虎 徹 mark ii。 サイズ 虎徹 Mark II というCPUクーラーを買ったので レビューと取り付け方の紹介

超人気CPUクーラー「虎徹Mark II」をレビュー:3000円の冷却性能を検証

」と評価できるレベルです。 もくじ• 当然ながら、PBOを無効と有効を比較してもCPU温度の違いは僅かである。 ヒートシンク ヒートシンクのフィンの数は46枚、構造はシングルタワーとなっている。 コードが届かない!この後悪戦苦闘しつつも、なんとかファンピンを差すことができました。 そして 「ナット」を使ってマウンティングプレートを固定する。 「ファンクリップ」を付属ファンの四隅に引っ掛けて固定します。 「おおむね静か。

>

サイズ 虎徹 Mark II というCPUクーラーを買ったので レビューと取り付け方の紹介

B」や「風魔弐」に手が届くので、虎徹Mark IIのデュアルファン化はコスパ的には微妙です。 しかし、中の見えないタイプのケースを選択したり、水冷の水漏れが心配な人などあえて空冷を選択するユーザーも少なくない。 一般的なインテルのCPU以外で取り付ける人は、その位置を取扱説明書で確認して穴とネジの関係を合わせてください。 154. CPUに接触する面は実測で38m㎡だ。 5mmと低めでケースを選択の幅が広い• 付属ファンはサイズ社の「KAZE FLEX 120 PWM」を採用。

>

超人気CPUクーラー「虎徹Mark II」をレビュー:3000円の冷却性能を検証

パッケージ左側面には虎徹 Mark IIの詳細なスペック、右側面には旧虎徹からの変更点が記載されている。 PCケースが大きくないと、虎徹Mark IIの取り付けはギリギリの戦いになります笑 ファンを取り付けて、PCケースを立てるとこんな感じ。 3000円台から買える格安CPUクーラーだが、価格に見合わない高い冷却性能から今もなお人気なクーラーです。 付属の120mmファンだ。 27 mm厚の付属ファンを取り付けても、メモリとの干渉を回避できる設計です。

>

定番は虎徹だけじゃない!?「虎徹 Mark Ⅱ」の正統な上位モデル「MUGEN5 Rev.B」をレビュー

インテルのCPUクーラーはプッシュピンタイプ。 ということで本題。 スペースに余裕がないPCケースに虎徹Mark IIを取り付ける場合は、作業順番に気をつけましょう。 左:Contac Silent 12 右:虎徹 Mark II CPUファンも大きく差がある。 CPUの真ん中にグリスを適当な量 なんて分かりませんが をこんな感じで置きました。 若干取り付けづらいかもしれませんが、ねじの要領で回しながら入れる事ができます。

>

[開箱] 千元散熱器大車拚(III) 虎徹 MarkII

CPUの種類で、ネジの位置が変わるので、穴も複雑な形をしてます。 リテールと違って大きくてカッコいいですね。 CPUファンの「虎徹」の他に、セミモジュラー式のATX電源「剛短」でも、よく知られています。 こちらから見るとヒートシンクの位置が若干左に偏っているのが分かります。 CPUの背面にグリスをぬって• 一応リテールクーラーと虎徹mark2を並べてみました。

>

超人気CPUクーラー「虎徹Mark II」をレビュー:3000円の冷却性能を検証

3700Xは消費電力の割に温度が高い傾向にあるので、過酷な環境で使用するのであれば、冷却性能に余裕のあるクーラーを選びたい。 バックプレートの取り付け グリスの掃除が終わったら、まずはバックプレートを取り付けます。 ちなみにCPUクーラーを交換するのは初めてでドキドキです。 まだ固定していないので、支えなかったらスポーンっと抜け落ちてしまいます。 これやってCPU壊しても知らないよ 笑。

>