社会 変革 推進 財団。 ADDress、社会変革推進財団らから資金調達

社会変革推進財団(SIIF)、信金中央金庫との連携による休眠預金を活用する制度にかかる取組みについて

世界中を視野に、アプローチすべきセグメントは民間、公共、国際援助と多岐に渡ります。 インパクト志向の資源循環とは 社会課題解決や価値創造のための活動で、社会的インパクトを重視することを基本に、投資とは言えない資金 寄付や助成に近い資金 や人材、知見、その他の経済的価値では測れない社会資本、人的資本、感情資本等の価値の循環を指します。 「社会的インパクト投資フォーラム 2018」開催• 社会的インパクトの評価の導入支援により、ベンチャー企業の事業成長と企業価値の向上を支援するSIIFは、本レポートにおいても、各社のロジックモデルの作成、データ収集・分析の支援を担いました。 ・社会的インパクトの評価: 事業が目指す社会的インパクトとその実現に向けた戦略を可視化した上で、想定するインパクトを測る指標を設定、その達成状況をモニタリングし、評価結果をその後の意思決定や利害関係者への報告に活用する一連のPDCAプロセス。 ソーシャルバリュージャパンは設立当初から、社会的インパクト評価の政策的導入事例としてのSIB導入に対する取り組みを進めてまいりました。 このレポートがそのきっかけとなり、社会的インパクトを創出する企業へより多くの資本が集まっていくことを期待しています。 しかしながら、世界のインパクト投資市場が推計で54兆円規模に成長しているのに対し、日本は3,440億円(2018年度)にとどまるものと推測され、未だ発展途上にあると言わざるをえません。

>

キャピタルメディカ・ベンチャーズ、社会変革推進財団、 ヘルスケア分野に特化したベンチャーキャピタルによる 社会的インパクトの評価レポート発行

世界人口の約6割が居住する脆弱な組積造(石やレンガの積み上げ)構造の住居の外壁・内壁に安価で高機能な樹脂素材による補強を施すことにより、地震や台風などの自然災害がもたらす住宅倒壊による犠牲者を大幅に減らすことを目指す。 日本においても大手金融機関のみならずコミュニティ財団の新規参入が見られる等、徐々にではありますが、社会的な関心を集めるようになってきました。 このような状況の下、当財団は、日本のインパクト投資市場拡大のための先行モデルとなりうる以下のような取り組みを2019年度において実施することができました。 SIIF 専務理事 青柳 光昌 この度、SCMが輩出した第一期生のうち3社に資金支援を行うことになりました。 」 という点は思いのほかレベルが高く安心。 また、代表理事の伊藤健は慶應義塾大学での研究活動の中で、2015年に経済産業省が実施した成果連動型契約の研究会で委員会の主査を務め、また高齢者介護領域での成果連動型契約事業を公文教育研究会と複数の自治体で実施した経験を有します。 SIIFはJ-KISSによる出資などシード期の社会的企業の特性を踏まえた資金支援の他、これまで経験・知見を蓄積してきた社会的インパクトの最大化を図る伴走支援も行う予定です。

>

成果連動型契約(PFS)/ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)に関する研究会を開催|一般財団法人社会変革推進財団のプレスリリース

キャピタリストの立場からも、「日々の業務に忙殺されがちなベンチャー企業の経営陣にとって、そもそも何がしたかったのかを明確化する社会的インパクト評価の取り組みは非常に重要で、その点において特にこの取り組みを評価している。 東京都港区虎ノ門4丁目3番1号城山トラストタワー32階• これもひとえにご支援いただきました皆様のおかげと感謝しております。 」、「会社のミッションにどれだけ事業が貢献できているのか、評価を通じて得られたデータをどうプロダクトに落とし込んでいくかという意識が生まれた。 株式投資など証券市場を通すものではないので換金性が低く、 たとえば新興国の貧困解決の事業に直接投資となると元本割れの可能性も高い。 本レポートは、インパクトレポート(2018)に引き続き、投資先の提供価値を明らかにするとともに、「社会的インパクトの可視化がもたらすもの~新たに生まれるインパクト志向のお金の流れ~」をテーマに、CMV代表取締役青木武士氏、投資先企業2社(株式会社Rehab for JAPAN代表取締役社長大久保亮氏・株式会社笑美面代表取締役榎並将志氏)、SIIFインパクト・オフィサー小笠原由佳による社会的インパクトの評価導入に伴う現場レベルでの動きや社内外の変化などに関する対談も掲載しています。 GooglePlayベストアプリを3回受賞。

