鳥取 城 の 戦い。 尼子再興軍による鳥取城の戦い

【鳥取城攻め】人馬を食い漁る餓鬼道!鳥取の渇え殺し!

作品 [ ] 文学 [ ]• 1階は8間四方、2階は6間四方、3階は4間四方と規則正しい逓減率となっている。 さらに西に進むと北尾ノ陣所があります。 それは、 主・池田秀氏からの知らせだったようで、既に与力の木下重堅、垣屋恒総が西軍に味方していると言う情報もあったようです。 下記は山頂部の井戸です。 次も鳥取県の皆生温泉を、読売旅行で予約している。

>

鳥取城の戦い|家紋で見る合戦シリーズvol.14

鳥取城は完全に孤立した。 鳥取城では輝政の孫にあたる池田光政が城主になって、引き続き池田家が鳥取城を治めていきます。 このように、橋や櫓や門が復元される。 戦後の影響 [ ] 攻略した鳥取城には山名豊国が入り、幸盛ら尼子再興軍はに入ってここを居城とした。 吉川経家は、意を決し羽柴秀吉に降伏。

>

鳥取城の戦い(1581年)

鳥取城・降伏 経家は3カ月以上持ち堪えが、これ以上の籠城は無理と判断し、秀吉に自分の命と引き換えに城兵の助命を申し入れた。 『-新日本古典文学大系60』檜谷昭彦・江本裕 校注(岩波書店 1996年)• 石垣や城門が残る鳥取城跡からは市街を一望できます。 有岡城から救出され体を休めていた官兵衛がいつごろ復帰したのか詳細な記録が残っていませんが、第一次鳥取城の戦いには参戦していたようです。 この時点で、豊国は因幡守護であるが鳥取城主ではなくなった。 他のものに切らせる」と言ったそうですが、経家はそれを聞き入れず、自分が腹を切って果てました。 今回の縄張図は高橋成計氏の作図の物を許可を得て使用しています。

>

豊臣秀吉も攻めあぐねた【鳥取城の歴史】をまるっと解説

その後、西郷隆盛が起こした西南戦争が終わると国内の治安は安定したので、鳥取城に陸軍がいる意味が薄れてきました。 東西に細長い郭で捉え所のない印象を受けますが、 詳細に見ると北側の西寄りに北の郭群から上ってくる虎口が開いています。 、太閤ヶ𨸶に関連する陣所の続きです。 豊国の篭る鳥取城は羽柴秀吉の攻撃を受けて降伏しますが、織田信長につくことを良しとしなかった家臣達は城主である豊国を追放し、毛利に代わりの城主を要請します。 天気が悪く、途中小雨あり、展望も期待できず 山頂には登らなかった。

>

鳥取城の陣城一

礎石列や貯蔵されていた銃弾も出土した。 天守台の石垣を見ると北側に向けて築き足した箇所が明瞭に確認でき、3層天守を2層に改築した際に石垣を拡張したことが遺構からも確認できる。 その後、1605年に複合式層塔型2層2階地下1階の天守が設けられたとされています。 同年8月、幸盛ら尼子再興軍は約1,000の兵を率いて高信が籠もる鳥取城へ進軍した。 大正時代になると、市民から要望を受けた旧藩主鳥取池田家によって久松公園(きゅうしょうこうえん)が整備されました。

>

鳥取城の陣城一

以降、守護家に対して優勢になった高信はを攻撃し、因幡守護のをに逃亡させ名目上の守護・を擁立し下剋上を果たした。 しかし、宮部長房は石田三成に味方するため、戻る決断をしました。 家臣たちはそれで得た金銭ですぐにでも兵糧を買い付ければよいと踏んでいましたが、その間もなく、天正9年(1581年)6月姫路城を出陣した秀吉は、鳥取城への全ての兵糧運搬ルートを封鎖し、7月に鳥取城の東の帝釈山 現在の本陣山 に本陣を据え、2万の大軍で鳥取城を包囲しました。 最後にもう一度ポイントをおさらいしておきましょう。 こういった遺書から吉川経家は戦国武将の中でも誇り高く、高潔な人格をもった武将だったことがうかがえます。

>

秀吉の鳥取城攻めでは餓死者が続出!戦国時代の残酷な「城攻め」あれこれ

(余談ですが、秀吉と官兵衛は備中高松城に水攻めもしています。 主郭に相当すると思います。 こういった逸話が今も経家が人々から慕われる理由でしょうね。 最後の藩主・の代、年間ににあったの松の御殿を移築したため、松の御殿と呼ばれることもあった。 特に稲の切り株は上々の食い物であったようであるが、後にはこれらも取りつくし、城内で買っていた牛馬を殺して食い、寒さも加わって、弱いものは餓死していった。 そのため鳥取城から陸軍の撤退が決定。 しかし、堅城でなかなか落ちないため、西軍の但馬・ 主である斎村政広を寝返らせて援軍として駆けつけさせました。

>

鳥取城の戦い|家紋で見る合戦シリーズvol.14

(40年)、当時の(のちの)の山陰行啓に際して宿舎として扇御殿跡にが建てられた。 明治以降に藪は伐採されてに植え替えられたが、鳥取市立川町付近の袋川土手に竹藪による防御設備が残っている。 途中の二つの尾根上には郭群があります。 五体の中でも特に頭部は味が良いと見えて一つの首を数人で奪い合い、取った者は首を抱えて逃げていった。 スポンサーリンク 鳥取城の歴史年表 1532〜55 久松山に因幡山名氏か、但馬山名氏のどちらかが鳥取城を築城 1562 武田高信が久松山を拠点に、山名氏へ反抗 1573 高信を倒した山名豊国が布施天神山城から鳥取城へ守護所を移転 1580 山名豊国は豊臣秀吉に降伏して鳥取城を明け渡すが、のちに毛利氏によって奪われる 1581 鳥取城の戦い 秀吉による兵糧攻めによって餓死者を出しながら落城 宮部継潤が鳥取城を改修 1600 関ヶ原の戦いの後、池田長吉が鳥取城主に 1617 池田光政が鳥取藩主になる 1619 この頃から鳥取城の大改修が始まる 1632 池田光仲が鳥取藩主になる 1692 落雷によって天守が焼失する 1720 城下からの火事で鳥取城へも燃えうつる 1721 火事の後、鳥取城の再建開始 1807 天球丸の石垣に崩落の危険性があったので、巻石垣で補強される 1825 幕府より屋根瓦に葵紋の使用が許される 1863 扇御殿、宝隆院庭園(現存)が築かれる 1870 廃城令で存城処分となり、陸軍の管轄に 1879 鳥取城の建物が取り壊される 1907 大正天皇が鳥取を訪れ、仁風閣が建てられる 1943 鳥取大地震によって石垣が崩落する被害を受ける 1957 鳥取城跡が国の史跡に指定される 2011 天球丸の巻石垣が復元される 2018 擬宝珠橋が復元される スポンサーリンク 鳥取城の歴史 まとめ 今回は「鳥取城の歴史」を紹介しました。

>