労働 安全 衛生 調査。 統計情報・調査結果|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

統計情報・調査結果|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

統計データの活用• 海外(WHO、欧州、米国)の推進施策を収集・整理し、わが国における労働者のメンタルヘルス不調の第一次予防を中(小)規模事業場も含めて浸透させるツールを提供し、今後の施策について提案することである。 爆発物・発火物等による危険• 8%)と最も多い 2 職場で他の人のたばこの煙を吸引すること(受動喫煙)がある労働者は 37. 一方、従業員数100~499人は41万8274円(同3. 精密工作などの作業方法による健康障害• ガスや粉じん、放射線や振動などによる健康障害• 土砂等が崩壊する恐れがある場所での作業等、危険作業における技術上の指導その他必要な措置。 定期的な各種健康診断の実施• 安全衛生管理体制とは• そのため、企業は労働者の労働災害に対し、責任を負うこととなります。 今回の研究では、職域のメンタルヘルスケアの弱点とグッドプラクティス事例の把握の両面を行い、有効な予防・早期介入支援策を明らかにすると共に、関係者の資質向上のための教育プログラムや教材を開発することを目的として、3年計画で研究を行った。 労働者のメンタルヘルス不調の第一次予防対策について科学的根拠に基づく EBM ガイドラインを作成し、? 図3 :1社が受注し、2社以上に下請けさせた場合の管理体制(出典:国際安全衛生センター) 3.労働災害に対する企業の責任 企業は事業活動を行なう目的に応じ従業員を雇用します。 雇入れ時の安全衛生教育(法第59条第1項)• 9月4日 安衛法名称公表化学物質(令和2年6月26日公示分)を掲載しました。 そのうち8割弱が就業規則等に規定 3. 要約 建設業の安全教育担当者が、安全委員会や社内教育の場で 労働安全教育を行うための実務的な教育素材集です。

>

労働安全衛生調査(実態調査)

危険防止に関して全ての事業者が講ずべき措置• 10月• 11月5日 【メンテナンスのお知らせ】 11月18日(水)19:00~24:00の間、メンテナンスのためHPへのアクセスができなくなりますので、あらかじめご了承ください。 工事現場で施工管理体制が適切に整備されているか?• 元方事業者の責務 安全衛生法の義務主体は基本的に当該労働者を使用する事業者とされていますが、事業が請負契約に基づきなされる場合においては、事業者の措置義務以外にも、労働災害の発生を防止するため特に元方事業者(=請負契約のうち最も先次の請負契約における注文者)に対し一定の義務規定が設けられています。 9%減)と減少している。 労働災害防止業務従事者能力向上教育(法第19条の2第1項)• 下請業者に対しての遵法指導及び法令違反に対する是正指示。 採石や荷役などの業務における作業方法による危険• 11月20日 労働災害発生速報を更新しました。 9月18日 労働災害発生速報を更新しました。

>

令和2年労働安全衛生調査(実態調査)にご協力ください|厚生労働省

一方、退職率が高いのは「がん」「メンタルヘルス」「脳血管疾患」 6. 快適な職場環境形成のための措置 【5】その他• 平成24年11月 ほぼ全事業場が「メンタルヘルスに関心あり」 3割の事業場で「不調者が増加」~大多数の事業場でやり方・進め方が分からず対応に苦慮~ 1. 10月• 10月21日 労働災害発生速報を更新しました。 (建設業)• 研究課題、研究者名、研究成果(報告書本文等)を含み、検索も可能な厚生労働科学研究成果データベースを公開しております。 4割強で「従業員のメンタルヘルスに関しての実態調査」を実施しているが、実施率は製造業に比べサービス業は低調 3. ) 成立の背景 労働安全衛生関連の規定については、昭和22年の新憲法制定に合わせて整備された一連の法令の中で、「労働基準法」第五章(第42条から第55条まで)に14条分が盛り込まれるなどの対応がなされました。 作業環境管理/作業管理• 労働災害の発生は、社会からの信頼を失い、労働災害のもたらす多大なコストが企業の基盤を揺るがすリスクとなります。 安全衛生関連法令の規定に違反することとなる指示の禁止(全業種) 労働者への安全衛生教育 労働安全衛生法では労働者の健康や安全を確保するため、安全衛生教育の実施を事業者に義務付けています。 安全通路など、必要な掲示がされているか?• メンタルヘルスによる休職・退職者がいる事業所の3分の1が対策に取り組んでいない 3. 危険有害業務に対する特別教育(法第59条第3項)• 7%減)となっている。

