区別として差別であると認定され憲法14条1項に違反し違憲であるとされたのです。 ただし、この判断は同規定が合憲であることを前提として、(平成13年)7月当時から本件決定がなされる時点までに、裁判や遺産分割協議等の合意等により確定した法律関係には、影響を及ばない旨の判断も併せて示した。 講和条約発効後における占領法規違憲判決その2 [ ]• 書留について 「適正かつ確実に配達されることに対する信頼は,書留の取扱いを選択した差出人はもとより,書留郵便物の利用に関係を有する者にとっても法的に保護されるべき利益である」。 の意見• 1人が補足意見を付け、4人の裁判官が3つの意見を表明した。

>

ゆるーく学んで受かる行政書士試験講座: 郵便法事件って何?行政書士試験で頻出の重要判例

このことからみても,書留郵便物について,郵便業務従事者の故意又は重大な過失によって損害が生じた場合に,被害者の犠牲において事業者を保護し,その責任を免除し,又は制限しなければ法1条の目的を達成できないとする理由は,見いだし難いといわなければならない。 大法廷 裁判長 陪席裁判官 、、、、、、、、、、、、、 意見 多数意見 全会一致 意見 滝井繁男、福田博、深澤武久、横尾和子、上田豊三 反対意見 なし 参照法条 憲法17条,郵便法57条2項,郵便法58条,郵便法66条,郵便法68条,郵便法73条,民訴法99条 郵便法事件(ゆうびんほうじけん)とは、国家賠償請求責任を狭く限定したのの規定がを保障したに違反するかが争われた裁判 である。 郵便物が壊れていたり、誤った場所に送られてしまったりと郵便物に関するトラブルは意外とあります。 そもそも、 特別郵便料金を支払う、裁判所からの特殊郵便の場合は、 郵便局員には一般郵便物とは異なる特別の注意義務があるはずです。 (昭和28年)7月22日、刑集7巻7号1562頁 - 、• 同裁判所は、差押命令を行い、命令正本を特別送達の方法で銀行宛に出したが、郵便業務従事者が私書箱に投函したため送達が1日遅滞し、差押えを察知したBが預金を引き出してしまい、不動産会社Aは債権回収の目的を達成することができなかった。

>

【憲法判例】郵便法違憲訴訟(平成14年9月11日)の要点をわかりやすく解説

女性の再婚禁止期間規定(最大判平成27.12.16) 現行民法では、女性の再婚禁止期間は離婚してから6ヶ月とされていますが、これについては6か月というのは不必要な長さであり不合理とうことで違憲とされました。 ソレじゃ、やらないわけにはいかないわよね。 非嫡出子の法定相続分規定 [ ] 最高裁判所大法廷(平成25年)決定 民集第67巻6号1320頁。 目的には合理的な根拠があるが、手段に合理的関連性が失われており差別的であるため。 」と規定し,その保障する国又は公共団体に対し損害賠償を求める権利については,法律による具体化を予定している。

>