律 背反 四 字 熟語。 四字熟語「二律背反(にりつはいはん)」の意味と使い方:例文付き

四字熟語「二律背反(にりつはいはん)」の意味と使い方:例文付き

「背反」は対立するという意味です。 命題間の関係をいいます。 「二律」は2つの法則や原理。 女性の「二律背反行為」とは 昨今は女性も男性に近い行動を取る人が増えていますが、恋愛においてはまだ、女性の方が消極的であると言えるでしょう。 例文1:何処の企業でも一番頭を悩まされるのは、より良い商品をより安く売ると言う「二律背反」の課題の壁を、どう乗り越えるかにあります。 第4の二律背反:神の存在((定立命題)と、神の不在(反定立命題)という矛盾。

>

四字熟語一覧

「面向不背」の意味 男女の恋愛には、しばしば「二律背反」的な展開が繰り広げられますが、それは恋愛が「こころ(感情)」によって展開する行為だからです。 二律背反の文章・例文 例文1. 「面従腹背」の使い方 「面従腹背」の例文を以下に紹介します。 【スポンサーリンク】 「く」で始まる四字熟語• しかし、それぞれの命題にはどちらにも妥当性 有効な根拠・基礎づけ があるため、どちらかの命題だけが正しいとは言えないのです。 神・キリスト・聖霊の三者は、もとは一つであるとすることから、「三つのものが、本質的にはまったく同じである」という意味をもちます。 そう言えば、最近流行りのサンデル教授の本は二律背反のネタだらけですよね。

>

「律する」の意味は?類語・四字熟語や英語訳も[例文あり]

たとえば、「お腹が空いたから、揚げ物が食べたい」という気持ちと、「太りたくないから、揚げ物は食べたくない」という気持ちは、二律背反であるといえます。 気持はよくわかります。 「ちぐはぐ」の使い方 「ちぐはぐ」の使い方・例文は以下に要になります。 「Aが正しければBは偽り」といった両立することのできない矛盾する二つの命題について AとBのどちらにも同じだけの合理性や整合性があること。 テストの直前にノートをぱらぱらと開いて見た知識が、直後のテストで出るという経験がある人もいると思います。 恋愛ってそもそも「二律背反なものである」と言う人もいますが、本命を射止めるには、間違っても「二律背反」な態度は避けるべきでしょう。

>

「律」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ

また、同様の意味では「セルフコントロール」というカタカナ語もしばしば目にします。 例文1:彼の本当の気持が読めません。 二つの「律」が背反(道理に背く)することから、「二律背反」という言葉が生まれました。 「辻褄が合わない」は、嘘がばれた時に相手から「嘘をいっているのではないか」、「言っていることが真実と全然違う」と追及される場合などに使われ、「二律背反」的ニュアンスを含んだフレーズと言えます。 それらの意味合いから、 「二律背反」の表現は「辻褄が合わない・矛盾している」という表現に言い換えることも可能になります。 消極的であるがゆえに「二律背反」的な行動に出やすいとも言えます。 例文2:「努力する」という能力のない人間は、勉強しないで良い成績を取りたいと言う「二律背反」に悩まされます。

>

「律」の読み方・部首・画数・熟語・四字熟語・ことわざ

第2の二律背反:世界は単純な実体(定立命題)から構成されているが、実はどこまでも分割可能である(反定立命題)という矛盾。 それなりに、両者互角に、理屈が通っているということを、難しく『同等の妥当性をもつ』と言っているわけです。 「二律背反」の意味は、「表と裏が同時に存在する」ことで、つまり「両立することが絶対にない二つのものの関係」を表す時に使われるフレーズということになります。 特に「恋愛感情」を抱く相手に対しては、好きなのに「避けてしまう」という全く「二律背反」的な行動に走ることは珍しくありません。 まとめ 「律する」とは、「一定の基準に従い統制・管理する」という意味の言葉で、「自分(己)を律する」などの形で使われます。 同時に成立することはあり得ないものの、それぞれ一つづつの考え方は、どちらも理屈がそれなりに通っていて、甲乙付け難いような二つの考え方ということです。 二律背反という四字熟語に似たことばがあります。

>

四字熟語「表裏一体(ひょうりいったい)」の意味と使い方:例文付き

それは、四字熟語を使うことにより、 表現がバシッと的確に決まるからです。 このふたつの選択肢は、それぞれに十分の妥当性や根拠があります。 「形容矛盾」の使い方 「形容矛盾」は次のように使います。 こういう場合、早い段階でどちらかに決めないと、両方に逃げられることになります。 自分以外の行動に関して使われることは限定的で、「自らの目標達成のために自分に厳しくする」というニュアンスでの使用が多い表現です。

>

「二律背反」の意味と使い方・具体例・類語・対義語・読み方

彼は策士として噂の高い人物ですから、ついうがった(素直でない)見かたをしてしまいます。 1つはこれまで自分なりに勉強した事を信じ、今夜は充分睡眠を取って頭を休め、明日の試験に備えると言うもの。 なんたって彼は「面従腹背」な性格だと言う評判ですから。 逆に、揚げ物を食べなかったら、「お腹が空いた」という気持ちは嘘ということになってしまいます。 「二律背反」の使い方. 女性の「二律背反」行為の実例 恋愛における女性の「二律背反」的行為の実例は、以下のような場面に見ることができます。 仏教用語 こうした「自分を律する」の意味に近い四字熟語は、「自分に厳しくし、高みを目指す」という向上心・やる気を表明できることから、座右の銘としてもよく選ばれています。

>

四字熟語一覧

「二律背反」をどう使うか 「二律背反」を使うには、 「二つの命題 論理的に意味のある文章 があって、矛盾・対立している場合」に使うという方法になります。 例文2:「つっこみ」があって「ぼけ」がある漫才コンビも「表裏一体」と言えます。 「二律背反」は「絶対に両立しない2つの命題が、同等の妥当性(重要性)を持って存在すること」を言いますが、具体的に分りやすく説明するとどうなるのかを解説します。 第3の二律背反:人間の自由に基づいた因果関係の存在(定立命題)と、自然法則に基づいた因果関係だけの存在(反定立命題)という矛盾。 また、「自分に厳しくする」というニュアンスでも用いられ、やる気や向上心を見せる際にも好まれる表現です。 人にとって一番難しいのが自分の気持のコントロールです。

>