>

労働安全衛生調査(実態調査)

【調査結果のポイント】 [事業所調査] 1 リスクアセスメントを実施している事業所の割合は 45. 昭和47年、急速に進展する産業社会のなかで、労働者の安全と健康を確保する法制を充実・強化するために、労働基準法(昭和22年法律第49号)などを母体とする「労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)」が制定されました。 建物の既存不適格調査を計画している方• 平成24年3月 厚生労働省厚生労働科学研究費補助金労働安全衛生総合研究事業 本研究の目的は、? 機械や設備による危険• 10月2日 【メンテナンスのお知らせ】 10月21日(水)19:00~24:00の間、メンテナンスのためHPへのアクセスができなくなりますので、あらかじめご了承ください。 (以下文中の略称について、「安衛法」は「労働安全衛生法」を、「安衛令」は「労働安全衛生法施行令」を、「安衛則」は「労働安全衛生規則」を示しています。 事業規模別でみると、従業員数5~29人は27万4523円(前年比5. 労働基準法および労働者災害補償保険法(昭和22年法律第50号)は、業務の遂行に内在する危険が現実となって事故が起きた場合に、労働者の治療と生活の補償を、使用者に義務づけています。 これもやはり過去の労働災害に学び、再発を防止する観点から制度化されているものです。 対策の浸透ツールとして、職業性ストレス簡易調査票および仕事のストレス判定図を拡張した新しい職業性ストレス調査票を開発・標準化し、? また、従業員・お客様が利用する建物に関して、増築や改修工事を経て建築基準法や消防法における遵法性の確認が充分になされず、安全で安心な建物から逸脱した、ルールに適合しない建物となってしまったケースもあります。 その後これを基に例えば昭和35年10月施行の「(旧)有機溶剤中毒予防規則」など適宜関連規則等が整備されましたが、高度経済成長期を迎えたわが国では多くの大規模工事や生産技術の革新による労働環境の変化も相まって、毎年6,000人を超える労働災害死亡者が発生するという最悪の状況を迎えます。

>

平成 29 年「労働安全衛生調査(実態調査)」の結果(厚生労働省)|鹿児島で産業保健活動に携わっている皆様の支援を行っています 鹿児島産業保健総合支援センター

非正社員の休職者がいる企業は1割程度 5. 各種調査研究結果 メンタルヘルス対策 調査研究結果の名称 発 表 日 団 体 名 概 要 平成25年6月 1. これは、個々の事業者の責任に於いて危険性・有害性に対して措置基準を設け、「災害の未然防止」を自主的に図る手法として取り入れられ、「先取りの安全」「災害ゼロからリスクゼロへ」といったスローガンで推進され、従来からある労働災害の発生状況に応じて抑止策を制度化していく手法と合わせ、一定の効果を上げています。 11月• 11月• 「経済、経営」、「人口、雇用、失業」等経済に関わる統計指標から、「賃金水準」、「労働時間」等労働に関わる統計指標まで、最新の発表を基に更新されています。 調査の方法 厚生労働省から調査対象となった事業所に調査票や返信用封筒を郵送しますので、調査対象事業所において回答をご記入いただき、厚生労働省あてに返送をお願いします。 8%増)が続いた。 8%) 4 平成 29 年7月1日が含まれる1か月間に 100 時間超の時間外・休日労働をし、医師による面接指導の申し出があった労働者がいる事業所のうち、面接指導を実施した事業所の割合は 68. 新任職長等に対する安全衛生教育(法第60条)• 3 建物の遵法性調査• 労働安全衛生調査は、周期的にテーマを変えて調査を行っており、平成 29 年は、第 12 次労働災害防止計画の重点施策を中心に、事業所が行っている労働災害防止活動及び安全衛生教育の実施状況等の実態並びにそこで働く労働者の仕事や職業生活における不安やストレス、受動喫煙等の実態について調査を行っています。 そのうち、メンタルヘルスでは6割弱の企業が「事案に応じて主治医と連携」と回答 2. 平成23年10月 日本の労働者の属性別構成比を模した集団を対象とした「ストレスに関連する症状・不調の9項目」を含む質問票調査を実施し、提案された高ストレス者の現在の割合と、その特性を基本属性、仕事関連要因や健康関連指標において比較・検討することで、その妥当性等について検討したものです。 労働安全衛生法上の刑事責任と、民事上の損害賠償責任は、必ずしも一致しません。