>

キャピタルメディカ・ベンチャーズ、社会変革推進財団、ヘルスケア分野に特化したベンチャーキャピタルによる社会的インパクトの評価レポート発行

GSG国内諮問委員会がG20開発作業部会とインパクト投資をテーマにした会合を実施• 東京都港区新橋3丁目3番13号• ・ ロジックモデル:事業と目指す社会的インパクトの関係を、インプット(投入資源)、事業活動、アウトプット(製品、サービス等)、アウトカム(成果)の項目に分解し論理的な関係として整理する際に使用するフレームワーク。 [1] 社会的インパクト評価とは、事業や活動の短期・長期の変化を含めた結果から生じた「社会的・環境的な変化、便益、学び、その他の効果」を定量的・定性的に把握し、事業や活動について価値判断を加えることである. 」と支持され、また、投資先企業からも、「社会的インパクトの評価に取組むことで、社員が仕事の意義を実感できるようになるものと期待している。 ・ロジックモデル: 事業と目指す社会的インパクトの関係を、インプット(投入資源)、事業活動、アウトプット(製品、サービス等)、アウトカム(成果)の項目に分解し論理的な関係として整理する際に使用するフレームワーク ・インパクト投資: 財務的リターンと並行して、ポジティブで測定可能な社会的及び環境的インパクトを同時に生み出すことを意図する投資 【社会変革推進財団(SIIF) について】 日本財団から助成を受けて事業を推進する当財団は、日本におけるインパクト投資のエコシステムを共に育て、社会課題を解決していくというミッションのもと設立されました。 」、「会社のミッションにどれだけ事業が貢献できているのか、評価を通じて得られたデータをどうプロダクトに落とし込んでいくかという意識が生まれた。 世界に先駆けて成熟社会に突入する日本を起点として持続可能な社会を支える資金の流れを多様なパートナーと共に作り出すことを目指します。 一方、海外では親会社の株式会社三井住友フィナンシャルグループが2020年7月、インパクト投資に特化した英国の資産運用会社であるAIM社との資本業務提携を実施しています。

>

一般財団法人 社会的投資推進財団(社会変革推進機構(現・社会変革推進財団 /

このレポートがそのきっかけとなり、社会的インパクトを創出する企業へより多くの資本が集まっていくことを期待しています。 日本においても、特に少子高齢化による社会的資源の逼迫から、限られた予算を活用して最大限の社会的成果の達成に対する要請があり、こうしたモデルの導入は、平成29年に神戸市において糖尿病性腎症の重症化予防、八王子市において大腸がん検診の受診率向上、平成30年には広島県において同じく大腸がん検診の受診率向上事業が実施される等、複数の自治体で実験的な取り組みが続いており、現在検討中の自治体を含めると全国で30以上の案件形成が進んでいます。 jp SIIFでは社会課題の解決と多様な価値創造が自律的・持続的に起こる社会を目指し、自助・公助・共助の枠組みを超えた社会的・経済的資源循環のエコシステムの実現を目指します。 【株式会社キャピタルメディカ・ベンチャーズについて】 病院の経営支援や高齢者施設を運営する株式会社キャピタルメディカのコーポレートベンチャーキャピタル。 現在40か国以上から500以上の財団、企業、非営利組織、大学等が加盟しており、シンガポールの本部のほかにインド・香港に現地法人とオフィスを構えています。

>

社会変革推進財団、社会起業家支援プログラム「日本財団ソーシャル・チェンジ・メーカーズ」第一期生、3社に総額7千万円超の資金支援決定(2020年6月24日)|BIGLOBEニュース

本レポートでは、投資先が解決に取り組む社会課題を明確に示し、社会的インパクトを含む事業の提供価値をロジックモデルというフレームワークを活用して整理・分析し、これにより、投資先が本業を通じてどのように社会課題の解決に貢献していくかの戦略を明らかにしています。 ゆえにリスクに見合ったリターンを求めるというのは当然のこと。 皆さまとの出逢いは、さらに、異彩を、放つことを目指す私たちにとって、大きな人生の分岐点です。 ソーシャル・インパクト・ボンド SIB については、国内最大の企業連携型SIBや世界初の禁煙支援SIBを、地方自治体や事業者の皆様と共に組成、出資しました。 社会変革推進財団(SIIF)について SIIFでは社会課題の解決と多様な価値創造が自律的・持続的に起こる社会を目指し、自助・公助・共助の枠組みを超えた社会的・経済的資源循環のエコシステムの実現を目指します。 本事業は、PFSやSIBにおいて、組成や資金提供に多くの実績を有する、株式会社日本政策投資銀行及び一般財団法人社会変革推進財団との共催にて実施します。

>