Bl の 教科書。 【新聞】BL研究入門!?「BLの教科書:堀あきこ」(2020年9月12日掲載)

日本のボーイズラブ研究を1冊に! 『BLの教科書』が目指したこととは?(GQ JAPAN)

p128 竹村和子は『家庭という私的領域が「正しいセクシュアリティ」として欲望を制御している』と論じた。 ボーイズラブを略したものがBLなので、少年がメインと思われがちですが、歴史的には幅広い年齢の男性が描かれてきました。 研究の蓄積は日本が最も多く、『BLの教科書』では今はもう手に入りにくいBL作品や、先行研究も数多く紹介しているので、日本だけではなく「世界のBL」を研究したい人にも需要がある書籍になると思います。 いま、弊社としては異色のが刊行に向け着々と編集作業中です。 p244 - ヘタリアの4コマ漫画「おっぱいは永遠なんだぜ」は韓国で大きく問題視された。 当時はBLという名前ではなく、「少年愛」と呼ばれていました。

>

「BLの教科書」書評 性をめぐる二重基準や壁を映す|好書好日

それは、BLという「」が学問の対象となっているという点です。 Twitterでは、2. 「自分が好きなものについてもっと知りたい」と感じている人たちに、見たことがない分野に対しても興味も持ってもらえたら嬉しいです。 『BLの教科書』は漫画・小説だけではなくて、他の作品も扱っています。 その理由は明確に説明されてないp250-251. ジャンルでさがす• 1970年代から現在まで日本では何度も論じられていることが、そのシンポジウムでは新しいトピックとして登場していたんです。 「海外の研究者のためにも、これまでの日本のBL研究を教科書のような形にしてまとめなければ」と守さんと話をしました。 それは少年同士の愛を描く作品で、裸身の描写が含まれていた。

>

堀あきこ/BLの教科書

いろいろ思うことはあるのに、良さを伝えたいのに、言葉にすると途端に色褪せてしまうような… 静かに余韻を噛み締めたい、そんな素敵な作品でした。 堀 私は、実はちょっと予想していました。 同席していた営業部員も実はBLが好きで、「いまはどこの書店に行ってもBLの棚があり、社会に定着しつつある」とコメントしてくれました。 尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。 はぁぁぁぁん(反芻) 短編ながらも綺麗にまとまった二作目『transition』のあと、また二人に会えたの嬉しすぎました。 私自身も子どもの頃から漫画をたくさん読んでいて、その中には男性同士の恋愛を扱ったものも含まれていたのですが、「今、BLは研究テーマとしてもニーズがあるのだな」と実感しました。 関西大学他非常勤講師、関西大学人権問題研究室非常勤研究員。

>

「BLの教科書」刊行記念イベント『第一部:BLの歴史』配信決定! | ガジェット通信 GetNews

BL好きな人が書くブログや集められた情報に研究者が助けられることは頻繁にあります。 あと、近頃は「おじいさん」と呼べるくらい高齢の男性が登場するBL作品も増えていますね。 研究者を含めたBL好きコミュニティー全体がもっと面白く盛り上がってほしいですね。 例えばジャニーズの男性アイドルは、ファンサービスでカップルのように振る舞っても、基本的にそれは冗談やネタだという構えを崩さない。 本書にはそれらカバーの比較があるが、視線の向き方は驚くほど異なっている。

>

BLの教科書 / 堀 あきこ/守 如子【編】

当時はBLよりも、レディースコミックという男女の性愛を対象とした商業誌が多かったのですが、最近は性的な描写のあるBL作品も商業誌で増えてきましたね。 BLって海外でも研究が非常に進んでいるんです。 『弟の夫』で知られる田亀源五郎さんへの「BLマンガとゲイコミック」についてのインタビューや、テニミュ(ミュージカル「テニスの王子様」)などの2. BL ボーイズラブ の歴史や研究の方法論,社会との関わりなどをジェンダー視点を重視して整理したBL研究入門。 第4章に詳しく書いているとおり、2000年代に入ってから「BL」という名前で一般にも知られるようになり、作品数も愛好者も拡大していきました。 しかし近年では、BL出身のマンガ家が一般作でも名作を数多く生み出したり、『おっさんずラブ』など男性同士のラブストーリーを描くドラマがヒットしたりと、その裾野は広がっている。 雑誌「JUNE」で竹宮はマンガ教室を、中島梓は小説道場を開き、そこで多くの作家を育てた。

>

「BLの教科書」発売決定!六法全書などを出している有斐閣出版の真面目な本です

『BLの教科書』は漫画・小説だけではなくて、他の作品も扱っています。 出版社内容情報 BL(ボーイズラブ)の歴史や研究の方法論,社会との関わりなどをジェンダー視点を重視して整理したBL研究入門。 1979年のこと。 BLは男性同士の恋愛を描いたフィクションです。 博士(社会科学)。 最初の企画会議では「BLとはどういうものか、これまでにどんな研究の蓄積があるのか」を説明しても、ぴんとこないといった様子の編集部員もいました。

>

楽天ブックス: BLの教科書

『永久保の研究は、これまでの「BL論」の「なぜ私たちはこのジャンルを好むのか」という視点を、「このジャンルはなぜおもしろいのか」に変更する画期的なものであった。 お知らせ• はじまりはハッテン場、教師と生徒。 腐女子・腐男子必携! 本邦初のBL研究入門『BLの教科書』 いまや、どこの書店にもBLコーナーがあるくらい、BLは一般的な趣味ジャンルになっています。 専門はジェンダーとセクシュアリティの社会学、メディア文化研究。 それから半世紀。 BLが好きな女性を「腐女子」と呼びますが、腐女子のコミュニティーが拡大していったのは、インターネットの普及でコミュニケーションが円滑になった部分が大きいと思います。

>

「BLの教科書」書評 性をめぐる二重基準や壁を映す|好書好日

まさかこの素材からこんなにも純真な恋物語が生まれようとは…。 編集部は怒ったが、差し替えを用意する時間はなく、竹宮の原稿をそのまま掲載した。 この作品を一つの源流として、今日BL(ボーイズラブ)と呼ばれるジャンルが確立した。 それら事件は、男性と女性、および異性愛と同性愛への、二重基準の存在を浮かび上がらせた。 第4章に詳しく書いているとおり、2000年代に入ってから「BL」という名前で一般にも知られるようになり、作品数も愛好者も拡大していきました。

>