鹿児島 県 アメダス。 AMeDAS探しの旅

鹿児島県:??のアメダス:天気予報コム

島の官庁街、といった感じのところで、周囲には2階建て以上の建物が建ち並んでいます。 旧・曽於郡大隅町(そおぐん おおすみちょう)に当たる地区です。 他の十島村の雨量観測所と同じく、2014年に新設されました。 蓄電池装置も備えられています。 可愛らしい柵に囲まれてます。 東市来(ひがしいちき) [薩摩地方 鹿児島・日置] 日置市東市来町湯田 (ひおきし ひがしいちきちょう ゆだ) 観測要素:降水量,風向・風速,気温,日照時間 薩摩半島の西側の市で、旧・日置郡東市来町に当たる地区ですが、元の町役場のある地区からは外れた、湯之元という温泉場に近い地区になります。 写真は、緯度経度の情報から目印にした消防署です。

>

鹿児島県:??のアメダス:天気予報コム

古仁屋(こにや) [奄美地方 北部] 大島郡瀬戸内町大字古仁屋字船津 (おおしまぐん せとうちちょう おおあざ こにや あざ ふなつ) 観測要素:降水量,気温,風向・風速,日照時間 奄美大島の南端にあたる瀬戸内町の観測所です。 同じ島には名瀬測候所がありますが、設備の管理は鹿児島地方気象台で、その看板しか取り付けられていませんでした。 鹿児島県の天気予報では、大隅地方の代表点として鹿屋の気温予報が発表されています。 第三十七条 何人も、正当な理由がないのに、気象庁若しくは第六条第一項若しくは第二項の規定により技術上の基準に従つてしなければならない気象の観測を行う者が屋外に設置する気象測器又は気象、地象(地震にあつては、地震動に限る。 ただし、アメダス上ではデータは一つに纏めて発表されます(測器も共用?)。

>

川内のアメダス

周りは農業・畜産関係の施設が並んでいて、微妙な匂いが漂っています。 市街地の小高い丘の上に観測所があります(海抜30m)。 アメダスの観測機器は、気象に関する情報を実地に収集する大切な装置です。 ただし、丘の頂上ではないため、敷地南側の道路から見ると、設備を見下ろすようになります。 霧島牧園(きりしままきぞの) 霧島市牧園町高千穂 (きりしまし まきぞのちょう たかちほ) 観測要素:降水量 薩摩湾の北側に位置する市です。 枕崎(まくらざき) [薩摩地方 指宿・川辺] 枕崎市高見町 (まくらざきし たかみちょう) 薩摩半島の南側の市です。 (屋久島と沖永良部は、特別地域気象観測所が空港に併設されているため、アメダスデータは それぞれ一つに纏められています) 2箇所で雨量計が未発見です。

>

川内のアメダス

滑走路脇に各種の測器があり、建物の屋上に回転式日照計が確認できました。 大口(おおくち) [薩摩地方 出水・伊佐] 伊佐市大口原田 (いさし おおくち はらだ) 観測要素:降水量,風向・風速,気温,日照時間 県北部の内陸の市で、熊本県・宮崎県と境を接しています。 周辺は少々建物が立て込んでいます。 建物にも、「航空気象観測所」と「特別地域気象観測所」の表札が両方とも付いています。 一応、この写真で機器が一通り写っているのですが、もう一つの測風塔は枠に収められませんでした。 港に面した地区で、振り返ると埠頭に積まれたコンテナが見える場所です。 市の中心市街地に当たる地区に観測所が設置されています。

>

2020年12月03日 鹿児島(カゴシマ) 毎正時の観測データ

周辺には、気象庁の火山観測設備も設置されています。 もし、記載内容や写真から推測できたとしても、場所を提供している関係者の方に直接お問い合わせすることはおやめください。 草地の片隅に太陽光発電のパネルが置いてあります。 何故か、上の写真の露場には雨量計が無く、敷地の反対側に隔離されています。 2014年に観測網強化のため新設されました。 住宅街との間に境界となる人工林があり、視界が遮られています。 海岸沿いから丘の上へ登って行ったところで、辛うじて海を望むことが出来ます(海抜40m)。

>

鹿児島県のアメダス実況(気温)

加世田(かせだ) [薩摩地方 指宿・川辺] 南さつま市加世田東本町 (みなみさつまし かせだ ひがしほんちょう) 観測要素:降水量,風向・風速,気温,日照時間 薩摩半島の南西部に位置する市です。 リンク• 田代(たしろ) [大隅地方 肝属] 肝属郡錦江町田代麓 (きもつきぐん きんこうちょう たしろ ふもと) 観測要素:降水量,風向・風速,気温,日照時間 大隅半島の南部の町です。 。 傍には百葉箱など、アメダスの物とは違うと思われる設備がいくつか設置してあります。 周辺は牧場などがある広々とした所です。 島の東側の集落の外れに雨量計が設置してあります。 上中(かみなか) [種子島・屋久島地方 種子島地方] 熊毛郡南種子町中之下 (くまげぐん みなみたねちょう なかのしも) 観測要素:降水量,風向・風速,気温,日照時間 種子島の南側を受け持つ観測所です。

>

AMeDAS探しの旅

国道のすぐ脇に設置してあります。 こちらも2014年に観測網強化のため新設された観測所になります。 海岸沿いに広がる市の中心部よりも一段高い地区に立っています。 鹿児島県 鹿屋のアメダス 12月3日14:00現在• 雨量計の助炭の板だけ外されていて、支えの金具が残っていました。 《特別地域気象観測所》 阿久根(あくね) [薩摩地方 出水・伊佐] 阿久根市赤瀬川 (あくねし あかせがわ) 県北西部の海に面した市です。 雨量計は温水式が採用されています。

>