長期 優良 住宅 デメリット。 長期優良住宅とは?認定基準とメリット・デメリットを解説

長期優良住宅のメリット・デメリットをまとめてみました

長期優良住宅の良さが目立ってしまいますが、意外に減税があっても安くならないなんて失敗も多々あります。 ですので、減税措置2年間延長の減少効果と、固定資産税そのものの上昇効果を足し合わせて考えなければならず、お得感はかなり薄れることになります。 そして、点検完了後は自らが点検結果を記録しつつ保管する必要があり、その手間も長期優良住宅を所有することのデメリットのひとつといえます。 長期的な運用を考える場合、大きな資産となるでしょう。 長期優良住宅の認定を受けると、この登録免許税の軽減措置では おおよそ1~3万円程度の節税が可能と考えておきましょう。

>

5分でわかる、長期優良住宅のメリットとデメリット

そういった住宅会社では、建築費用の大幅な値上げを迫ってきたり、申請の代行費用として大きな金額を請求されることも。 点検の結果、必要に応じて補修等を行うこと• — 住宅ローン控除 減税 の上限額の比較 — 控除対象の 上限額 10年間で控除される所得税と 住民税の合算上限額 一般住宅 4,000万円 400万円 長期優良住宅 5,000万円 500万円 通常の家であれば、住宅ローンの借り入れが5,000万円あったとしても、控除対象となる金額の上限は4,000万円が限度額となり、住宅ローン控除が適用される10年間での控除上限額は400万円となります。 金利Aプランの適用条件…耐震等級3• また、消費税率10%が適用される住宅を取得し、2020年12月31日までに入居した場合には、控除期間が3年間延長されます。 借入残高4,000万円以下の場合、年収に関係なく一般住宅と比較して、長期優良住宅の税控除のメリットがありません。 光熱費を抑えたい 長期優良住宅の条件の1つに、「省エネルギー対策」という項目があります。 それに加え、着工後も第三者による検査が必要です。 計画書には定期点検のサイクルも盛り込む必要があり、それにしたがって必要な措置をとっていく必要があるのです。

>

5分でわかる、長期優良住宅のメリットとデメリット

「登録免許税」というのは、家の購入に際して法務局に登記する際にかかる税のこと。 例えば、店舗部分を含めた建物を建て替えしたい時、住宅ローンは取り扱いできても、店舗部分は自己資金で賄うとなると、建て替えが困難になるかもしれません。 申請方法にもよりますが、この審査にも数週間程度の余分な時間がかかるでしょう。 これが一般の住宅の場合、控除される額は1,200万円までとなるため、長期優良住宅の方がやはりお得ですね。 損害を補償してもらうためには地震保険に加入しなければなりませんが、地震保険は単独では加入できず、火災保険の特約として加入できます。

>

長期優良住宅とは?認定基準とメリット・デメリットを解説

一戸建て住宅の維持費に関しては下記の記事で詳しく解説をしています。 そんな保証はどこにもない。 すごくカンタンな作業ですが、これをやるかやらないかで マイホーム計画の失敗率は格段に下がります。 長期優良住宅の5つのメリット 長期優良住宅は、基準の厳しさと引き替えに、さまざまな税制上の優遇措置を設けています。 補助金の給付• 物件でみる長期優良住宅 長期優良住宅にも、物件によって市場でのシェア、認定基準、特徴などはそれぞれです。 建築期間に時間を要する 新築の場合、通常の住宅より数週間から数か月ほど多く建設期間を要する場合があります。

>

長期優良住宅のメリット・デメリット!2018年の考察と落とし穴

建物本体が性能項目をいくらクリアしていても、 申請しなければ、認定長期優良住宅とならないため、 注意が必要です。 長期優良住宅の認定を受ける一戸建ては毎年10万戸以上となっており、人気の高さが伺えます。 投資型減税制度は長期優良住宅のみに適用される所得税の優遇措置で、標準的な性能強化費用相当額(上限:650万円)の10%をその年の所得税額から控除する制度です。 維持管理・更新の容易性• 税の特例措置を受けられる 長期優良住宅に認定されると、住宅ローン減税制度の控除対象限度額が一般住宅の4,000万円よりも高い、5,000万円に引き上げられます。 それでは次に、長期優良住宅で建てる家のメリットについて見ていきたいと思います。 ただし、フラット35Sは長期優良住宅でなければ適用できないというわけではなく、耐震性や省エネルギー性などの一定の条件をクリアし性能証明書を取得できるならば、一般住宅でも適用することが可能です。 長期優良住宅の認定基準は以下の通り。

>

5分でわかる、長期優良住宅のメリットとデメリット

年々建材の品質も良くなっているため、 長期優良住宅の認定を受けていなくても、最近の住まいは安全だと言えるでしょう。 登録免許税の軽減率は以下の通りです。 そのような住宅の場合は、建築コストはそれほどあがりません。 長期優良住宅のメリット 長期優良住宅には、家の性能が高い品質で建てられるだけでなく、先ほどもお伝えした通り金銭面でのメリットが大きく、• Contents• 長期優良住宅とは言葉通り、 長期に渡り優良な住まいを維持できるだけでなく、 税制面や住宅ローンの金利面などさまざまな面でメリットがあります。 税制面でも様々な優遇を受けられるので、所得税が高い方ほどメリットがあります。 維持管理・更新の容易性 建物が頑丈につくられる一方で、内装に関しては耐用年数が建物よりも短いため、快適な生活を維持するためには清掃や点検、補修といった作業を適時実行しなければなりません。 その他審査にあたって必要な書類 (既に設計住宅性能評価書が交付されている住宅については、評価書又はその写し) 長期優良住宅申請手順 大別すると下記の2つの流れになりますが、事前に技術的審査の適合証を取得するかどうかです。

>