星 ドラ さとり。 【星のドラゴンクエスト】「さとりの服下」の強さを評価してみた!

【星のドラゴンクエスト(星ドラ)】さとりの杖の評価とおすすめスキル

1:のLvが99以上である。 ウルトラスターのさとりはアクセサリー、を入手後に手に入ります。 魔賢導士のさとりはアクセサリー、を入手後に手に入ります。 星の結界・青 ヒャド、バギ、氷ブレス• できるならせめて一つだけでも完凸させておきましょう。 「さとりの服下」のデメリット 「さとりの服下」の欠点は、 防御力が低い点にあります。 ランク B 「さとりの剣」サブスロット 無凸状態~完凸状態まで 完凸 攻撃呪文 A 補助呪文 B 補助呪文 C 攻撃特技 B 「さとりの剣」のメリット 「さとりの剣」の長所と言えば、 そのバランスのとれた性能にあるでしょう。

>

【星のドラゴンクエスト】「さとりの杖」の強さを評価してみた!

超級職の元となる職業 バトルキングならバトルマスター のLvが99であること、イベントクエスト「」のボス初級クリアで入手できるアクセサリー さとり を入手することで超級職へ転職すとが可能になります。 最大レベル +50• 初心者が知りたい情報• 1:のLvが99以上である。 さとりの弓 錬金で新たな武器に変化させることができるのも「さとりの杖」が高い評価を受けている理由の一つでもあります。 ストーリー攻略• むしろピオラ以外はあまりセットすることはないでしょう! 攻撃特技 B さとりの剣の攻撃特技 B のサブスロットには、がおすすめです。 星パス特典ガチャ情報• ランク C• 全職業中でも破格のHPと身の守りの高さを誇るため、ギガ伝説級や魔王級の猛攻を凌ぐ上では欠かせません。

>

【星のドラゴンクエスト】「さとりの杖」の強さを評価してみた!

1:のLvが99以上である。 イベントクエストで手に入る装備は、無課金装備と呼ばれています。 シーズンが変わると報酬の内容は一新され、シーズンは「メダル王の城」「メダル魔王の城」画面で確認できる「収集期間」を超えると切り替わります。 サブにセットした武器のステータス加算は発生しない• (それもできれば「 10連宝箱ふくびき」を・・・) そうなれば 無課金ユーザーにとってことは 最強装備を手に入れる 最高の手段です。 1:のLvが99以上である。

>

【星のドラゴンクエスト(星ドラ)】さとりの弓(錬金)の評価とおすすめスキル

上級職のさとりは、上級職の実装と同時に開放される曜日ダンジョンの「」で入手できます。 クリックすると確認出来ます。 攻撃魔力、回復魔力の高い魔賢導士とは相性がよく、呪文の回転を上げることができるため相性が良いです。 周回クエストよりも高難度クエストで活躍します。 カカロンを召喚すれば味方全体のHPを回復しつつ、呪いや封印といった解除手段に乏しい状態異常を解除できます。 無理して完凸する必要はないでしょう。 魔賢導士のさとりはアクセサリー、を入手後に手に入ります。

>

【星ドラ】ちいさなメダル/まおうメダルの入手場所と効率的な集め方【星のドラゴンクエスト】

サブにセットした武器の特性は発動しない• サブにセットできるのは、ブレイブナイトの得意武器のみ• 中途半端な状態で放り投げてしまうより労力を伴ってしまうかもしれませんが、完凸として最終形態まで完成させた方が「さとりの杖」の性能をフルに発揮できることに加え、心の中に後悔も残ることもありません。 サブにセットした武器でも、EXや超必殺技は発動しない 例えば、黄金竜の槍のように、メインにEXスキルを持っている場合どうなるか• 是非入手しておきたい錬金武器 さとりの弓は、弱い点として、メインスキルの効果の汎用性が低い点などがあげられますが、サブスロットの性能がとても優秀であり、入手しておきたい装備と言えるでしょう。 完凸時のサブスロットが良い さとりの杖は、完凸時のスキルスロットが優秀なので、の下位互換ではありますが、十分な性能を発揮します。 ゴッドハンドのさとりはアクセサリー、を入手後に手に入ります。 ブレイブナイトとアルカナロードに限り、該当する上級職がないためレベル上げの必要がありません。 6本の武器に搭載されているメインスキルを順番に使えるため、強力な武器は前の方にセットしておきましょう。

>

【星のドラゴンクエスト(星ドラ)】さとりの杖の評価とおすすめスキル

2:時空術士のさとりを持っている。 さとり杖のメインスキル「」は強力な攻撃呪文なので取り出して、多くの武器にセットさせることができます。 このクエストでは様々なさとりが 随時アップデートごとに追加されて いきそうですね。 性能面でいうよりビジュアル面で強い魅力を感じるシリーズとなっています。 攻撃系統のスロットが2つに 補助呪文が2つ計4つのスロットがあります。

>