埋葬 費 給付 金 制度。 葬儀の補助金まとめ。死亡後にもらえる給付金と申請方法

ご本人・ご家族が亡くなったとき

近年、葬儀費用を抑えるために小さなお葬儀が増えています。 健康保険加入者適用の「埋葬料」 葬儀費用の給付制度は、国民健康保健だけに限りません。 ・亡くなった方の国民健康保険証 ・申請者(手続きをする人)の本人確認書類 ・会葬令状といった葬儀の喪主が分かる書類 ・振り込み先の口座が分かるもの ・葬儀にかかった費用がわかるもの(領収書など) ・印鑑 ただし自治体によっても異なりますので、事前に市役所や町役場の国民年金に関する部署で確認しましょう。 それぞれの給付金の種類について具体的に解説していきますので、適用する給付金を確認しましょう。 添付する住民票は個人番号(マイナンバー)の記載がないものをご提出ください。 葬儀にかかる費用自体を抑えるためにはどうすればいいのか、解説していきましょう。 葬儀費用に不安がある方は、故人がお住いの市役所や町役場に相談してみましょう。

>

葬儀の補助金まとめ。死亡後にもらえる給付金と申請方法

「金融機関から『団信弁済届』という書面をもらい、保険請求をします。 支給額は、故人の住んでいた場所や、加入していた制度によって違いますが、一般的に、 国民健康保険加入の場合は5~7万円、 後期高齢者医療制度加入の場合は3~7万円です。 ) 制度 このPDFファイルを表示するためには「Adobe Reader」 無償 が必要です。 葬儀の領収書• よくあるオプションとしては、より高級な棺や高級材質を使った骨壺、豪華な葬儀のデコレーションといった 通常よりグレードの高いサービスを提供するものです。 この健康保険で支給される上限は 5万円です。 提出するのは社会保険事務所、または健康保険組合です。

>

葬祭費(埋葬費)給付制度について

市役所へ葬儀費用の給付金申請をする方法 市役所や町役場に葬祭料の申請をする場合、必要な書類をそろえ、国民健康保険を担当する窓口で手続きをする必要があります。 亡くなった方が組合健保または共済組合の被保険者だった場合は、加入していた健康保険組合または共済組合にお問い合わせください。 遺産相続の基本的な流れを知りたい方は、こちらをご覧ください。 また、埋葬料や埋葬費は社会保険の加入者が対象でしたが、国民健康保険の加入者や後期高齢者医療制度の方は別途「葬祭費」という支給がありますので、そちらをご覧ください。 以下は葬祭費の地域別支給金額の一例ですので参考にしてください。 葬儀費用領収書(ない場合は葬儀社の電話番号、案内状、礼状等) 印鑑 埋葬料は手続きをしてから書類に不備がなければ2週間〜3週間ほどで振り込まれます。 そのうち申請しようと思いつつ、そのまま忘れてしまうことも考えられるでしょう。

>

お葬式費用が補助される葬祭費(埋葬費)給付金制度とは・・

詳しくは、 をご参照ください 国民健康保険・国民健康保険組合・後期高齢者医療制度は対象外(葬祭費の対象) 国民健康保険(国保)、国民健康保険組合(国保組合)または後期高齢者医療制度の被保険者が亡くなった場合は、埋葬費は支給されず、代わりに、葬祭費の支給対象となります。 また、健康保険に加入していた方が亡くなる直前に国民健康保険に切り替えた場合では、健康保険側から支給を受けられることがあります。 埋葬料の申請方法については、全国健康保険協会(協会けんぽ)・組合健保・共済組合・船員保険など、各該当窓口でご確認ください。 マイナンバーカードを持っている場合は、マイナンバーカードの表と裏の両面のコピーが必要です。 各都道府県別の葬祭費 以下、葬祭費の支給金額と申請方法について、各都道府県別にまとめたものになります。 国民健康保険に加入していた場合 亡くなった方が国民健康保険(または後期高齢者医療制度)を支払っていた場合、市区町村から葬祭費が支給されます。 印刷の際の注意点 印刷する際は、以下の 4点にご注意ください。

>

埋葬料・葬祭費とは?葬儀をしたら給付金がもらえないか確認しよう

被保険者が亡くなられた直後は何かとバタバタするものだと思いますが、 申請することを忘れないようにしましょう。 受給者がいない場合は埋葬費、被扶養者が亡くなった場合は家族埋葬料 また、故人が健康保険に加入していても、埋葬料を受ける人がいない場合は「埋葬費」として5万円が実際に埋葬を行った方に、また被扶養者が亡くなった場合は、「家族埋葬料」として、やはり5万円が被保険者に、それぞれ支給されます。 各自治体で葬祭費が支給される制度(葬祭費給付制度)が設けられています。 「葬祭費」の給付申請について 故人が、国民健康保険や後期高齢者医療制度に加入していた場合、葬儀を行った喪主などに対して給付されるのが「葬祭費」です。 給付を受けたお金はまさにその代表格といえるでしょう。 お勤め先の社会保険組合の被保険者だった方が、 2の継続給付を受けなくなってから 3か月以内に亡くなったとき (出典: ) 火葬のみ(直葬)の場合でも対象となる お通夜や告別式を行わず火葬のみ行う直葬の場合でも、それによって埋葬費給付金制度の対象外となることはありません。

>

お葬式後に利用できる給付金制度 (葬祭費・埋葬費・葬祭扶助)|葬儀・家族葬なら【よりそうお葬式】

なお、全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)には埋葬料付加金の制度はありません。 死亡診断書• その他官公署が発行する写真つき身分証明書のコピー いつ振り込まれる? 埋葬費は、協会けんぽの場合、申請書に記入した金融機関口座に振り込んで支給されます(現金で受け取ることはできません)。 埋葬費支給申請書 「健康保険 被保険者 家族 埋葬料(費)支給申請書」は、手書きで記入する方法と、パソコンで入力する方法があります。 死亡者と生計を同じくしていたことの証明書(住民票記載事項証明書)• 受け取る条件:生計を維持していた方とは 国からの給付金は、「子供」「2親等」・・のように血縁者が定義されている場合が多いですが、「埋葬料」「葬祭費」には細かな指定はありません。 また 基本的には、葬儀を行う業者や火葬場はあらかじめ指定されています。

>