徳島 す ー さん。 徳島ヴォルティス オフィシャルサイト

徳島ヴォルティス オフィシャルサイト

社会人としてのマナーや接客の厳しさ楽しさを教えてくれたのはそごう徳島店でした。 」、awanotanuki:vortisさんは「MEGAドンキがあそこに来れば、まだワンチャンありそうやったけど…。 。 。 ヴォルティスが7年前にJ1昇格を決めた日のことは忘れられない。 「父も連れて行ってあげたい」との思いから、16日は大杉さんが大事にしていたユニホームを持ってスタジアムに向かう。 「新型コロナウイルスの感染拡大による不安もある中、ヴォルティス昇格は徳島にとっての希望。

>

「大杉漣はめちゃくちゃヴォルティスが好きだった」長男・隼平さんがエール 亡父の宿願、J1復帰を|スポーツ|徳島ニュース|徳島新聞

「それくらい、僕にもサッカーをしてほしかったんでしょうね」と懐かしそうに笑う。 。 私が高校生の頃の30数年前から令和までよくぞ持ちこたえたものだと思います。 「自分にも徳島の血が半分流れている。 「今季は戦いぶりが安定している印象」と話し、首位に立ってからは一層関心を持ってチェックしている。 徳島は大切な場所になっている」と隼平さん。

>

徳島ヴォルティス オフィシャルサイト

普段はあまり聞かない弾んだ声が、今もはっきり耳に残っているという。 うーん、後には何がくるんやろか…」とつづった。 大杉さんは休みがあればスタジアムに足を運び、どんなに忙しい時もテレビで試合を観戦。 「やったー! 多くの県民が幼い頃から家族で訪れるなどして思い出を刻んできたそごう。 当日までに昇格が確定していたら、祝福の気持ちを込めて観戦するつもりだ。

>

カフェブーサン (cafe boosan)

」、映画監督の川原康臣さんは「デパートといえばそごうだったな。 16日のホーム最終戦には、鳴門ポカリスエットスタジアムへ大杉さんのユニホームを持参し、父が愛したチームの晴れ姿を見届ける。 ファンクラブの年間会員は今も大杉さんの名で継続中だ。 」と思い出をつづった。 幼い頃には、祖父母と一緒に本やオモチャを買いに行ったなぁ。 小学生の頃、サンタクロースにバスケットシューズをお願いした隼平さんの元に贈られたのはサッカーシューズだった。 一サポーターとして昇格を願っている」とエールを送った。

>

カフェブーサン (cafe boosan)

大杉さんのサッカー好きを象徴する思い出も。 かつてはにぎわっていた徳島駅前の今後を危ぐする声も多かった。 」、さんは「いやしかしどうにか買い手つかんもんかな 売上自体はまだそれほど落ちてないはずだし」とのコメントを寄せた。 サッカーのJ1復帰まであと1勝と迫っている徳島ヴォルティス。 ツイッターでは「そごう徳島店」がトレンド入りするなど大きな反響を呼んだ。 チルノ スカーレットさんは「駅前にそびえる巨大なそごうを見たら徳島に来たっていつも実感するくらい徳島駅前のシンボルなのに…また徳島が寂しくなっていく」、バディバディ 徳島 居酒屋さんは「子供の頃は、日曜日に家族で行ったら駐車場が満車でなかなかは入れなかった思い出があります。

>

徳島ヴォルティス オフィシャルサイト

」、てつろーさんは「ひとつの時代が終わったな。 ビジュアル系シンガーのKayaさんは「え! 徳島そごう閉店!? なんてこと。 先日祖父のお葬式で訪れた際にも、息子の服を家族と買いに行った。 「父はめちゃくちゃヴォルティスが好きだった」。 俺が若い頃は駅周辺に行くのに「街に遊びに行く」言うてたけどそれも昔話やなぁ。 家族でヴォルティスを応援し、試合結果は必ずインターネットで確認する。

>

徳島ヴォルティス オフィシャルサイト

退社してからはなかなか行ってませんでしたが寂しくなるなぁ😭」とさみしさをつづった。 試合前日にはよく観戦の誘いの電話が隼平さんにかかってきた。 試合終了後、電話の向こうで父の歓喜の声が響いた。 一方で、中心市街地の空洞化が進む現状で閉店は仕方ないとの見方も多かった。 突然の閉店発表を受けて、理世さんは「残念です」、AKIさんは「時代ですかね」、ちゃんえりさんは「ついに駅前シンボルの2つ目が…」と驚きを隠せない様子。 そごう徳島店が2020年8月末に閉店することが発表された10日夕、閉店のニュースを伝えた徳島新聞ツイッターには県民らから驚きや閉店を惜しむ声、子どもの頃に家族で訪れた際の思い出話などが相次いで寄せられた。 学生さんのとき、よう遊びにいったなぁ。

>