鶏 胸 肉 チャーシュー 炊飯 器。 【究極レシピ】鶏むね肉を使った『さっぱり鶏チャーシュー』が簡単すぎるのに異常なウマさ! 調味料は「味ぽん」のみ!!

【究極レシピ】鶏むね肉を使った『さっぱり鶏チャーシュー』が簡単すぎるのに異常なウマさ! 調味料は「味ぽん」のみ!!

にんじんは大きめの1口大に切り、にんにくは包丁の側面を使って潰します。 炊飯器にお米を入れて大根を上から散らし、その上から(3)を平たくのせます。 A:薄口しょうゆ大さじ2• 食中毒に気をつけて鶏肉の低温調理を極めよう! 食中毒の危険性をよく学び、調理方法に気をつけていれば、低温調理は怖くない! 自宅で低温調理した料理は念のため、 小さなお子さんやご年配の方、妊婦さん、体調の優れない方は、食べるのを控えたほうが良いです。 にんにくチューブ適量• (ギリギリのラインなので、不安な方は45分くらいやってください) 3、ジップロックの中に塩を2つまみほど入れ10分くらい置く 30分経過したらジップロックを取り出し、中に塩を2つまみくらい入れて軽く揉みましょう。 このとき湯の温度が低いと、鶏肉の中まで火が通らなくなるので、必ずぶくぶく沸騰した湯を入れましょう! あれば長ねぎの青い部分を入れます。 B:砂糖大さじ1• 【作り方】 その1:しょうがを薄切り、にんにくを軽くつぶす(赤とうがらしを入れる場合は、半分に折って種を取り除く)。

>

【究極レシピ】鶏むね肉を使った『さっぱり鶏チャーシュー』が簡単すぎるのに異常なウマさ! 調味料は「味ぽん」のみ!!

さらに、保温のスイッチをきって1時間ほど待ち、冷ましていきます。 All of them were independently selected by our editors. 1枚は保存用に、ラップでくるっと包みます。 触れる程度に冷めたら、キッチンペーパーで軽く汁気をきります。 鶏肉はフォークで穴をあけて、十字に切って4等分にし、塩コショウを振ります。 ちなみに、ネギ塩だれは「ネギ」「ごま油」「塩」「こしょう」で作りました。 実は、 砂糖をまぶすと保水効果が高まるので、パサパサになりにくいのです! 砂糖をまぶしたら、鶏肉にラップを貼りつけるようにして室温で30分おきましょう。 玉ねぎは1cm幅に切り、エリンギは縦2等分にし、1cm幅に切ります。

>

炊飯器に鶏肉と玉ねぎをぶち込むだけでホロホロ柔らか美味い肉ができあがるぞ

安い普通のやつです。 A:しょうがすりおろし少々• 一晩冷蔵した後の肉をポリ袋に入れて空気を追い出し、口をクルクルねじって結び、熱湯を注いだ炊飯器にすっぽり入れて、保温で3時間茹でる• サラダチキンのゆで汁を2合の目盛りまで入れます。 炊飯器の蓋を締めてスイッチを押します。 すき焼きのタレ大さじ3• 砂糖? いらん。 A:酢大さじ1• チャーシューって脂っこいイメージだけど、『さっぱり鶏チャーシュー』はその名のとおりさっぱりしているから、いくらでも食べられそうだ。 そこで今回使うのが 炊飯器の保温機能。

>

【低温調理法】炊飯器でレアな鶏むね肉のたたきを作る

ラー油お好みで• お米を研ぎ、普段通りの水の量を入れ、コンソメ、バター、塩コショウと(3)を加えて炊飯器のスイッチを押します。 A:しょうが1片• フライパンに油を熱し、肉の表面を強火で焼いて焼き色をつける。 ラー油お好みで• おもてなしにもぴったり! 【作り方】4人分• 帰って炊飯器にセットして、あとはシャワーを浴びている間に夕飯が完成している!!って感じですね。 おかずとして作った『さっぱり鶏チャーシュー』が、立派なおつまみに早変わりです。 えーー!? 砂糖? 甘くないの? そんな風に感じられる方もいらっしゃるかもしれませんね。 。

>

【究極レシピ】鶏むね肉を使った『さっぱり鶏チャーシュー』が簡単すぎるのに異常なウマさ! 調味料は「味ぽん」のみ!!

あじ塩適量• 油揚げは湯通しをして油抜きをし、横半分に切り、細切りにします。 ローストビーフ(出典:) 大人気の肉料理、ローストビーフを炊飯器で作るレシピです。 スイッチオン! 普通に炊きます。 (2)のお腹の中に赤飯を詰めます。 【作り方】4人分• ご飯のおかずやおつまみにも、 チャーシュー丼のアレンジもおすすめ。 にんにくチューブ2cm• 熱湯……2カップ では、さっそく作ってみましょう。

>

炊飯器でも可能!話題の「低温調理」で挑戦すべき肉料理はコレ [みんなの投稿レシピ] All About

30分経ったら、ラップを外して炊飯器の釜に鶏肉を入れます。 鶏肉全体にフォークで穴をあけていきます。 炊飯器の中に(1)と Aを入れて水を通常のお米を炊く際の分量で加えて軽く混ぜ合わせます。 万能ねぎ(小口切り)少々• 低温調理とは 今回、鶏むね肉をたたき風に食べるにあたり一番重要となるのが、 低温調理と呼ばれる調理法です。 その5:火を消し、ふたをしたまま10分ほど皮目を下にしておいておく。 炊飯器はご飯だけでなくお湯の温度も一定に保ってくれます。

>