レンチ 英語。 めがねレンチ

めがねレンチ

名前の由来 辞書で調べるとwrench(レンチ)もspanner(スパナ)も、いずれもボルトやナットを回して締め付けを行う工具ということになります。 (但し印刷不可) *現在はIEインターネット エクスプローラーのみ閲覧可。 15度のアングル角度を付けた現在のコンビネーションレンチを最初に開発したのは、のプロムツールPLOMB Tools(現在のプロトPROTO)である。 創業者のジョセフ・ジョンソン(Joseph Johnson)がに開発した。 。

>

レンチの種類と使い方

一般的なL型タイプを使う際、素早く回したいときは長い他の先端を差し込み、スピーディに回し、逆に力をかけ締めこみたい、または固く締まったネジを緩めたいという場合は、短い方の先端を差し込み、長い方を手で握り、テコの原理で大きな力を伝え回します。 スパナ・レンチの種類 スパナ・レンチにはさまざまな種類があり、各々で特徴も異なります。 便利ではあるが、ギア機構を用いているために、どうしても口部が完全に固定されずガタつきが発生し、そのためボルトを傷めやすいので簡易的な利用に限られる。 では、先端が開放された固定幅のもののみを「スパナ」と専ら称し、開放型であるが可変型のをはじめも六角レンチと呼ばれることが多いなど「レンチ」のほうを総称的に使う、という傾向がある。 以上のことから、「スパナ」とは、両端にナットやボトルを回すための嵌合部分がついた工具の一部を意味すると認識するのがよいでしょう。 このレンチは絶えず挿入物を変えなければならないので、初期のラチェットレンチの欠点であった。 関連項目 [ ]• これはボックスレンチに限らず、ソケットレンチ等の内角丸めの12ポイント、6ポイント直線丸めに製品にも同様の性質がある。

>

ラチェットレンチ

作業者は各サイズのために挿入部品を持っていなければならなかった。 この角度は、最初にゆるめるか締め終わるとき2回目の回転のために留め金具の平面へレンチを取りつけることができないので、六角めがねレンチで留め金具を60度回すことができるかどうかにかかっている。 適切なサイズのスパナを選択 ここではスパナとレンチの違いや種類、選び方などについて解説しました。 主な物をあげると両口・片口・片ロングソケット両口・両ロングソケット・薄型ラチェットレンチ・ショートラチェットレンチ・アルミ本体ラチェットレンチ等がある。 または、鍛冶屋からレンチを借りるか、鍛冶屋に必要とするどんな締め具でも製造させた。 脚注 [ ]• レンチが留め金具に斜めの状態に保たれた場合、ナットまたはボルトの角部は損害を受けるので、めがねレンチを使うとき技術者はレンチの先端が完全に留め金具の側面をおおい、斜めの状態でないことを確認する必要がある。 商標登録第4878764号KOBA• 他社は、この「ギアレンチ」名称を使用する事が出来ないので国内メーカKTC・TONEでは「 ラチェットめがねレンチ」等の商品名で表示されている。

>

スパナとレンチの違い|使い方/規格・目的別の選び方・用語

(図、イラスト含む、ダウンロードは有料) *ネット接続環境により表示が1分以上、かかる場合があります。 レンチが外れるとナットを損傷したり事故になるので、フックレンチを使うときは回転力がレンチからナットへ伝わる間、突起のフックまたはピンが安定してナットと接触していることを常に確認する必要がある。 ボルトの側面6点に力が加わるため、2点にしか力が加わらないスパナに比較して大きなをかけることができ、ボルトをなめにくい。 その小さな寸法差によるできる隙間(ガタ)により、荷重を加えたときレンチと留め金具は傾いて角部での点接触となり、角部の損傷やレンチのを早めてしまう。 6面を持つめがねレンチから、1面だけを取り去って5面でボルト・ナットを保持するC形の先端を持つレンチ。 敢えて違いを挙げるとすれば、その語源がイギリス英語であるか、アメリカ英語であるかという点くらいとなります。

>

めがねレンチ

ただし、と組み合わされることを考えると、広義のラチェットレンチと言うことができる。 ボルトを痛めやすいため、整備においては後述する「」のほうが適している場合が多い。 二面幅寸法はミリメートル式の他にインチ式のものも販売されていますが、日本ではインチ表示をしていないため、呼び記号として表現しています。 この機械による生産の結果、締め具の寸法がされることになった。 十二角めがねレンチは、六角タイプより半分の小さな振れスペースで良いので、一般的に狭い振れ場所で留め金具を取り外すかつけるために用いられる。 ロングタイプのため、大きなトルクもかけやすく、柄部がオフセットしているため、平らな場所にあるボルト・ナットに使用する場合でも、手の入るスペースが確保可能。

>

ラチェットレンチ

その他に、特殊なスパナとして「タペットスパナ」「イグニッションスパナ」、で柄の部分を打つ「打撃スパナ」、ラチェット送りのできる「クイックスパナ」などがある。 が含まれているおそれがあります。 ショッピング、楽天の現在の売れ筋のメガネレンチセット 人気ランキングです。 スパナ スパナは、持ち手の両端に口が付いている両口スパナが一般的です。 それにともなって両国をはじめアジア地域各国でも使用されるようになった。 MCC (株)• 一方向にが可能だが、両方向に回転する切り替え爪を持つタイプもある。 特に日本ではナットやボトルを回すために使用する工具に、「メガネレンチ」、「モンキーレンチ」、「両口スパナ」などの名称をつけているため、さらなる混乱を生んでいます。

>

ラチェットレンチ

TOP (株)• 下の写真のようなものをスパナ(両口スパナ)と呼ぶ以外は、ほとんどレンチと呼ぶ傾向があります。 きつく締まっているボルトを無理に回そうとすれば、滑って削れてしまうことは避けられないでしょう。 ラチェットレンチ レンチをボルトにはめて回す際には、一定の角度まで回すごとに、一度レンチを外し、角度を変えて再びはめなおすという動作を繰り返さなければなりません。 トルクレンチ ナットの中には、レンチによって締め付ける力が強すぎると傷がついてしまうものもあります。 ボルトはサイズによって適正な締め付けがあるので、レンチもサイズによって適正な長さになるよう調整されている。 この規格のねじはメートルねじと呼ばれていますが、他にウィットねじというものがあります。

>

スパナとレンチの違い|使い方/規格・目的別の選び方・用語

スパナがボルトやナットの6面を2点で支えるのに対して、 メガネレンチは6点で支えるので信頼性が高い。 p83、2002年13版、株式会社、 関連項目 [ ]• 製品によっては、6ポイントでも、六角の直線部をあえて内側に曲がる曲線を作り、応力の集中部を角に当たらないようにした製品もある。 スパナと同様に、めがねレンチの接触部が擦り切れたなら、レンチは交換しなければならない。 このピンは、ナットの外周部分の穴に嵌まる。 2020年4月30日閲覧。 また、「片口」と「両口」がある。 金属製のグリップの両端に、リング状の口部(ボルトをはめる部分)があるレンチがめがねレンチです。

>