>

平成 29 年「労働安全衛生調査(実態調査)」の結果を発表 |新着情報|独立行政法人 労働者健康安全機構 愛媛産業保健総合支援センター

(建設業・造船業)• また、建物の遵法性においては、以下内容のサービスを提供しています。 昭和44年、当時の労働省の方々が中心となり、専門家を交えて労働安全衛生法令の整備に取り組み、昭和46年の通常国会に提出され翌47年可決成立した法案が、現在に至る「労働安全衛生法」です。 1 事業場の安全衛生管理体制と、 2 工事現場の安全衛生管理体制です。 【安全配慮義務違反】 安全配慮は、使用者の義務です。 10月• PowerPointデータは付属のCD-ROMに収録されており、 この教育素材をそのまま使用して教育できるだけでなく、 教育の場に合わせてカスタマイズして教育を行うこともできます。 11月• 組織とスタッフ 職場の安全と衛生を確保するための役割を担うスタッフを配置することが、作業内容や現場の規模によってそれぞれ定められています。

>

労働安全衛生調査(実態調査)

「休職をせずに退職」、正社員に比べ非正社員のほうが高い 平成23年6月 1. その他• 2 民事上の責任 労働災害が発生した場合、事業者は、被災した労働者または遺族から、不法行為責任や「安全配慮義務違反」で損害賠償を請求されることがあります。 10月• メンタルヘルスへの事業場の関心は高く、担当部署の組織化が進展 2. 有害物質を扱う作業現場など、健康を害するおそれのある作業環境の管理として「作業環境測定」及び必要な改善措置の実施• 近年セキュリティの脆弱性が報告されていることから、2020年9月16日(水)の定期メンテナンス以降、「TLS1. 【労働安全衛生法の内容】 【1】労働安全衛生法の基本• 10月• 12月• 協議組織の設置運営等、混在作業によって生ずる労働災害の防止措置。 本誌「労働安全衛生研究」は、2009年4月よりJ-STAGE(独立行政法人・科学技術振興機構が運営する科学技術情報発信・流通総合システム)上で公開されています。 特定業種における元請と下請の労働者が混在する事業場について(統括安全衛生管理) 【3】危険防止と安全衛生教育• 6%) 3 受動喫煙防止対策に取り組んでいる事業所の割合は 85. リンク集• 6割の企業が異常所見のある社員をフォローアップ。 企業は、その目的達成のために組織を構築し、管理運営を行なう存在です。 統計データの高度利用• 機械などに関する規制• 11月30日 安全衛生優良企業公表制度の新着認定企業を更新しました。

>

労働安全衛生に係る監査および既存建物の遵法性調査

1」による接続を終了させていただきます。 就業制限業務と免許及び技能講習• 2」を採用しております。 パソコンのブラウザとのインターネット通信の際に暗号化を行っており、暗号化方式として、「TLS1. 1 労働安全衛生監査(事務所)• 11月• 4.建築基準法と消防法 建物利用者の安全確保に関わる法律としては、おもに建築基準法と消防法に定められています。 賠償請求に対して労災保険が給付された場合も、精神的苦痛に対する慰謝料など労災保険給付を超える損害については、民事上の損害賠償責任が生じます。 監督など• その責任とは次のような内容となります。

>